クイーンの名曲をフルオーケストラ&シンガーで完全再現する“クイーン・シンフォニック”の来日が決定! トレーラー映像も公開

■シンガー4人は、クイーンのギタリスト、ブライアン・メイがセレクトした実力派が集結!

映画『ボヘミアン・ラプソディ』のメガヒットで、第3次クイーンブームを巻き起こっている日本に、イギリス、フランス、アメリカなど欧米各国、オーストラリアで数十万人の動員を記録した“クイーン・シンフォニック”の緊急来日が決定した。

クイーンの音楽はロックでありながら、その普遍的で美しいメロディはクラシックのオーケストラとの親和性も高い。クイーン・シンフォニックは、クイーンとクラシックの融合を掲げ、2000年にロンドン、ウェストエンドで初演。クイーンの人気ミュージカル『WE WILL ROCK YOU』に出演したシンガーとフル・オーケストラが共演する豪華エンターテイメントショウは、公演を重ねるたびに観客が増え、フランスを始めヨーロッパ各国や北米、豪州でもツアーを行い、各地を熱狂と興奮の渦に叩き込んだ人気プログラムだ。

クイーン・シンフォニックの指揮はリチャード・シドウェル。ブラー、ロビー・ウィリアムス、デュラン・デュラン、ペット・ショップ・ボーイズ、ボーイ・ジョージら数々の英国ミュージシャンとの共演を果たし、本公演のオーケストレーション(編曲)も手がける音楽家。

シンガーはクイーンの楽曲を使用した人気ミュージカル『WE WILL ROCK YOU』に出演したメイン・キャスト陣の中からブライアン・メイが選出。同ミュージカルでメインキャストのミートローフ、スカラムーシュにキラー・クイーン役を演じたジェナ・リー・ジェームス。同じくミートローフ、スカラムーシュ役で出演したレイチェル・ウッディング。男性シンガーはガリレオとカショーギを演じたジョン・ボイドンに、ガリレオとブリトニーのピーター・エルドリッジと、英ウェスト・エンドで活躍する実力派シンガーの4人が来日する。

クイーンの美しいメロディを奏でるのは日本の名門オケ、東京フィルハーモニー交響楽団。さらに5人編成のバンドも来日し、盤石の演奏でオーケストラをサポートする。

セットリストは「ボヘミアン・ラプソディ」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」や「伝説のチャンピオン」などのクイーンのヒット曲を網羅。さらに日本公演のみ、日本語曲「手をとりあって」や「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」も演奏を予定。会場全員での大合唱、シンガロングは必至だ。

70人の大編成オーケストラと4人のシンガーで綴る華麗で壮大なシンフォニー・ロックショウ、クイーン・シンフォニックの初来日公演のチケットは2月23日の一般発売に先がけ、本日2月5日より先行販売がスタート。かつてのクイーンの来日公演で発売された懐かしのQS(クイーン・シート)席にちなみ、チケット券種はクイーン・シート、ボヘミアンシート、学生シートが用意される。券種の詳細や価格はイベントサイトをチェックしよう。


ライブ情報

クイーン シンフォニック –ロック&オーケストラ エクスペリエンス-
05/10(金) 東京・東京国際フォーラム ホールA
05/11(土)  東京・東京国際フォーラム ホールA ※昼・夜2回公演
【出演】
指揮:リチャード・シドウェル
シンガー:ジェナ・リー・ジェームス、レイチェル・ウッディング、ジョン・ボイドン、ピーター・エルドリッジ
バンド:ギター×2、ベース、ドラム、キーボード
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団

<クイーン シンフォニック/主な演奏予定曲>
ボヘミアン・ラプソディ
愛にすべてを
キラー・クイーン
ラヴ・オブ・マイ・ライフ
輝ける7つの海
ドント・ストップ・ミー・ナウ
愛という名の欲望
手をとりあって
ボーン・トゥ・ラヴ・ユー
レディオ・ガガ
地獄へ道づれ
ショウ・マスト・ゴーオン
ウィ・ウィル・ロック・ユー
伝説のチャンピオン  etc…


クイーン シンフォニック OFFICIAL WEBSITE
http://www.promax.co.jp/queensymphonic/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人