超特急×高田漣で新曲「ソレイユ」を語る!タカシ「太陽のように明るくて、みんなに笑顔を届けられる曲」

毎回、予想のさらに上をいく新曲を発表してきた超特急。今回は高田 漣提供の「ソレイユ」で、よりディープな音楽の世界を披露。インタビューでは、高田とともに楽曲に対する想いやそのアプローチを語ってくれた。

【インタビュー】
超特急 × 高田 漣

この曲を歌えたことが僕の人生にとって、すごく大きなこと

──高田 漣さん提供による、超特急の新曲「ソレイユ」。“ソレイユ=太陽”のタイトルどおり、優しく温かい曲になりました。

タカシ 今までの超特急にない楽曲ですよね。個人的に80年代ポップスが好きなので、超特急で挑戦できる喜びもあり。この曲を歌えたことが僕の人生にとって、すごく大きなことだと思いますし、太陽のように明るくて、みんなに笑顔を届けられる曲になったことが何よりうれしいです。

高田 僕はどちらかというと自分のために曲を作ることが多いので、どうなるんだろう? と思っていたのですが、タカシくんの歌声が乗ることで、頭の中にあったものより、はるかに良いものができたと思っています。

 

すごくできた若者だなと思いました(笑)

──M-ON! MUSICのInstagramに公開された自撮り棒でのコメントで、「聴くダンスミュージックがやりたかった」と語っていましたが、具体的にやりたかったこととは?

高田 普段はルーツミュージックを聴くことが多いのですが、最近はヒップホップやEDMもよく聴くようになって。そのタイミングでこのお話が来たので、自分の作品であまりできないサウンドや音像だったり、今作りたいものを作ることができたんです。

──超特急の印象はいかがでした?

高田 実際に会って、すごくできた若者だなと思いました(笑)。真面目で礼儀正しくて、僕も襟を正されるところがあって。彼らの凛とした感じが曲にも表れたし、そういうものを求めていたのもあったので歌ってもらえてうれしかったですね。

 

高田 漣さんの世界に関われたことがすごく光栄

──みんなは完成しての感想、いかがですか?

カイ 今までにない、超特急のイメージとかけ離れた曲だなと思ったんですけど、タカシが歌っているのを聴くとすごく超特急にハマってて。どんな曲もタカシが歌うと超特急になるという強みがさらに強まった感じですね。振り付けはまだ見えてないですけど、すごく楽しみです。

リョウガ 去年、アルバムをリリースして、ツアーをやって、「黄金時代に突入するぞ!」と宣言して。誰もが予想できない新曲になったと思うし、「こう来たか!」と驚かれると思うし。

年明け早々、黄金時代に突入したことを証明すると言っても過言ではない曲を配信できることがすごく喜ばしいです。

タクヤ 僕は音楽ジャンルに疎いんで、新曲が出るたびに「こんな音楽もあるんだ」と驚いているんですが、「ソレイユ」を聴いた時も驚いたし、一回ですべてを掴みきれなくて最初はよくわからなかったんですが、聴けば聴くほど好きになっていますね。

こうやって高田 漣さんの世界に関われたことがすごく光栄ですし、また新しい路線が開拓された気がします。

 

超特急になかったパフォーマンスを引き出してくれる曲

──ジャンルとか理屈は関係なく、雰囲気や感覚で聴いてほしい曲でもありますよね。

高田 そうですね、そういうことは頭で想像しながら作りました。最近のアーティストの楽曲を聴くと、すごく新しいけど、どこか懐かしさもあったりして。

ジャンルや世代感も関係なしに“良いものは良い”と思える曲が作りたいと思いました。超特急とコラボすることで、自分の中のリミットも広がりました。

──ユーキくんはどうですか?

ユウキ いつものバキバキ踊る曲とは違う、自然と体が動くようなゆったり乗れる感じをどう表現するんだろう? という楽しみもあるし。超特急になかったパフォーマンスを引き出してくれる曲になるんだろうなと確信しています。

大人っぽい超特急を表現できる良いタイミングにもなりそうですよね。

 

高田さんと一緒にツアー行きたいですね!

──「ソレイユ」は超特急ver.と高田 漣ver.がありますが、タカシくんの歌を聴いて「大人っぽいな」と思ったけど、高田さんの歌を聴いたら、やっぱり深みが違いました(笑)。

タカシ 僕なんて、まだ青二才ですから。経験が違いますよ! 高田さんver.もあるって聴いて、「ヤバッ!」って思いましたもん(笑)。

──あはは。ユースケくんはどうですか?

ユースケ せっかくだから、高田さんと一緒にツアー行きたいですね!

リョウガ 早い早い! 気が早いよ!(笑)

──しかも、ライブじゃなくて、ツアーなんだ(笑)。

カイ 4ヵ月あるんですけど、大丈夫ですか?

ユースケ あはは。でも、ダンス&ボーカルグループでこういう曲を持ってるグループはいないから、すごい強みになると思う。どういうパフォーマンスになるかはわからないですけど、高田さんとはぜひ生演奏で一緒にライブやりたいです!

 

歌ってて自分が温かい気分になったり、笑顔になるって経験は初めて

──タカシくんは今回、どんなイメージでレコーディングに臨みましたか?

タカシ いつも目をつぶった時、歌詞の景色が見えるようにイメージトレーニングするんですけど。この曲は一つひとつのワードから景色が浮かぶし、明るい世界が広がっていって。

自分の中で物語ができていく感じが気持ち良かったし、気持ちが弾む感じも歌に出せたんじゃないかな? と思います。

高田 タカシくんはスタジオに来た時点ですでに出来上がっていて、歌入れも小一時間であっという間に終わったよね? 最初に歌った時から、ほぼ何も言うことがない感じで。自分のものにしてほしいと思っていたので、そう歌えるようにだけアドバイスしました。

タカシ 聴いた人が笑顔になってくれれば良いなとか、聴き手の気持ちを考えて歌ったんですが、歌ってて自分が温かい気分になったり、笑顔になるって経験は初めてでした。

なんだか不思議な気分だったし、すごくうれしかったです。早くみんなに聴いてもらいたいですね。

──8号車の前で披露する日も楽しみですが、最後に2019年の超特急の目標は?

リョウガ ツアーの日程も出て、目標としていた全国開通が叶う条件が整いました。

新しく手に入れた武器も携えて、初めて行く土地も久しぶりに訪れる土地も一本一本のライブを大切にやっていきたいと思ってますので、ツアーも期待してください!

INTERVIEW & TEXT BY フジジュン


ライブ情報

■超特急
FUN!FUN!ふぁんみーてぃんぐ2019 平成最後の大爆発!!!!!!!!

03/09(土)大阪・Zepp Namba(OSAKA) ※二部制
03/10(日)福岡・Zepp Fukuoka
03/14(木)愛知・Zepp Nagoya
03/27(水)東京・Zepp DiverCity(TOKYO)
03/28(木)東京・Zepp DiverCity(TOKYO)

■超特急
BULLET TRAIN SPRING/SUMMER TOUR 2019 EUPHORIA ~Breakthrough, The Six Brave Stars~

04/20(土)千葉・松戸・森のホール21 大ホール
04/21(日)千葉・松戸・森のホール21 大ホール
04/28(日)神奈川・カルッツかわさき ホール
04/29(月・祝)神奈川・カルッツかわさき ホール
05/02(木)大阪・大阪国際会議場 メインホール
05/03(金・祝)大阪・大阪国際会議場 メインホール
05/05(日・祝)大阪・大阪国際会議場 メインホール
05/11(土)鳥取・とりぎん文化会館  ★初開通
05/12(日)島根・島根県民会館  ★初開通
05/17(金)福岡・福岡サンパレス
05/18(土)長崎・長崎ブリックホール
05/25(土)愛知・愛知県芸術劇場 大ホール
05/26(日)愛知・愛知県芸術劇場 大ホール
06/01(土)神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール
06/02(日)埼玉・大宮ソニックシティ 大ホール
06/08(土)広島・上野学園ホール
06/15(土)北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru
06/16(日)北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru
06/29(土)千葉・市川市文化会館 大ホール
06/30(日)千葉・市川市文化会館 大ホール
07/06(土)宮城・仙台サンプラザホール
07/07(日)宮城・仙台サンプラザホール
07/14(日)新潟・新潟テルサ
07/15(月・祝)石川・本多の森ホール
07/20(土)大阪・大阪国際会議場 メインホール
07/21(日)大阪・大阪国際会議場 メインホール
07/27(土)愛媛・西条市総合文化会館 ★初開通
07/28(日)高知・高知市文化プラザかるぽーと ★初開通
08/08(木)神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール
08/09(金)神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール
08/12(月・祝)佐賀・佐賀市文化会館 ★初開通
08/13(火)熊本・市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館) ★初開通
08/17(土)沖縄・沖縄コンベンションセンター劇場棟 ★初開通

詳細はこちら

 

■高田 漣
FRESH&REFRESH 2019 -梅雨のレン祭り-
06/16(日)大阪・千日前ユニバース
06/23(日)東京・東京キネマ倶楽部


プロフィール


■超特急
チョウトッキュウ/カイ(2号車、MAIN DANCER、神秘担当)、リョウガ(3号車、MAIN DANCER、ガリガリ担当)、タクヤ(4号車、MAIN DANCER、筋肉担当)、ユーキ(5号車、MAIN DANCER、ドジっ子担当)、ユースケ(6号車、MAIN DANCER、元気担当)、タカシ(7号車、BACK VOCAL、末っ子担当)。2011年12月25日に結成された、メインダンサー&バックボーカルグループ。

超特急 OFFICIAL WEBSITE

 

■高田 漣
タカダ レン/音楽家、プロデューサー、作曲家、編曲家、マルチ弦楽器奏者、執筆家。
1973年、日本を代表するフォークシンガー・高田渡の長男として誕生。2002年、アルバム『LULLABY』でソロデビュー。現在まで6枚のオリジナルアルバムをリリース。

高田 漣 OFFICIAL WEBSITE


リリース情報

■超特急 / 高田 漣
2019.02.20 ON SALE
配信&12inch アナログ盤「ソレイユ」
SDR

詳細はこちら

■高田 漣
2019.03.06 ON SALE
ALBUM『FRESH』
キングレコード

■超特急
2019.03.27 ON SALE
Blu-ray『BULLET TRAIN Arena Tour 2018 GOLDEN EPOCH AT SAITAMA SUPER ARENA』
SDR

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人