SKY-HI vs スーパーフライヤーズに芦沢ムネト大興奮!なツアー初日【イラストレポート】

フテネコの生みの親・芦沢ムネトによる、不定期イラストレポート。今回はSKY-HIの2019年ツアー初日へ。年齢、性別、問わずに観る者を惹きつける、絶対的なエンターテイナー・SKY-HIに迫る!

【イラストレポート】
SKY-HI

SKY-HI TOUR 2019 -The JAPRISON-
2019.02.03@昭和女子大学人見記念講堂


SKY-HIは言葉で音楽を操る指揮者であり、魔法使い

今回、ツアー初日なので、あんまり演出面については言わないように気をつけてレポートを(笑)。

SKY-HIさんって指揮者みたいに言葉で音楽を操ってる感じがあるんですよね。で、今日は黒いマントを頭からかぶってたんですけど、ぱっと見魔法使いみたいだなぁーって思ってたら、SKY-HIの言葉で音が鳴る、みたいな。

本当に魔法を使ってるみたいに思えてきて。出だしから「すげえな」って心を掴まれたんじゃないでしょうか。

 

映画『セッション』の興奮を体感できるライブ

途中、“スーパーフライヤーズ”(SKY-HIのバンドメンバー)とSKY-HIがセッションというより“戦って”ました。

「負けねえぞ!」「いやいや、こっちも負けねぇから」みたいな。チームメイトだけど戦う。本当に映画『セッション』みたいで興奮しました。

芦沢ムネト、すごすぎて引くレベル

ラップすごいっていうのはもちろんあるんですけど、「いや、歌もうまいな」っていう。

「えっ? しかも踊れるの?」ってなって最終的に「この人なんでもできるな……」ってなる。ステージの上に立つSKY-HIはハンパないですね。これで制作もできるって……すごすぎて引くレベル(笑)。

楽しくハッピーに横揺れすることもあれば、聴き逃してたまるか! って姿勢で聴き込む瞬間もあって。

曲によって会場のリアクションがこんなにも違うのも面白かったですね。観客各々自由にライブを楽しめたので、そこが良かったです。

スーパーフライヤーズが本当にすごい! 音が上質だからこそ、SKY-HIをこんなにも引き立てているんだろうなと。

絵具みたいな……SKY-HIの描きたいものを全部鮮やかに色付けしてくれるメンバーだなと。この人たちがいれば大丈夫だっていうホームのような温もりもあり、すごいチームだなと改めて感じました。生音で、

みんなすごい感動したんじゃないかなと思います。

 

ステージ上からずっとパワーを送り続ける、エネルギッシュなSKY-HI

ほぼMCなしのノンストップ37曲。結構な曲数やってたんですけど、ずっと元気なんですよ、SKY-HIという男は(笑)。

ずっとフルパワーで積んでるエンジンが違うなって感じで。で、楽しんでるところからちょっと冷静になると、これ相当な……テクニックだったり、むちゃくちゃ上質なんですよ。

なので、ライブ中もそうだけど、ライブ終わってからしみじみ「すごいもん観ちゃったわ~」ってなれるライブなんじゃないかって思います。これぞ、エンターテインメント!

 

何気ない会話から見える、その人柄

しゃべると性格が出るというか。「やめろって」と謙遜しつつ、お客さんからの拍手をもらいたい感じとか。“もっと俺のこと上げてくれよ”って素直に出しちゃうんですよね。そこもかわいらしくて人間味があって良かったですね。

最終的にみんなひとつになって、アットホームなお祭りの余韻になるんですよ。あれだけ自由に楽しんでいた人たちがSKY-HIを中心にちゃんとひとつになる。

年配の方も結構いらしているようで、そういう方々って自分のペースで楽しむじゃないですか。でも、最初そうやって観ていた人も最後には手拍子始めたりっていうのが良いなって。

このおじさんを動かしたSKY-HI。動くって恥ずかしさもあるじゃないですか。それでも乗らせた。すごいなっていう。昔から音楽好きなような人も、ちゃんと掴んでいる。ストイックに音楽と向き合ってきた彼だからこそ、見れた光景かなって。

「New Verse」「Marble」とかが特にそう感じたんですけど、最後の曲行くときに全体に曲が届いたあとに、結局個人にも帰ってくると言いますか。ひとりに歌ってるんですよね。一人ひとりがちゃんと(SKY-HIの想いを)もらって帰れるのが素敵だなって印象でした。

イラスト & TEXT BY 芦沢ムネト
テキストまとめ  M-ON! MUSIC 編集部


ライブ情報

SKY-HI TOUR 2019 -The JAPRISON-
02/09(土)千葉・市川市文化会館 大ホール
02/17(日)静岡・富士市文化会館ロゼシアター 大ホール
02/24(日)宮城・東京エレクトロンホール宮城
03/01(金)福岡・福岡サンパレス
03/10(日)広島・広島文化学園HBGホール
03/17(日)北海道・札幌市教育文化会館 大ホール
03/23(土)神奈川・神奈川県民ホール 大ホール
03/30(土)長野・長野ホクト文化ホール 中ホール
04/06(土)石川・本多の森ホール
04/07(日)愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
04/24(水)大阪・フェスティバルホール
04/30(火)東京・中野サンプラザ


プロフィール

スカイハイ/1986年12月12日、千葉県出身。2012年に自身主宰のコラボレーション楽曲制作企画「FLOATIN’ LAB」が話題を集め、CD化。2013年8月7日にはソロ1stシングルとなる「愛ブルーム/RULE」でメジャーデビューを果たす。

SKY-HI OFFICIAL WEBSITE


リリース情報

2018.12.12 ON SALE
ALBUM『JAPRISON』
avex trax

2019.02.08 ON SALE
DIGITAL SONG「New Verse -Remix- feat. eill」
avex trax

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人

  • 芦沢ムネト

    芦沢ムネト

    アシザワムネト/1979年東京生まれ。多摩美術大学映像演劇科卒。お笑いユニット「パップコーン」のリーダーとして活躍する傍ら2011年末よりTwitterで掲載した癒し系キャラクター「フテネコ」が話題を呼び、現在Twitterのフォロワー数は13万を超える。音楽雑誌「ワッツイン」では、対談連載「芦沢ムネトのネコの手も借りたい!」を掲載中。