LiSA、PENGUIN RESEARCH、May’nの“ひとつ上をいく”熱いライブを芦沢ムネトがイラストレポート

フテネコの生みの親・芦沢ムネトによる、不定期イラストレポート。今回は“臨場感とサウンドを大切にしたライブ”がコンセプトの『リスアニ!LIVE 2019』に行くことに。アニメ作品と関わりの深い音楽の魅了を伝えるメディア『リスアニ!』の一大ライブイベントで、芦沢ムネトは何を感じたのか?

【イラストレポート】
リスアニ!LIVE 2019

2019.01.25@日本武道館
LiSA、PENGUIN RESEARCH、May’n


女王降臨を思わせる
『リスアニ!LIVE 2019』トップバッターのLiSA

スタッフさんがお立ち台にかけられていた謎のベールをとり……

からの、ドーンッ! とLiSAさんが登場。登場の仕方がね、もうなんて言うんですか。格闘家みたいに勇ましくて、めちゃくちゃカッコ良い。女王降臨ですよね。登場しただけでぐわっと観客の心を掴む、本人が放つパワーにやられました。

声もね、すごいんですよ。バンドの音も迫力あったんですけど、それに負けない歌声。それを絵にしたいなと思って描いたんですけど……うまく伝わりますかね? あの歌声は天井を突き抜けますよね。

途中、MCで“振りつけをみんなでやろう”ってくだりがあったんですけど、「武道館やしね。どすこい! どすこい!」ってLiSAさんの発言に「それ、国技館だろ」って。会場が一瞬ざわついていたのを僕は見逃しませんでした(笑)。迷いのない「どすこい! どすこい!」はある意味さすがですよ。さっきまでカッコ良かった人がこの天然っぷりですからね(笑)。

「ADAMAS」の迫力はライブでいっそう光るものがありますね。太鼓叩いて歌ってて、叩き方もあるんですけど、『ライオンキング』みたいだなって。ジャングルの王者といいますか、そこに動物たちが集まってきて雄叫びをあげて盛り上がる……みたいな。「ADAMAS」はライブでこそ、その力を存分に発揮する曲なのではないでしょうか。

ここまで女王だ、なんだ言ってきましたけど、やっぱりね、この笑顔にみんなキュンとするっていう。「ばいちー」「ありがとっ!」って満面の笑みで言われちゃうと“あぁ~LiSAよ!”ってメロメロになるしかないですよね。ずるいです、本当。

 

骨太のロックサウンドを鳴らす
PENGUIN RESEARCH

続いてのPENGUIN RESEARCH。ライブを観るのは初めてだったので、楽しみにしていたんですけど、のっけから「おい! 武道館」と煽られて、背筋がしゃんとしたといいますか。こんなにも彼らは雄々しいのかと、想像以上でした。

演奏メンバーそれぞれのスキルが高いのと、ドドドドッと体の芯まで響く爆音。だけど、ボーカルの声はすっごいクリアに届くっていうのが、このバンドの集団としてのすごさを目の当たりにしたなと。

そして、僕的にはベースの堀江晶太さんを特に推したい! ありえない動きをずっとされていたので。ベースってもう少し動かないもんだと思ってたんですけど、高音から低音まで全部指が動いてて。それが躍動感に繋がってるんだろうなって感じました。だけど、しゃべると変な人で(笑)。それがまた僕的にはツボにハマりました。

「ばいちー」と去ったはずのLiSAさんが戻ってくるという。PENGUIN RESEARCHと一緒に「Rising Hope」をやったんですけど。2組とも、特にボーカルふたりがステージで揃うと主人公みたいでした。このふたりの主人公になるアニメ、いつやるんですか? ってぐらい印象的でした。

「敗者復活戦自由形」は1曲に3曲分ぐらいの展開が盛り込まれていて。ハードコアなシャウトもあれば、急にサイケな感じでキーボードがキュインギュイン鳴るし、ギターの人がめちゃくちゃそれやるし、それにボーカル乗って……って、一枚で描けないと思ったので、マンガタッチにしました。

生田鷹司(vo / PENGUIN RESEARCH)

堀江晶太(b、composer / PENGUIN RESEARCH)

神田ジョン(g / PENGUIN RESEARCH)

柴﨑洋輔(key / PENGUIN RESEARCH)

新保恵大(ds / PENGUIN RESEARCH)

 

“どっちが本当なの?”
May’nの歌唱力に翻弄される

FRIDAY STAGEラストのMay’nさんはかわいらしい声から、厚みのある太い声も出すので変幻自在だなと。“どっちが本当なの?”ってほどの技量に引き込まれましたね。

描くことに集中している間に、気づいたらスタンドみたいな感じでダンサーさんがいたんですけど、このふたりの表現力も豊かで演劇チックなものもあり、観ていて楽しいし、メッセージを届ける手助けをしているなって思いました。

LiSAさんが再び登場しての「キミシニタモウコトナカレ」コラボ。だから、このふたりの主人公のアニメはいつやるんだ! と(笑)。この2組もまた、先程とは違った主人公っぽさがあり。今日出てた人、みんな主人公感がありましたね。

一曲一曲の挨拶がめちゃくちゃきれい。生徒会長の挨拶ですからね、このきれいさは。挨拶ひとつとってもMay’nというシンガーの音楽に対する誠実さや人となりが出ていて素敵でした。

「ダイアモンド クレバス」はみんなに……それはお客さんもそうなんですけど、May’nさん本人も含めたみんなに愛されている曲だなって感じました。ちゃんと一人ひとりの心にこの曲が染み渡っている状態で聴いている感じが、愛があるなと。

May’nさんのパワーというか、最後の最後であんなに会場の声が出るんだなって。イベントだから持ち時間としては1組あたり少ないわけじゃないですか。それを自分のワンマンライブの最後ぐらい盛り上げていてさすがだなと。みんな本当に声枯れたと思いますよ(笑)。

 

アニメにまつわる音楽を全力で届ける、こういったライブに来たのは初めての経験でしたが、熱量が本当に高い! 出演アーティストもそうだし、お客さんも楽曲に対する愛の他にアニメへの愛もあるから“ひとつ乗っかってる”状態といいますか。一曲に対する想いがより強いものだからこそ、ここまでライブも盛り上がるんだろうなと。アーティスト、観客、それぞれのまっすぐな想いに心打たれたライブでした。

イラスト & TEXT BY 芦沢ムネト
テキストまとめ M-ON! MUSIC 編集部


SETLIST

LiSA

01.ROCK-mode’18
02.Thrill, Risk, Heartless
03.スパイシーワールド
04.ADAMAS
05.Catch the Moment

LiSA

PENGUIN RESEARCH

01.WILD BLUE
02.嘘まみれの街で
03.ジョーカーに宜しく
04. Rising Hope(with LiSA)
05. 敗者復活戦自由形
06. 敗北の少年

PENGUIN RESEARCH

May’n

01. ユニバーサル・バニー
02. ViViD
03. キミシニタモウコトナカレ(with LiSA)
04. ダイアモンド クレバス
05. Belief
06. AMICITIA
07. 射手座☆午後九時Don’t be late

May’n


配信・放送情報

リスアニ!LIVE 2019

動画配信サービス『GYAO! 』内の特設ページにて無料配信決定。

[FRIDAY STAGE]
02/15(金)0:00~

[SATURDAY STAGE]
02/16(土)0:00~

[SUNDAY STAGE]
02/17(日)0:00~

『GYAO! 』無料配信はこちら

 

※今春、音楽チャンネル『MUSIC ON! TV(エムオン!)にて放送決定!
番組の詳細や視聴方法は、MUSIC ON! TV(エムオン!)オフィシャルサイトをご覧ください。

MUSIC ON! TV(エムオン!)OFFICIAL WEBSITE

MUSIC ON! TV(エムオン!)は、スカパー!、J:COM、ケーブルテレビ、ひかりTVなどでご覧いただける音楽チャンネルです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人

  • 芦沢ムネト

    芦沢ムネト

    アシザワムネト/1979年東京生まれ。多摩美術大学映像演劇科卒。お笑いユニット「パップコーン」のリーダーとして活躍する傍ら2011年末よりTwitterで掲載した癒し系キャラクター「フテネコ」が話題を呼び、現在Twitterのフォロワー数は13万を超える。音楽雑誌「ワッツイン」では、対談連載「芦沢ムネトのネコの手も借りたい!」を掲載中。