三月のパンタシア、ニューアルバム『ガールズブルー・ハッピーサッド』の収録曲&アートワーク公開

■三月のパンタシア、みあ書き下ろし小説などが付いた“ガールズブルー・ハッピーサッド盤”もリリース!

三月のパンタシアがニューアルバム『ガールズブルー・ハッピーサッド』(3月13日発売)の収録曲およびアートワークを公開した。

青春期の甘く切ない感覚を凝縮した今作。ジャケットはイラストレーターのダイスケリチャードが担当し、気怠そうな雰囲気の漂う、みあ(vo)を魅力的に描き下ろした。

アルバム全収録曲の情報も解禁。「青春なんていらないわ」「街路、ライトの灯りだけ」の作詞・作曲・編曲で注目を高めたn-bunaをはじめ、三月のパンタシアの作品には欠かせない40mP、buzzG、すこっぷ、ゆうゆが参加しているほか、アルバムリード曲「三月がずっと続けばいい」と、「パステルレイン」の2曲で堀江晶太(PENGUIN RESEARCH)が参加。作家陣からのコメントも到着した。

本作は、CDのみの通常盤とミュージックビデオとリリックビデオを収めたBlu-rayが付属するのガールズブルー・ハッピーサッド盤(初回生産限定盤)の2形態。スペシャルパッケージ仕様となるガールズブルー・ハッピーサッド盤には、楽曲の世界観を表現したイラストカード(10枚)やCDに収録される新曲(8曲)の原案となった、みあによる書き下ろし小説が同梱。楽曲・イラスト・小説、様々な角度から楽しめる豪華な内容となる。

「音楽×小説×イラスト」を連動させた三月のパンタシアの真骨頂ともいえる『ガールズブルー・ハッピーサッド』。要チェックだ。

■ダイスケリチャード コメント
アルバム発売、おめでとうございます。めでたい~。
去年末から今年の頭はこのアルバムのイラスト作業を延々としていたので、クリスマスもお正月も三パシと共にありました。
パシスマスとパシょうがつですね。
改めて歌が持つ魅力、世界観を少しでも引き立てることができていますと、うれしい限りです。

■みあ コメント
「東京」
「東京」。夢を追う人が集まる場所だなぁと思います。私も、そうやって田舎から上京してきた者のひとり。
楽しいこともたくさんあるけれど、そればっかりじゃない。どうしようもなく涙が止まらなくなる夜もある。それでも、もう少しこの街で頑張ってみたい、という女の子の物語を歌詞にしました。そんな淡く青い感情が届けられたらうれしいです。

■堀江晶太 コメント
「三月がずっと続けばいい」
なにかと別れがちな季節、どうしようもなく切ない心情こそポップに、と心がけて書きました。
本当に言いたいこと、本当は言いたくないけど言わなくちゃいけないこと、どっちにも光を当てたような曲です。

「パステルレイン」
三月のパンタシアがはじまった頃、コンセプトアートのような感覚で書いていた曲です。数年越しに形になりましたが、今のみあさんに歌ってもらえてよかったなと思っています。

■buzzG コメント
「ソーダアイス」
みあさんのストーリーからヒントをいただきまして、夏の終わりを書きました。
夏と秋の境界線で揺れ動く、ありふれた日常の中にある別れを描いた歌です。

■すこっぷ コメント
「ビタースイート」
みあさんの書いた物語を読んでみて最初に思った「依存」というものをテーマに作りました。
いけないことだとわかっていても抜け出すことのできない、苦さと甘さに挟まれた恋の歌です。
気に入ってもらえたらうれしいです。

■40mP コメント
「ラフスケッチ」
みあさんからいただいたストーリーは情景がはっきりと目に浮かぶものだったので、そのイメージをそのまま歌詞に起こしていきました。
ゆったりめのバラードは個人的にすごく好きなのですが、普段あまり制作する機会がなかったので作編曲の作業もとても楽しかったです!

■ゆうゆ コメント
「東京」
「こういうストーリーで、こんな方向性の曲で……」と、みあさんからいただいたオーダーは漠然としながらも“東京”に対する希望と絶望がありありと描かれたものでした。
渇ききってしまわないよう日々の自分と大切なものを照らし合わせながら、ゆっくりと、けれど確かに歩いていく――。そんな等身大の歌になっていると思われます。


リリース情報

2019.03.13 ON SALE
ALBUM『ガールズブルー・ハッピーサッド』


アルバム詳細はこちら
http://www.phantasia.jp/news/archive/?503215

三月のパンタシア OFFICIAL WEBSITE
http://www.phantasia.jp


[ガールズブルー・ハッピーサッド盤(初回生産限定盤)/CD+BD]

[通常盤/CD]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人