AKIRA、北原白秋が生まれ育った街・柳川を訪問!「この景色の中で歌が生まれたんだなとしみじみと感じました」

■AKIRA(EXILE / EXILE THE SECOND)、映画『この道』で共演の小島藤子と川下りを満喫!北原白秋の生家訪問や柳川市長らとの対談も

稀代の天才詩人・北原白秋の波乱に満ちた半生と、秀才音楽家・山田耕筰との友情を描いた映画『この道』が大ヒット上映中。

同作で山田耕筰を演じたAKIRA(EXILE / EXILE THE SECOND)と新聞記者役の小島藤子が昨日1月25日、映画の公開を記念して北原白秋が生まれ育った街・福岡県柳川市を訪れた。

この日はちょうど白秋誕生祭が開催されており、街全体が盛り上がる中、ふたりは白秋生家訪問や川下り、柳川市長らとの対談、上映会舞台挨拶を行った。

AKIRAと小島は、まずは北原白秋の著書や遺品、貴重な文化財が展示されている北原白秋生家・記念館へ。記念館館長に解説を受けながら、白秋と耕筰ゆかりの展示物などを熱心に見学し、館内の白秋の写真や白秋の幼少期の勉強部屋で写真撮影も行った。

また、札幌時計台をスタートし柳川市まで、ゆかりの地をラッピングトラックが走り、映画と柳川市のPRを行った「この道は夢の道キャラバン」にて、各地より募ったメッセージ「夢の書」の贈呈式が行われた。贈呈式では、キャラバンのナビゲーターを務める柳川出身のタレント・黒滝サクから、AKIRAと小島に「夢の書」が入った「この道は夢の入口ポスト」が手渡され、ふたりはポストにサインした。このポストは白秋記念館に展示される。

続いてふたりは水郷・柳川の代名詞ともいえる、どんこ舟で巡る風情ある川下りを体験。地元の人たちの大歓声の中、船頭が吹く笛の音の「この道」とともにゆっくりと川を下り、柳川風情を満喫した。

川下りの後は、柳川藩立花家14代当主の書斎だった部屋、「御花」の「鈴の間」で金子健次 柳川市長、藤田浩展 西鉄上席執行役員と対談を行った。柳川市長はAKIRAたちの今回の訪問を「大変な賑わいで、大いに柳川を発信できてAKIRAさまさまです」と喜び、AKIRAは「舟に乗っているとき、柳川が古里の方が羨ましいと思いました。白秋さんが歌を作るほどに、とても素敵なところで、記憶に残るところだと感じました」、小島は「今日来たばかりでまだ少ししかいないけれど、懐かしい感じがします」とそれぞれ柳川の印象をコメント。対談の後は、柳川伝統のつるし雛・さげもんの鞠がAKIRAと小島に贈呈された。

その後、AKIRAと小島は、柳川総合保健福祉センター「水の郷」で行われた舞台挨拶付き特別上映会に出席。売り出しと同時に即完売したプレミアムチケットだけに、会場は熱気に包まれ、AKIRAと小島が登壇すると大きな歓声が上がった。

AKIRAは「この柳川の景色の中で歌が生まれたんだなとしみじみと感じました」、小島は「さっき舟の乗っていたときにAKIRAさんコールがすごくて。私までEXILEの気分を味わえました。温かく迎えていただきうれしいです」と挨拶した。

ここで白秋を演じた大森南朋より、ふたりと会場の観客へビデオメッセージが。

「無邪気にかわらしく自分が思う白秋さんを演じました。実在した方でご家族もご覧になるかと思うので、失礼にならないようにと、あまり悪ふざけがすぎないようにと気を付けましたね(笑)。演じる前に柳川を訪れて、景色を見たり白秋さんの生い立ちを感じたりしました。そのことが少しでもこの映画に役立てばと思いました」という大森のメッセージを観たAKIRAは「先ほど北原白秋記念館に行きましたが、白秋さんの写真が大森さんにしか見えなかったですね(笑)。愛嬌のある雰囲気がぴったりだなと思いました」、小島は「大森さんは私よりずっとお兄さんなのですが、茶目っ気があって本当に素敵だなと思いました」と白秋と大森の共通点について言及した。

また、60代の耕筰を演じるにあたっての特殊メイクについてAKIRAは「ハリウッド級の特殊メイクでしたので、表情を出す芝居のシーンは難しかったのですが、素晴らしいメイクをしていただき、自分が60代になったらあんな感じなのかなと思いました(笑)。あと体の動きや声のトーンなど少しずつ衰えた感じに作り上げました。EXILEのライブと並行して撮影が行われたのですが、すごくアグレッシブなダンスをやっているので動作にキレが出てしまって。そこを押えながら演じるのが大変でしたが、なんとかおじいちゃん役をまっとうしました(笑)」と撮影エピソードを披露。

そんな60代の耕筰となったAKIRAと共演した感想を小島は「いつものイメージのAKIRAさんじゃなかったですね。たたずまいとか細かくお芝居されていて、本当にご年配の方に見えたので、すごくやりやすかったです」と明かした。

マスコミのフォトセッション後には、今回は特別な日ということで観客の撮影もOKに。大盛り上がりの撮影タイムとなった。

そして最後に小島は「温かくアットホームな雰囲気で、人も含め本当に素敵な場所なんだなと、今日来ることができてよかったです」、AKIRAは「最近日本映画は若い方向けのものが多く、幅広い世代の方が楽しめるものが少ないと思っていましたが、そんななかで『この道』はご年配の方や幅広い世代の方々が劇場に来てくださり本当にありがたいです。童謡100周年ということもありますし、今後も童謡と共に『この道』を語り継いでいただけたらうれしいです」とそれぞれ挨拶し、白秋生誕の地・柳川での舞台挨拶を締めくくった。

映画『この道』は、大ヒット公開中。


映画情報

『この道』
大ヒット上映中

監督:佐々部清(『陽はまた昇る』『半落ち』『八重子のハミング』)
脚本:坂口理子(『マッサン』『かぐや姫の物語』『メアリと魔女の花』)
出演:大森南朋、AKIRA ・ 貫地谷しほり、松本若菜 ・ 柳沢慎吾、羽田美智子、松重豊
配給:HIGH BROW CINEMA
(C)映画「この道」製作委員会


映画『この道』作品サイト
https://konomichi-movie.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人