人気絶頂の俳優が、なぜ音楽活動をするのか。菅田将暉、『GQ JAPAN』最新号のカバーストーリーに登場

■“演じること”と“歌うこと”。菅田将暉が、ふたつの表現について激白!

『GQ JAPAN』最新号(1月25日発売)にて、俳優業に留まらず、音楽アーティストとしても注目を集める菅田将暉が表紙とカバーストーリーに登場。人気絶頂の俳優が、なぜ音楽活動をするのか。演じることと、歌うこと。彼にとってのふたつの表現について話を訊く。

また、特集「音楽生活」では、藤原ヒロシ、ホールジー、水原佑果、KANDYTOWNらが登場し、デジタルからアナログまで、それぞれのミュージックライフに迫る。

そのほか、田中圭、DA PUMP、浅田真央らが登場した『GQ MEN OF THE YEAR 2018』の授賞式レポートなどを掲載する。

【COVER STORY】演じることと、歌うこと、ロックの華を咲かせる役者・菅田将暉
俳優として驀進中の菅田将暉はいま、音楽にアツい。ドラマから映画、CMにいたるまで、人気うなぎのぼりの俳優が、なぜ音楽をやるのか、その理由に迫る。また、画家・下田昌克による描き下ろし作品を前に、2019年春夏の最新ファッションを身にまとい、“華を咲かせる”菅田将暉のファッションシューティングにも注目だ。

【特集】MUSIC LIFE 音楽生活 ―アナログとデジタルの交わるところに僕たちのミュージック・ライフがある―
水原佑果とKANDYTOWNがカセットテープやアナログレコード、オーディオ機器といったアナログ音楽のショップを巡る「音楽散歩」や、藤原ヒロシをはじめ「良い音を追求する」3人の達人が紹介する「音楽ツール」、けみお、小宮山雄飛、栗野宏文、宇川直宏、RIRI、湯山玲子ら6人のミュージックラバーが語る「14歳のときに聴いていた音楽」など、ミレニアル世代のミュージシャンから、ベテランの音楽ラバーまで、それぞれの「MUSIC LIFE」に迫る。

【GQ SPECIAL】『GQ MEN OF THE YEAR 2018』2018年の男たち
『GQ MEN OF THE YEAR 2018』の受賞者たちが2018年11月21日、東京・港区の「東京アメリカンクラブ」に集結した。700名を超える招待客が詰めかけた授賞式で、「2018年の男たち」は何を語ったか?

そのほか、『GQ JAPAN』2019年3月号は以下のとおり。

・The MAN OF THE MONTH 林 遣都、三島作品に挑む!
・IT GIRL 女優「吉田志織」が眩しくなるか
・THE FOOD 深酒のシメは餃子で決まりでしょ!
・GQ SPORTS ラグビーW杯の年が開けた!
ほか

Photographed by Yoshie Tominaga (C) 2019 CONDE NAST JAPAN. All rights reserved.(※菅田将暉写真)
Photographed by Packy Chong (C) 2019 CONDE NAST JAPAN. All rights reserved.(※水原佑果&KANDYTOWN写真)


雑誌情報

『GQ JAPAN』2019年3月号
発売日:1月25日(金)
出版社:プレジデント社


『GQ JAPAN』OFFICIAL WEBSITE
https://gqjapan.jp


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人