M!LKのメンバーが写真で振り返る、いちばん輝いていた瞬間とは?【Part.3】

2018年大きな変化を遂げたM!LKに迫った全3回のインタビュー。ラストは、駆け抜けてきた2018年を象徴する一枚をメンバーそれぞれに選んでもらうことに。緊張したあのライブの裏話や、行きつけのお店の話まで!? M!LKの2018年を知ることができます。

2019.02.15

【インタビュー Part.3】
M!LK

M!LK 柔太朗・舜太・琉弥が明かす、“先輩の姿”に
言われた本人は気が気じゃない!?
【インタビュー Part.2】

琉弥:7人なって初めてのワンマンライブ

琉弥 僕はこれです。初めて7人でワンマンライブをやった日で、いろいろ反省はもちろんあったんですけど、終わった後、心の底から喜べたというか。7人全員がやったぞ! みたいな、良い汗をかきながら達成感があって。

みんな笑顔でスタッフさんともハイタッチしながら終わってたので、2018年いちばん輝いていたんじゃないかなって思います。あと、このみ!るきーず(※M!LKのファン)の顔は見えないんですけど、全員笑顔なんですよね、きっと。いや、絶対笑顔なんですよ!

だから、ここに来てくれたみ!るきーずの皆さんも込みで、輝いてるなと思いました。

 

塩﨑太智:あのタイミングで見れた、虹

塩﨑 これは5人のM!LKとして最後のライブ直前、東京へ行くために空港目指してた道中で見た虹です。すごいタイミングが良かったなっていう話なんですけど、染みましたね。なんかこう……エモかった(笑)。

琉弥 それは染みるね。なんかそのタイミングで虹が見れたって意味ありそう。

 

山中柔太朗:「Over The Storm」リリースイベント

山中 僕は初リリイベの様子を。常滑(とこなめ)という会場での「Over The Storm」のリリースイベント一発目。残念ながら瑞生くんが参加できなかったんですけど。新体制を発表した『EBiDAN THE LIVE』からフェスとかイベントとか呼んでもらってパフォーマンスすることもあったんですけど、この時がいちばん緊張しました。2018年、いちばん緊張したライブです。

琉弥 緊張してたね~。

山中 特典会もあったし、そこでどんなこと言われるんだろって。新メンバーとしては、み!るきーずにどう思われてるのか、ここで認めてもらわなくちゃじゃないですけど、そういうのを考えると……緊張するしかないですよね。

やってる最中も緊張していて、いつもは絶対できるところを間違えたりしたんで、相当緊張してたんだろうなって。今、考えると。

 

曽野舜太:『TALKin’』で語った“10回飛び跳ねた”きっかけのメール

曽野 M!LKに入るためのオーディションがあったんですけど、その時に送られてきたメールです。

「曽野舜太、山中柔太朗、琉弥。合格者3名」っていうメールが届いて。あの時がいちばん輝いてましたね。というか、一気に変わった瞬間ですよね。ギアがこうガガガガって入った感じ!

 

佐野勇斗:このおかげでワンマンライブが無事成功(!?)

佐野 11月25日のワンマンライブ(M!LK東阪ツアー『M!LK THE LIVE 2018』の大阪公演)前に見た、このスーパー富士山!

一同 すごい!!

佐野 これ見た時に「ワンマンライブ成功するな」って確信しました。でも……ライブが終わった後に見たんだったっけな? 記憶があいまいで(笑)。

吉田 ちょっと! それだと意味変わってきちゃうよ。

佐野 見たから成功できました! 富士山は縁起が良いんで。

一同 (笑)。

 

吉田仁人:M!LK全員が初めて立つ、ラゾーナ川崎

吉田 ラゾーナ川崎マジで不安だったんですよ。新メンバーだけでなく、僕たち(既存メンバー)も初めてのステージでした。

めちゃくちゃ大きい会場で、見晴らしが良くて。通りかかった一般の方や関係者もたくさんいて……かなり不安で。めずらしく楽屋もピリピリだったよね?

琉弥 ライブ始まる直前に、事務所の人たちの期待という名のプレッシャーもあったんで。

一同 (笑)。

吉田 M!LKがどういうふうに思われているのかもすべてわかってしまう気がして不安だったんですけど、出た瞬間からめちゃくちゃ盛り上がってくれて。

それでいつもの自分に戻れたというか。必死に頑張んなきゃと思って、本気のパフォーマンスをやろうって、全身全霊で。なので、最後撮った写真は自分としても達成感があってめちゃめちゃ良かったなっていうのを覚えてます。

山中 しかも、その日に「Over The Storm」オリコンデイリー2位を教えてもらったんだよね。

吉田 柔くんはそこで泣いて、ね。

山中 恥ずかしい(笑)。

 

板垣瑞生:馴染みの憩いの場で感じた、人生とは

板垣 行きつけの場所で飲む、コーヒーの氷です。氷ってすごい寄りでとるとめちゃくちゃきれいなんだなーって。氷を撮ろうっていう発想にならないじゃないですか、あんまり。

山中 自分で言っちゃった。

板垣 で、撮ったんですよ。そうしたら、すごい新しい世界広がって。

山中 何かに置き換えられたんですか、人生とか。

板垣 思ったよね。こいつは汗水たらして必死に命削りながらこいつを冷やしてくれているのに、俺は一体何やってるんだろうって。

一同 (笑)。

板垣 俺が汗水たらしてもそこに意志がなきゃ何も成長しない。この氷みたいに、命削るならちゃんとその結果が伴うようにしなきゃいけないなっていう……自分の人生観を改めて考えることになりました。ちょっと1時間くらい放心状態でしたよ。

佐野 さすがだなぁ~。

塩﨑 そういう感性がすごいわ。

吉田 うん、すごいと思う。

板垣 ありがとう!

一同 (笑)。

INTERVIEW & TEXT BY ジャガー


ライブ情報

M!LK SPRING TOUR 2019
03/02(土)大阪・NHK大阪ホール
03/03(日)愛知・日本特殊陶業市民会館ビレッジホール ※二部制
03/23(土)宮城・仙台銀行ホール イズミティ21 大ホール
04/02(火)福岡・福岡国際会議場メインホール
05/11(土)東京・昭和女子大学人見記念講堂
05/12(日)東京・昭和女子大学人見記念講堂

詳細はこちら


プロフィール

ミルク/板垣瑞生、佐野勇斗、塩﨑太智、吉田仁人、曽野舜太、山中柔太朗、琉弥。スターダストプロモーションに所属する業界大注目の7人組ボーカルダンスユニット。

M!LK OFFICIAL WEBSITE


リリース情報

2019.02.06 ON SALE
ALBUM『Time Capsule』
SDR

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人

  • ジャガー

    ジャガー

    「M-ON! MUSIC」の編集/ライター/小言を言う係。音楽フリーペーパー「music UP's(現okmusic UP's)」の編集を経て、音楽雑誌「ワッツイン」へ。前身サイト「DAILY MUSIC」 への参加をきっかけにWEBの人になりました。