“バブリーダンス”の伊原六花、今夜21時より初めてのLINE LIVE&インスタLIVE同時生配信

■伊原六花、大沢伸一プロデュースのデビュー曲「Wingbeats」を本日配信リリース!

総勢24名が屋上でフラッグダンスを踊る圧巻の映像のセンチュリー21のCMソングとして話題の伊原六花のデビュー曲「Wingbeats」が、本日1月30日に配信リリースされた。

伊原六花は、“バブリーダンス”で話題となった登見丘高校ダンス部の元キャプテン。高校卒業後芸能界デビューし、タレントや女優として活躍、昨年よりセンチュリー21 ガールに抜擢され、このたび新 CM「新時代の旗揚げ」篇のCMソングを歌い、歌手デビューを果たした。

楽曲は、MONDO GROSSOとして活動する一方で、多くのアーティストに楽曲提供を行い、多数のヒット作を手がける音楽家、DJ、プロデューサーの大沢伸一がプロデュースを担当。壮大なダンストラックと透明感のある彼女の歌声がマッチした、期待感溢れるポジティブな楽曲となった。

そして、伊原六花の“歌手デビュー” を記念して、「Wingbeats」の配信リリース日となる本日1月30日21時より、“LINE LIVE&インスタLIVE”を同時中継することが決定! こちらも初の挑戦となる。

伊原六花 コメント
ダンスはずっとやってきましたが、フラッグを使ったダンスをするのは初めてで、身体を使う場所や振りの魅せ方が全然違ったので、難しかったです。
当日は、風の向きなどで思うように旗が動かないこともあり、皆さんと振りをあわせるのも難しい部分もありましたが、振付の金澤さんや、周りのダンサーさんと楽しみながら、踊ることができました。
ダンスも歌も、感情を伝えられる、という点では同じで、緊張して思うようにいかないこともありましたが、やっぱりどっちも好きですし、今回新しい挑戦ができてうれしかったです。


リリース情報

2019.01.30 ON SALE
DIGITAL SINGLE「Wingbeats」


avex公式LINEアカウント
http://bit.ly/2xmWa95

センチュリー21公式サイト
https://www.century21.jp/

伊原六花 OFFICIAL Instagram(@rikka.ihara.official)
https://www.instagram.com/rikka.ihara.official/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人