高橋ひかる出演、“お風呂”を舞台にした仲良し父娘のホロッと泣ける物語に感動の声

■シンガーソングライター・折坂悠太と、湯まわり設備メーカー・ノーリツがコラボ! CMソング「湯気ひとすじ」MV公開

湯まわり設備メーカーのノーリツが、「お風呂は人を幸せにする」という想いから創業した同社の思いを伝えるテレビCM『家族の真ん中に』篇を、1月28日より放映中。

そして、2月1日より、シンガーソングライターの折坂悠太が同CMのために書き下ろした、日常の中にあるささやかな幸せに気づかせてくれる楽曲「湯気ひとすじ」のミュージックビデオがYouTubeにて公開された。

CMにも登場する父と、女優・モデルの高橋ひかるが演じる高校生の娘・ひかるが、お風呂で紡いできた歴史をひかるの幼少期から振り返り、大学入学とともに家を出る娘との別れに寂しさを募らせる父と、そんな父の気持ちを察した娘の心の交流を、折坂の優しい歌声で包み込む、ほっこりとあたたかく、ホロッと泣けるミュージックビデオに仕上がっている。
※「高橋ひかる」の「高」は、はしごだかが正式表記。

【「湯気ひとすじ」ミュージックビデオのストーリー】
誰もいないお風呂の窓辺に置かれた、大小ふたつのあひるの人形。まるで親子のよう。

ひかる3歳。あひる人形などのおもちゃをお湯に浮かべ、お父さんとひかるが遊んでいる。お父さんがお湯の中で膨らませたタオルをひかるが潰したり、大きな声でにらめっこしたり、お風呂に柚子をたくさん浮かべて匂いを嗅いだりと、お風呂タイムを楽しんでいる。

ひかる7歳。お風呂の壁に貼ったアルファベット表を見ながら、ふたりで一緒に「ABC の歌」を歌ったり、お湯かけっこをしたり、ひかるがお湯に顔をつけて、お父さんが「できた、できた!」と拍手をしたりと、相変わらず仲良しの様子。

ひかる10歳。ふたりで一緒にお風呂掃除をしているが、浴槽を洗うのに夢中になっているお父さんに、ひかるがシャワーをかけるいたずらをし、お父さん大慌て。

ノーリツの給湯器が「人形の夢と目覚め」のメロディでお風呂が沸いたことを知らせる。そのメロディに折坂の“それが それが あれです ほらほら あれです♪”という歌声が重なる。実はこのフレーズのメロディは「人形の夢と目覚め」と同じ。折坂の粋な演出だ。

頭に手ぬぐいを載せてお湯に漬かり、「気持ちいいね」と至福の表情を浮かべるお父さんとひかる。年季の入った少し黒ずんだあひる人形がお湯に浮かぶ。

ひかる13歳。もうお父さんとはお風呂に入らない。お父さんのあとにひかるがお風呂に入ると、お湯にお父さんの髪の毛が。ひかるは思春期の女の子らしく、とても嫌そうな顔で、お父さんの髪の毛をすくい、浴槽の外に捨てる。ひかるに叱られたのか、後日、お父さんが切ない表情で自分の髪の毛をお湯からすくっている。

ひかる17歳。お風呂でご機嫌な様子で読書するひかると、本を持ったままウトウトしてしまい、本をお湯に漬けて慌てるお父さん。

そんなある日、ひかるが大学の合格発表の日を迎える。お風呂に漬かり、スマホで大学の合格発表を確認するひかる。合格していることがわかり、喜びが込み上げる。一方、お父さんもひかるの合格を喜び、お風呂でひとり「よしっ!」とガッツポーズ。

しかし、笑顔が一変。ひかるが小さい頃からお風呂で一緒に過ごしてきた歴史を振り返り、大学入学とともにひかるが家を出てしまうことに寂しさを隠せないお父さん。

柚子を浮かべたお風呂に漬かるひかる。柚子を手に取り、お父さんとお風呂で過ごした時間を思い出している。

柚子と古びたあひる人形が浮かぶお風呂に浸かるお父さん。手に取った柚子の匂いを嗅いでいると、そこに何か書かれていることに気づく。柚子には黒いマジックで「ちょっとさみしい?」の文字。もうひとつ、文字が書かれている柚子を手に取ると、今度は「離れても、ずっと親子!!」。ひかるからお父さんへのメッセージだ。

ひかるの優しさに思わず笑顔になるお父さん。同時に、ひかるとのお風呂での思い出が走馬灯のように浮かび、寂しさをかき消すかのように、思わずお湯に潜る。そんなお父さんの様子を、父と娘のお風呂での歴史を見守ってきた、ふたつのあひる人形がお湯に浮かびながら見つめる。お風呂に漬かり、笑顔を浮かべるひかるなのだった。


折坂悠太 OFFICIAL WEBSITE
http://orisakayuta.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人