藤井フミヤが日本武道館でのカウントダウンライブで語った、“チェッカーズ解散ライブ”の感動の想い出とは!?

■「20世紀からやってます(笑)」。藤井フミヤ、日本武道館最後のカウントダウンライブの詳細が、音楽情報サイト『otonano』にて公開!

藤井フミヤの『日本武道館 LAST COUNTDOWN PARTY 2018-2019』の詳細レポートが、音楽情報サイト『otonano』の藤井フミヤ特設サイトで公開された。

2018年にデビュー35周年ソロデビュー25周年のアニバーサリーイヤーを迎えた藤井フミヤ。ファン投票による3枚組のベストアルバム『FUMIYA FUJII ANNIVERSARY BEST “25/35″』「L」「R」盤を2作同時リリースし、 藤井フミヤの音楽キャリアのオールタイムベストといえるセットリストで全国ツアーが展開された。

そのハイライトとなった、2018年12月31日の東京・日本武道館公演。通算15回目、くしくも平成最後の、そして2020年オリンピック柔道会場整備のため、2019年から改修工事に入る現状の日本武道館での最後のカウントダウンコンサートなった。それはもう二度と見ることができない素晴らしい光景だったことを、『otonano』詳細レポートが伝えている。

1992年12月、日本中のファンに惜しまれながら日本武道館で解散したチェッカーズ。以降、藤井フミヤのファンにとって、日本武道館という会場は「ロックの聖地」以上に大切な場所である。そのことを誰よりも自覚している藤井フミヤ本人は、通算15回目、平成最後、そして現行“日本武道館”最後のカウントダウンコンサートのステージで想い出を語っている。

「今日がラストカウントダウンということで。オリンピックの修復のためにしばらく武道館が使えなくなるので、これを機にラストということです。武道館にはたくさんの思い出があります。チェッカーズもここで解散ライブをして、カウントダウンライブは1999年から。20世紀からやってます(笑)。すごい覚えているのは、チェッカーズの解散のときに外にたくさんのファンがいて、スタッフが気を利かせて武道館の扉を開けてコンサートをやったっていう、そんな思い出があります。懐かしい曲をやりましょう……」(藤井フミヤ)

チェッカーズ、藤井フミヤのファン歴35年の音楽ライター、大窪由香氏による、MCもノーカットで掲載された詳細記事。音楽会場とコンサートの理想の関係。それは一夜にして作られるものではないことを渾身のレポートが伝えている。

『藤井フミヤ 日本武道館 LAST COUNTDOWN PARTY 2018-2019』レポートは、ソニー・ミュージックダイレクトが運営する音楽情報サイト『otonano』の藤井フミヤ特設サイト、および連載「日本武道館列伝」で楽しめる。


リリース情報

2018.07.18 ON SALE
ALBUM『FUMIYA FUJII ANNIVERSARY BEST “25/35” L盤』
※ポニーキャニオン盤

2018.07.18 ON SALE
ALBUM『FUMIYA FUJII ANNIVERSARY BEST “25/35” R盤』
※ソニーミュージック盤


藤井フミヤ『FUMIYA FUJII ANNIVERSARY BEST”25/35“』特設サイト
http://www.110107.com/Fumiya25-35

日本武道館列伝 The Legendary@BUDOKAN
http://www.110107.com/budokan/

藤井フミヤ OFFICIAL WEBSITE
http://www.fumiyafujii.net/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人