EXILEのTAKAHIROが、記憶を失った凄腕の漁師に! 単独初主演映画『僕に、会いたかった』特報映像&場面写真解禁

■「心温まる素晴らしい作品が出来上がったと思います」(EXILE TAKAHIRO)

EXILEのメインボーカル、TAKAHIROが単独初主演を務める映画『僕に、会いたかった』が5月10日全国ロードショー。このたび、特報と場面写真が解禁された。

本作は、島で一、二を争う凄腕の漁師の主人公・池田徹(TAKAHIRO)が、とある事故をきっかけに記憶を失い、島の人々の優しさに触れるうちに、新しい自分を見つけ出していく、家族の絆と再生を描く感動の物語。

TAKAHIRO演じる主人公・徹を献身的に支える母親役には、NHK連続テレビ小説『まんぷく』での好演も話題の女優・松坂慶子。主人公・徹に寄り添う心優しい医師役には、数々の作品に出演する名バイプレイヤー小市慢太郎、“島留学”で島にやってくる学生役には、ドラマ『コウノドリ』や『駐在刑事』に出演し、その演技力の高さが話題を集めた注目の若手女優・山口まゆ、そして、映画『ソロモンの偽証 前編・後編』や『響-HIBIKI-』などの話題の映画に出演し、本年度大注目の若手俳優・板垣瑞生らフレッシュなキャストが参加。壮大なロケーションで魅せる、心あたたまる感動の人間ドラマが完成した。

特報映像では、無精髭に漁師服姿のTAKAHIROが、記憶を失い12年間の“空白の時間”に戸惑い、記憶を取り戻すためにもがきながらも懸命に生きようとする主人公・徹を熱演。息子・徹をいちばん近くで献身的に支える母(松坂慶子)や、優しさ溢れる島の人々との交流を通して、徹は“失った記憶”を取り戻せるのか? 島根県隠岐島を舞台に、自然溢れる壮大なロケーションで描く、人と人との絆やぬくもりを強く感じさせる特報となっている。

本作を手がけたのは、フランス最大の日本映画の祭典『KINOTAYO映画祭2010』でグランプリ金の太陽賞を受賞した、中井貴一主演の『RAILWAYS-49歳で電車の運転士になった男の物語-』(2010年)や、モントリオール世界映画祭ワールド・コンペティション部門で最優秀芸術賞を受賞した『たたら侍』など、島根県隠岐の島を舞台にした作品を多く手がける、錦織良成監督。

さらに、『HiGH&LOW』シリーズをはじめ、数々の映像作品、舞台作品に出演し、映画『jam』(2018年)ではアソシエイトプロデューサーも務めた劇団EXILE所属の秋山真太郎が、プロデューサー兼共同脚本として参加する。

TAKAHIRO コメント
初めての隠岐の島での撮影。豊かな自然に囲まれ、素敵なキャスト、スタッフの皆さんと共に、非常に思い出深い撮影期間を過ごせました。大変なシーンもありましたが、地元の皆さんの多大なご協力のもと、心温まる素晴らしい作品が出来上がったと思います。


映画情報

『僕に、会いたかった』
5月10日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
出演:TAKAHIRO /山口まゆ 柴田杏花 板垣瑞生 浦上晟周 小野花梨/宮本裕子 吉野由志子 川村沙也 斉藤洋一郎 清水 宏 山下容莉枝/秋山真太郎 黒川芽以
小市慢太郎 /松坂慶子
監督:錦織良成
エグゼクティヴ・プロデューサー:EXILE HIRO
脚本:錦織良成 秋山真太郎
配給:LDH PICTURES
(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会


EXILE OFFICIAL WEBSITE
https://exile.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人