稲垣吾郎、“これからの人生”を語る。「新しいものを得るときには、何かを失わないといけない瞬間があるかもしれない」

■「(「新しい地図」としての再スタートについて)こういう変化はあって当然だと思うし、そこに今までの経験を生かせばいい。僕はそうあっけらかんと考えています」(稲垣吾郎)

1月28日発売の週刊誌『AERA』2月4日号に、まもなく公開となる映画『半世界』に主演した稲垣吾郎が登場。

表紙、コラム「表紙の人」のほか、「新しい地図」として活動を再開してからのことや「これからの人生」を語るインタビューも掲載される。表紙、インタビューページともに撮影は同誌表紙フォトグラファーの蜷川実花が担当した。

2017年に「新しい地図」のひとりとして再出発した稲垣吾郎。2月15日公開の映画『半世界』に主演。人生の折り返し地点に到達した3人の男たちの友情を描く物語の中で、「炭焼き職人」を演じている。スクリーンの中にいるのは、武骨で男臭い中年男。これまでのオシャレな「吾郎ちゃん」の姿はない。

インタビューでは、

「新しいスタートを切る、役者としての1発目の作品としては、今までやったことのない役柄はピッタリで、またとない良い機会でした」
「僕も44歳(撮影時)になって、カッコいいヒーローのようなキャラクターではなく、こういう作品もできるようになった」

とコメント。

また、「新しい地図」として再スタートを切ったことについては、

「新しいものを得るときには、何かを失わないといけない瞬間があるかもしれない。そうやって人生は変わっていくものではないでしょうか」
「こういう変化はあって当然だと思うし、そこに今までの経験を生かせばいい。僕はそうあっけらかんと考えています」

と話し、あくまでも前向きだ。自身の境遇を「恵まれている」と言い、今年の抱負についても語っている。

この号の巻頭特集は、「他人の視線がストレス」。他人の目を見て話せない、他人に見られるのもイヤ、という現代人の心理を分析し、「視線耐性」の高め方についてもレポートしている。


書籍情報

『AERA(アエラ)2019年2/4号』
表紙:稲垣吾郎
定価:390円(税込)
発売日:2019年1月28日(月)
出版社: 朝日新聞出版


映画情報

『半世界』
2月15日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開
脚本・監督:阪本順治
出演:稲垣吾郎 長谷川博己 池脇千鶴 渋川清彦 ほか
製作・配給:キノフィルムズ


リリース情報

2018.12.21 ON SALE
稲垣吾郎
DIGITAL SINGLE「SUZUNARI」


番組情報

Amazon Prime Video『東京BTH ~TOKYO BLOOD TYPE HOUSE~』
配信開始日:2018年12月7日(金)
話数:10話(全10話一挙配信)
出演:稲垣吾郎、要潤、勝地涼
企画:工藤浩之、鈴木おさむ
総合演出:工藤浩之
監督:中村太洸、頃安祐良
脚本:鈴木おさむ、オークラ、吉井三奈子、山田能龍、竹村武司、福田卓也
制作:株式会社ケイマックス
(C)2018東京BTH製作委員会


映画『半世界』作品サイト
http://hansekai.jp/

稲垣吾郎 OFFICIAL Twitter(@ingkgrofficial)
https://twitter.com/ingkgrofficial

新しい地図 OFFICIAL WEBSITE
https://atarashiichizu.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人