浅川梨奈の本性を西銘駿が暴露!?「いじめっ子ですね。浅川と仕事をした次の日はメンタルやられて寝込んでます」

■『劇場版 リケ恋』舞台挨拶に浅川梨奈、西銘駿、夢アド・荻野可鈴らが白衣姿で登壇!「心が折れそう……」「回収できないよ、これ!」(浅川)

映画『劇場版 リケ恋~理系が恋に落ちたので証明してみた。~』の公開記念舞台挨拶が本日2月2日に東京・シネ・リーブル池袋 スクリーン1で行われ、W主演の浅川梨奈、西銘 駿(男劇団 青山表参道X)をはじめ、共演の矢野優花、藤田 富、荻野可鈴(夢みるアドレセンス)が登壇した。

累計発行部数75万部突破の大人気コミックを実写化した本作は、恋愛経験ゼロのツンデレ理系美女・氷室菖蒲(浅川)と同じく恋愛経験のない究極の理系男子・雪村心夜(西銘)が、“恋愛感情とはなにか”を理論的に解明しようと研究室の仲間ととも証明実験していく姿を描いたラブコメディ。

ドラマ版に続いての劇場版ということもあって、和気あいあいとしたムードの5人だが、浅川は、自由気ままな西銘の“飼育係”を自認しているよう。冒頭、「仲良く楽しく、西銘くんを手なずけながら頑張ります!」と語り、印象的なシーンに関するトークでも「台本に『浅川さんを中心にフリートーク』とだけあった…(苦笑)。西銘くんの回収を任されている…」と不安(?)を口にし、笑いを誘う。

その西銘は、劇中の印象的なシーンとして山を駆け降りるシーンを挙げ、「雪村が初めて数式じゃなく、直感で行動してシーンなので好きです」と明かす。浅川から同シーンでズボンが破けてしまったことを指摘されると「テンションが上がり過ぎてアドレナリンが出ちゃって……」と振り返る。

そんな西銘の姿に藤田は「僕にとっては『ライダー』の先輩。幸村という役は全然ライダーの感じがしなかったんだけど、かなりの急斜面を走っていくのがめちゃめちゃカッコよくて、やっぱりライダーだなって思いました」と感嘆。

一方、西銘と並んで、荻野も舞台挨拶をかき乱す問題児として不規則発言の連発で会場を笑いに包む。冒頭、いきなり4人に対し「みんな、今日だけは仲良さそうに頑張ろうね!」と呼びかける不穏な発言で、周囲から「やめろ!」とツッコミを浴びる。

また、矢野が女性3人での温泉シーンを印象深いシーンに挙げ、「メチャクチャ熱かった!」と述懐すると、荻野は浅川について「グラビアしてるだけあって、メチャクチャいいカラダしてた」と明かし、会場を湧かせていた。

さらにトーク中に、荻野だけはこのメンバーのグループLINEに入っていないことが判明。浅川が「ずっと招待してるのに入んない」と不満を漏らすと、荻野は「ずっと招待いただいてたんですが、今日、やっと拒否しました!」と晴れやかに報告。「うるさいんだもん。いつ抜けたらいいかわかんないし」という気ままな発言に会場は笑いに包まれた。

W主演を務めた浅川、西銘の印象について語るコーナーでは、藤田は浅川について「おとなしいイメージだったけど本当にうるさい(苦笑)。でも、みんなのことを考えて、盛り上げようと気を遣っている方なんだと思う」と称賛。矢野も「しっかりしてて気が遣える。年下と思えない」とほめたたえ、これには浅川も「ムズムズする」と照れ笑い。

西銘は浅川について「いじめっ子ですね。浅川と仕事をした次の日はメンタルやられて寝込んでます」と明かしつつ、「パワフルだけどかわいらしい一面もある」と意外な一面を語っていた。

一方、西銘の印象について、荻野は「好青年と思ってしゃべってみたらポンコツだった。でも憎めない。(撮影から)9ヵ月経って、カッコよくなった。売れてるオーラ? キラキラ感が出ている」と語り、藤田も「6歳差もあるけど、なぜかかわいがりたくなる」とにっこり。矢野は「好青年だけど裏はどうなのか? と思ったら、何もなかった(笑)。底が見えないと思ったけど、底がなかった」と絶妙な表現でたたえる。

そして浅川は、俳優仲間から西銘について印象を聞いていたことを明かし、「しゃべってみてわかったけど本当にバカ(笑)」とこき下ろしつつも、「本当にこのまま。だから皆さん、安心して応援していいです。裏切りませんから」と太鼓判(?)。西銘はその言葉を「『そのまんま』はほめ言葉です」と笑顔で受け止めていた。

そんなドタバタはありつつも感動のまま舞台挨拶が終了するかと思いきや、西銘は最後の挨拶で、2週間あったはずの撮影期間をなぜか「この映画は3日間で撮ったんですが……」と真面目に語り、共演陣から総ツッコミを浴びる。

浅川は舞台挨拶中、西銘や荻野の気ままな発言に何度も「心が折れそう……」「回収できないよ、これ!」と嘆いていたが、最後の挨拶でも「本当にすみません(苦笑)」とまるで謝罪会見のように頭を下げ、笑いに溢れた舞台挨拶は幕を閉じた。

映画『劇場版 リケ恋~理系が恋に落ちたので証明してみた。~』はシネ・リーブル池袋ほか全国にて公開中。


映画情報

『劇場版 リケ恋〜理系が恋に落ちたので証明してみた。〜』
シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開中!
原作:山本アリフレッド「理系が恋に落ちたので証明してみた。 」(フレックスコミックス「COMICメテオ」掲載)
監督:旭正嗣
脚本:幸修司
出演:浅川梨奈(SUPER☆GiRLS)、西銘駿(男劇団 青山表参道X)、矢野優花、藤田富、荻野可鈴(夢みるアドレセンス)ほか
<劇場版新キャスト>桜田通、佐藤友祐、鈴木つく詩
(C)2018「リケ恋」製作委員会


リリース情報

2018.11.21 ON SALE
Blu-ray&DVD『リケ恋〜理系が恋に落ちたので証明してみた。〜』


『リケ恋〜理系が恋に落ちたので証明してみた。〜』作品サイト
http://vap.co.jp/rikekoi/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人