その“中毒性”に、虜になるリスナーが続出! 京都出身の姉妹によるピアノ連弾ユニット、Kitri(キトリ)が新MVを公開

■Kitri、メジャーデビュー作となる1st EP『Primo』を本日1月23日リリース!

ピアノ連弾ボーカルユニット、Kitriのメジャーデビュー作となる1st EP『Primo』が本日1月23日にCDリリース、ならびにハイレゾを含むダウンロード配信がスタートした。

それに伴い、「Primo」に収録されている「細胞のダンス」のミュージックビデオがあらたに公開。疾走感のあるピアノ連弾曲となっており、Kitriならではの熱のこもったピアノパフォーマンスが注目の映像となっている。

京都出身の姉妹によるピアノ連弾ユニット、Kitri(キトリ)。姉のモナは作詞作曲、ボーカル、ピアノはSecondo(低音パート)を担当。妹のヒナは、ピアノとコーラス、ピアノはPrimo(高音パート)を担当、そのほか、ギター、パーカッションも担当している。

サウンドプロデュースは、ふたりが尊敬する大橋トリオ。リードトラックである「羅針鳥」ではシンガーソングライターであり大橋トリオのドラマーでもある神谷洵平(赤い靴)が編曲で参加。そしてMETAFIVEのメンバーで、YMOのサポートメンバーでもあるゴンドウトモヒコがユーフォニアム、フリューゲルホルンで参加しているほか、ベースは大橋自らが担当している。

先行公開された「羅針鳥」ミュージックビデオのYouTubeページ上には、ラジオで曲を耳にした人々が集い、

「良い意味で裏切られて、鳥肌が収まりません!」
「ヤバいこの曲・・・メッチャ中毒性がある!」

などと“鳥肌”や“中毒性”というキーワードでその独創的なサウンドを巡って、SNSの口コミで話題になっている。

また、Kitriの初ワンマンツアー『Kitri Debut Live Tour 2018「キトリの音楽会#1」』が1月25日の大阪を皮切りにスタート。2019年注目の姉妹ユニット、Kitriのライブを体験できる貴重な機会となる。


リリース情報

2019.01.23 ON SALE
EP『Primo』


ライブ情報

Kitri Debut Live Tour 2018「キトリの音楽会#1」
01/25日(金) 大阪・Soap opera classics-Umeda-
02/01日(金) 東京・JZ Brat SOUND OF TOKYO
02/02日(土) 福岡・ROOMS
02/03日(日) 熊本・tsukimi(ツキミ)


配信URL
https://nippon-columbia.lnk.to/Z4FKQ

日本コロムビア 特設サイト
https://columbia.jp/kitri/

Kitri OFFICIAL WEBSITE
http://www.kitriofficial.com


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人