「当たり前のことを言います。一生忘れない夜になりました」。福山雅治、ファンと祝う『五十祭!!』が大盛況

■「一人ひとりの人生の中に、音楽という形で寄り添わせていただけることを大変光栄に思います」(福山雅治)

平成最後の2月6日に50歳の誕生日を迎えた福山雅治が、はじめての誕生祭ライブ『福山雅治 五十祭!!』を、横浜アリーナにて2月5日・6日・7日の3日間にわたって開催した。

『福山雅治 五十祭‼️』は、ギター1本での弾き語りと、バンド編成でのライブの2部構成。福山は、ライブ弾き語りアルバム『DOUBLE ENCORE』(2月6日リリース)について「『弾き語り』という、アコースティックギターを始めた人が最初にやり始めるいちばん素朴で、かついちばん誤魔化しのきかない演奏形態。そしてライブという“そのときにしか生まれ得ない感情の記録”ですよね」とオフィシャルインタビューで語っている。

バンド編成はもちろん、そんな誤魔化しの効かない演奏形態である弾き語りも十分に堪能できる演出で、節目の記念日にファンに歌声を届けた。

なお『DOUBLE ENCORE』は、オリコンデイリーチャートで2日連続1位を獲得している(2月5日付&2月6日付)。

【ライブレポート】
ドラムとパーカッションがリズムを刻む中、ステージ後方に設けられたゲートから、この日の主役・福山雅治が登場。

2月6日、まさにこの日50歳のバースデーを迎えた福山を盛大に祝うべく横浜アリーナに集まったファンの手拍子が、リズム隊の演奏と合わさって祝祭のグルーヴを奏でる。「平成最後の2月6日、50歳になりました!」そう言ってセンターステージに立ち、ぐるりと会場を見渡す福山。バックスタンドやアリーナも360度ギッシリの超満員。実はこれには、キャリア初となる大誕生祭ならではの仕掛けが隠されていた。会場全体を巨大なバースデーケーキに、オーディエンスが腕にはめているLEDリストバンドをロウソクに見立て、福山が「ふぅー」っと息を吹きかけると、LEDの灯りが時計回りに消えていくという演出が行われた。「お誕生日おめでとう〜!」オーディエンスからあたたかいお祝いの言葉がまるでパーティークラッカーのように福山に降り注ぐ。

ライブは1部が弾き語り、2部がバンドによる演奏の2部構成。これまで発表してきた膨大な楽曲の中から、特別な日に披露されるのは、「誕生歌(うまれうた)」。恋や友情など何かが生まれた日、始まった日の思い出が呼び起こされる福山の歌を事前に募集して、その結果を10位からランキング形式で発表していくというコンセプトだ。

会場には『魂のラジオ』や『地底人ラジオ』などでおなじみのフリーアナウンサー・荘口彰久がスタンバイ。まずはお祝い代わりに、この日リリースとなった4枚組31曲の弾き語りライブ音源&MCが収録されたライブアルバム『DOUBLE ENCORE』がオリコンのデイリーアルバムランキングで1位(2月5日付)になったことが発表され、会場が大いに湧いた。

“誕生歌”のリクエストとともに寄せられたメッセージの中から各曲に対してひとつを選んで紹介し、それを受けて福山が演奏していくという趣向でライブは進行。

「はつ恋」「Beautiful life」「家族になろうよ」など、様々なエピソードや思い出が曲に染み込んでいくように、慈しみながらギター1本で紡ぐ福山のパフォーマンスは、歌本来の持つ役割を再認識させてくれるものだった。自分の人生において存在する大切な歌は、他人の人生においても大切な物語として流れているのだ。その当たり前の事実をライブという空間は可視化し、より深い次元で歌が自分のものになっていく確かな実感が残った。別々の人生を生きるそれぞれの歩みがここで交錯するような大切な時間と場所になった。

「一人ひとりの人生の中に、音楽という形で寄り添わせていただけることを大変光栄に思います」。

福山のこれまでの音楽人生をギュッと凝縮した映像を挟んで、2部は打って変わってバンドによるド派手なパフォーマンスを披露。福山の第2章の始まりと言っても過言ではない「Heart」から始まり、1990年のデビュー曲「追憶の雨の中」、平成の大ヒットナンバー「HELLO」や最新曲「甲子園」、そして本編最後は「道標」で締めた。アンコールは「虹」と「桜坂」。

バンドメンバーが捌け、再びステージにひとりで立つ福山に大きな歓声が浴びせられる。もちろん、ダブルアンコールを期待する声だ。この日のダブルアンコールにして、“誕生歌”第1位は「Good night」。キャリアで初めてオリコンシングルランキングTop10にランクインした思い出深い曲だ。福山自身がリクエストメッセージを読みあげ、弾き語りのパフォーマンスへ。ガットギターの指弾きによる「Good night」は、ファン一人ひとりに寄り添うように体温を感じる演奏だった。大きな拍手に包まれ、ここでライブ終了。

しかし――。オーディエンスからはさらなるアンコールを求める拍手が鳴りやまない。「おやおや」と福山が困惑するも、拍手はさらに大きくなっていく。スタッフに確認し、アコギを構えた福山にこの日いちばんの歓声が上がった。

その場でオーディエンスにリクエストを聞き、披露したのは「MELODY」。「Good night」に続いてオリコンシングルランキングTop10入りした大切な曲だ。サビを女性キーに調整し直してみんなで大合唱する光景は、福山とファンが確かな道のりをともに歩んできたことを証明するものだった。そしてまたがっちり手を握ってあらたな一歩を踏み出す姿が見えたような気がした。

「当たり前のことを言います。一生忘れない夜になりました。ありがとうございました!」
「ましゃ、お誕生日おめでとう!」
この日この場所に集った誰にとっても最高の1日となった。


リリース情報

2019.02.06 ON SALE
ALBUM『DOUBLE ENCORE』


福山雅治 OFFICIAL WEBSITE
http://www.fukuyamamasaharu.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人