その特集ってアリ? 1月のミュージックステーションは気になることばかり

知らない人はいないであろう音楽番組『ミュージックステーション』を、音楽ブロガー・レジーが定点観測する連載コラム「月刊 レジーのMステ定点観測」。

1月のMステは18日の2時間スペシャル1回のみ。ちなみに昨年12月も21日のスーパーライブのみ、しかも次回2月1日のMステは「テレビ朝日開局60周年 3時間SP」で“テレビ朝日に眠る60年分の貴重映像を大公開!”だそうです。つまり通常放送、1時間でいろいろなアーティストが出演するというMステの基本形が2ヵ月以上放送されないということになります。

“毎週生放送でアーティストのパフォーマンスを見ることができる”という“日常的な音楽の楽しみ”を提供してくれるのがMステの重要な存在意義だと思っているのですが、やたらと“スペシャル”にこだわっている感じになっているのは気になりますね……。

というわけで、今年のMステは大丈夫かしら? という若干の不安を感じつつも、1月に1回のみ放送された番組の様子をチェックしていきたいと思います。

 

Mステでカラオケ特集、あり? なし?

この日のMステのメイン企画は「No.1曲すべて見せます 平成カラオケランキング」。通信カラオケが登場した1992年から今に至るまでのカラオケの歴史(採点機能の進化など)を振り返りつつ、各年のカラオケランキングを紹介するというもの。

時代の雰囲気が伝わる面白い企画とも言えますし、「なんでこれをたくさんのアーティストが集まって見てるの?」という疑問も残ります。この辺はその人がMステに求めるものによって意見が分かれそうです(個人的にはいろいろ勉強になる部分もあったものの、「Mステは音楽情報番組ではない」と思ってるのでピンときませんでした)。

この企画に合わせていくつかのアーティストもパフォーマンスを披露。ニューアルバムのリリースに合わせて来日したバックストリート・ボーイズは、平成の洋楽カラオケランキング4位にランクインした「I Want It That Way」をパフォーマンス。海外の歌ではありますが、J-POPのヒット曲と同等の懐かしさを感じさせてくれて、この曲が本当に売れた曲なんだなというのを改めて実感しました。

また、カラオケランキング51週連続1位という驚異的な記録を残したゴールデンボンバー「女々しくて」をLittle Glee Monsterがカバー。

グループのコーラスワークとパワフルな歌唱力を生かしたアレンジになっていましたが、カラオケで盛り上がるこの曲の良さを伝えるならもっと弾けたパフォーマンスのほうがはまったかなという気も(歌唱直前に鬼龍院 翔の「下手でも良い、勢いですから」「盛り上げるほうにベクトルを傾ければこの曲は良い働きをする」というコメントが紹介されていただけになおさら……)。

さらに、1992年から2018年において各年のトップ10へのランクイン回数が最も多い「ハナミズキ」を一青窈本人が披露。リリース当時よりも柔らかい表情としなやかな動きで歌う姿にアーティストとして積み重ねてきたキャリアを感じました。

あっという間に“常連”のDA PUMP

年末のスーパーライブに引き続き出演したDA PUMPが披露したのが新曲の「桜」。“世界初解禁”という煽りが入るなど、この日の目玉としての扱いでした。昨年は「U.S.A.」で3度Mステに出演して初期の楽曲も一緒にパフォーマンスした彼らですが、それより前の登場は1997年に遡ります。ずいぶんと間が空きましたが、ここから番組の常連アーティストとなっていくのでしょうか。

「桜」は「U.S.A.」とは一転して「if…」のようなメロウな雰囲気のナンバーですが、「U.S.A.」の“どっちかの夜は昼間”にも負けない“生涯ファビュラス” “桜ファビュラス”というインパクトのあるフレーズは引き続き健在。

また、そんな“ネタ的な消費”ができる歌詞ということにとどまらず、90年代におけるブレイクを経て長きにわたって苦しい時代を送ることになったグループの歴史や、DA PUMPという看板を守ってきたISSAと他のメンバーの関係性など、様々なストーリーが読み込めるものになっているのも注目ポイントです。

誰もが予想しない形で2018年の台風の目になったDA PUMPが今年もその勢いを持続するのか、それとも「U.S.A.」が「あーあったよねそういうの」という瞬間最大風速として記憶されることになるのか。継続してウォッチしていきたいと思います。

冒頭に触れたとおり、次回のMステは2月1日の3時間スペシャル。衝撃の活動休止発表を1月27日に行った嵐が何を語るか楽しみです。それでは来月もよろしくお願いします!

TEXT BY レジー(音楽ブロガー/ライター)

 

【2019年1月18日放送分「MUSIC STATION 2時間SP」出演アーティスト】
Little Glee Monster「恋を焦らず」
V6「Super Powers」
DEAN FUJIOKA「Maybe Tomorrow」
一青窈「ハナミズキ」
Little Glee Monster「女々しくて」
バックストリート・ボーイズ「Don’t Go Breaking My Heart」「I Want It That Way」
DA PUMP「桜」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人