『映画 少年たち』完成披露試写会に、ジャニーズ新時代を担う東西のジャニーズJr.総勢62名が大集結

■『映画 少年たち』完成披露イベントで、SixTONES、Snow Man、関西ジャニーズJr.らがサプライズライブ!

1969年の初演から50年――。伝説として語り継がれる舞台『少年たち』が『映画 少年たち』となってスクリーンに登場、3月29日に公開となる。

ジャニー喜多川が手がけた舞台の初映像化にして、初の映画総指揮作品。心に深い傷を持ち、それぞれの事情を抱えて少年刑務所に収監された少年たち――。若さゆえに生まれる抵抗、悩み、葛藤が描き出されたストーリーが、オリジナル楽曲とダンスに乗せて描かれる日本発のミュージカルエンターテイメントだ。

出演は、飛ぶ鳥を落とす勢いのジャニーズJr.のグループ、SixTONES(ジェシー、京本大我、高地優吾、松村北斗、森本慎太郎、田中樹)、人気・実力を兼ねそなえる、Snow Man(岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太、佐久間大介)、人気急上昇の、なにわ男子 (西畑大吾)・関西ジャニーズJr.(向井康二*1、室龍太、正門良規、小島健)というタッグ。さらに、関ジャニ∞の横山 裕、 A.B.C-Zの戸塚祥太らが出演し、脇を固める。
※「高地優吾」の「高」は、はしごだかが正式表記。
*1 現在、向井康二はSnow Manとして活動

1月30日、本映画の全国公開に先立ち、東京・TOKYO DOME CITY HALLにて完成披露試写会が開催。SixTONES、Snow Man、関西ジャニーズJr.、本木克英監督の舞台挨拶とともに、宮近海斗(Travis Japan)、中村嶺亜(7 MEN 侍)、HiHi Jets、美 少年、5忍者、少年忍者ら総勢 62名が登場し、約1,400人の観客を前に、20分にわたるサプライズでライブパフォーマンスを繰り広げ、会場からは大歓声が上がった。

【完成披露試写会レポート】
初披露となった本編上映の最終カットが終わるやいなや、BGMと共に5忍者、少年忍者らが登場すると、会場からは大歓声が沸き起こった。

続いてHiHi Jets、美 少年らが登場。さらにSixTONES、Snow Man、関西ジャニーズJr.が登場しパフォーマンスを繰り広げると、会場のボルテージは最高潮に! 宮近海斗、中村嶺亜も登場し、本編でも歌われている楽曲を含む全11曲が披露され、映画と実演の豪華なショーとなった。

パフォーマンスが終わると、深澤辰哉・田中樹・室龍太がMCとなり、舞台挨拶を実施。まずはSixTONESから、

「もともと舞台で 『少年たち』をやらせていただいていたので、スクリーンになるのは初めてのことでうれしかったですし、僕たちがこうして選ばれたことにも感謝をしております。3月29日に公開しますので、皆様、盛り上げていってください」(ジェシー)
「このようなイベントで本編を観ていただいて、まずは安心しております。さらにたくさんの人に観ていただけるように僕たちも頑張っていくので、応援をよろしくお願いいたします」(京本)
「今日は楽しんでいただけましたでしょうか? 全国に広まっていくように僕らも頑張っていきます。今日は楽しんでいきましょう!」(松村)
「エガオという役を演じさせていただいたのですが、本作では新しい一面を見せられたのではないかなと思います。みんなで『少年たち』を盛り上げていきましょう!」(高地)
「皆様、本日はお越しいただきありがとうございます。短い時間ですが、楽しみましょう!」(森本)
「僕の、情報屋という役名も気になるところかと思いますが、本作はたくさんのメッセージが込められているので、それを感じていただけたらと思います」(田中)

と挨拶。

続いてSnow Manから、

「本編からこんなに髪が伸びました。本日は短い時間ですが楽しんでいってください」(岩本)
「映画に全身全霊を注ぎました。『少年たち』の応援もよろしくお願いいたします」(渡辺)
「みんなから映画楽しかったという歓声をいただいて、うれしかったです。 今日はよろしくお願いいたします」(阿部)
「ジャニーさんが愛した作品です。今日のこの場所も愛で満たしていきましょう!」(宮舘)
「ネタバレをせずに、楽しかったということを多くの方に広めていっていただければと思います」(佐久間)
「すべてに力を注ぎこみました。ぜひ注目していただきたいシーンもたくさんありますので、何度も観てください!」(深澤)

と挨拶した。

関西ジャニーズJr.から、なにわ男子が挨拶。

「SixTONESさんとSnow Manさんと並ぶとこんなにシルバニアファミリーっぽさが出てしまうのですが……(笑)。でも、頑張りましたので、ぜひいろんなところで広めていただけるとうれしいです」(西畑)
「舞台では赤と青 のチームでしたが、映画では黒チームという新しいキャラクターを演じられてうれしく思います」(向井)
「黒房という新しい形で、歴史ある『少年たち』という作品に携わらせていただけたのが本当に幸せです」(正門)
「あとひとりで挨拶が終わるので大きい拍手をお願いいたします!(笑)」(小島)
「お時間短い中ではありますが、本日はよろしくお願いいたします!」(室)

と挨拶。

続いて本作のメガホンをとった本木監督が登場し、「最初は完成できるのだろうかと思っていました。今日を無事に迎えられてよかったです」とコメントした。

MC3人から、本作に出演すると聞いたときどう思ったかという質問があがると、

「Snow ManとSixTONESで舞台を務めさせていただいていたものが、スクリーンになると聞いて驚きました。半世紀前から行われている歴史ある作品、ジャニーズの歴史に僕たちが名を残せるというのが本当にうれしかったです」(高地)
「関西にとっても、舞台といえば『少年たち』というくらい学んでいることが多い作品です。龍太くんが看守長をやっていたり、思い出深い作品なので頑張りました」(向井)
「重要文化財の奈良刑務所で実際に撮影させていただけたのは、本当にうれしかったです。実際にホテルになるということなのでまた行きたいです」(佐久間)
「この作品の監督を依頼されたとき、好奇心が沸き起こりました。ここにいるジャニーズJr.のみんなに会って、陰でも愚痴や弱音を言わないことに本当に関心したし、みんなに背中を押されて完成したと思っています」(本木監督)

とコメント。

続いて本作の見どころのひとつでもある冒頭8分の、1カメ1カットの長回しついては、

「(奈良刑務所に)行ってすぐに撮影したんだよね」(ジェシー)
「そのためにスタッフは2ヵ月準備をしました。みんなが一発でダンスを覚えてくれてすごく撮影は楽でしたね」(本木監督)

とコメント。さらに松村は「エンドロールにも注目してください」と語った。

好きなシーンの話になると、

「龍太くんのシーン!」(向井)
「高地のシーン!」(田中)

と、それぞれ他のメンバーが出ているシーンを上げながら、本作に出演している先輩である横山 裕や戸塚祥太の話もあがり、京本は

「戸塚くんは、直前まで出演されることを知らなくて、舞台で共演させていただいていたときに、映画や演技について相談をしていたんです。撮影で再会できて、あの穏やかな優しい雰囲気に包まれてとてもよかったです! 実際に僕が本作で演じた新入りの役を、ずっと戸塚くんがやっていたので感慨深かったです」(京本)

とコメント。また横山に関しては、本当に優しい先輩だったと思い出を語った。

最後に、

「この作品はジャニーさんの愛が詰まっている作品なので、いろんな世代に愛される作品になってくれればと思います」(岩本)
「老若男女問わず愛される作品になっていると思います。ぜひみなさん【#少年たちエモい】でつぶやいていただけたらと思います!」(西畑)
「ジャニーズの素晴らしさが詰まっている作品だと思います。こうして作品が完成したことがうれしいです。みんなで広めて、今後も盛り上げ ていただけたらと思います!」(ジェシー)
「公開まであと2ヵ月。大ヒットするように力を貸してください。才能あるみんなが演じた作品です」(本木監督)

とコメントし、舞台挨拶を締めくくった。

さらに舞台挨拶の最後には、ライブパフォーマンスで登場したメンバー全員が登壇し、アンコールライブとして「勇気100%」を披露。観客も一緒に、会場が一体となって歌い、大盛り上がりの舞台挨拶となった。


映画情報

『映画 少年たち』
3月29日(金)全国ロードショー
出演:ジェシー 京本大我 高地優吾 松村北斗 森本慎太郎 田中 樹 / SixTONES
岩本 照 深澤辰哉 渡辺翔太 阿部亮平 宮舘涼太 佐久間大介 / Snow Man
西畑大吾 / なにわ男子
向井康二*1 室 龍太 正門良規 小島 健 / 関西ジャニーズJr.
*1現在、向井康二はSnow Manとして活動。

宮近海斗 / Travis Japan 大西流星 / なにわ男子 嶋崎斗亜 / 関西ジャニーズJr. 嶺亜 / 7 MEN 侍 川崎皇輝 / 5忍者
HiHi Jets 美 少年 7 MEN 侍 5忍者 Jr.SP なにわ男子 関西ジャニーズJr.
戸塚祥太(A.B.C-Z) 山下リオ 森口瑤子 伊武雅刀 横山 裕
※「嶋崎斗亜」「川崎皇輝」の「崎」は、たつさきが正式表記。

製作総指揮:ジャニー喜多川
監督:本木克英
配給:松竹
(C)映画「少年たち」製作委員会


『映画 少年たち』作品サイト
http://shonentachi-movie.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人