石井裕也監督最新作『町田くんの世界』に、岩田剛典、高畑充希、前田敦子ら豪華キャストが集結

■主人公ふたりに、演技経験ほぼゼロの超新人を大抜擢! 映画『町田くんの世界』は、6月7日全国公開!

安藤ゆきによる第20回手塚治虫文化賞新生賞(手塚の“塚”は旧字体)受賞作『町田くんの世界』を、『舟を編む』で日本アカデミー賞を受賞した石井裕也を監督に迎え映画化。ワーナー・ブラザース映画配給にて、6月7日全国公開されることが決定した。

本作のメガホンを取るのは、日本アカデミー賞受賞監督・石井裕也(35歳)。2009年の商業デビュー作『川の底からこんにちは』では、第53回ブルーリボン賞監督賞を史上最年少で受賞。2013年公開の三浦しをんによるベストセラーを映画化した『舟を編む』では、第37回日本アカデミー賞で最優秀作品賞、最優秀監督賞をW受賞する快挙を達成し、第86回アカデミー賞外国語映画部門の日本代表作品にも選出されるなど各映画賞を総なめ。手掛けてきたほぼすべての作品が、海外の国際映画祭への招待や、数々の賞を受賞するなど、国内だけでなく海外にも多くのファンを持つ、今、最も新作が期待される若手実力派監督だ。

玄武書房の辞書編集部に配属された主人公がその特殊な才能を生かし、訳あり編集部員たちと協力しながら新辞書「大渡海」を編纂する姿をユーモラスに描く『舟を編む』に代表されるように、石井監督がデビュー作からこれまで手掛けてきたのは、ごく普通の生活を生きる人間たちや家族。

そして石井監督が最新作の題材に選んだのは、別冊マーガレットで2015年から2018年まで連載されていた漫画『町田くんの世界』。今回、自身初となる漫画原作、しかも昨今続く少女漫画原作の映画化という、自身も“例外的”と語るほど、これまでの監督のイメージとは一線を画するジャンルへのチャレンジとなる。

今まで人間をおかしくも、その本質を描いてきた監督が、新ジャンルでどのようなドラマを私たちに見せてくれるのか。平成の時代が終わり、新たな時代に公開となる本作では、今回様々なあらたな試みに挑戦している。

■1,000人を超えるオーディションから、超新人を主演に大抜擢
これまで実力のある様々な俳優たちと組んできた石井裕也監督。主演にスター俳優を置くことが常識とされている中、今回あらたな試みとして、1,000人を超える一大オーディションを実施、すべてのオーディションに立会い、監督自らが主演を選考した。その中からなんと演技経験ほぼゼロの超新人、細田佳央太、関水渚のふたりを大抜擢! 細田が町田一役を、関水が猪原奈々役を演じる。

思いもよらない間とかリズムとか反応といった、偶発的な面白さが超新人抜擢にあると語る石井監督は、細田を「ひとりだけ異彩を放っていて、理屈でも経験でもない、作品に人生を捧げられる人だと感じました。この人と組めば間違いないと、16歳に思わせられました」とコメント。一方、関水は、「演技経験もテクニックも何もないはずなのに、不思議な魅力というか華やかさというか、とてつもない伸びしろを感じ、彼女に賭けてみようと思いました」と北島プロデューサーが選考理由を明かしている。

■石井裕也監督のもと、全員主役級の超豪華キャストが集結!
石井裕也監督のあらたなチャレンジに呼応するように、奇跡的なキャスティングが本作で実現。脇を固めるのは、これまで石井組に参加経験のある役者だけでなく、初めて参加する最高のキャストが勢揃いした。町田くんの同級生に氷室雄役の岩田剛典、高嶋さくら役の高畑充希、栄りら役の前田敦子、西野亮太役の太賀。町田くんの世界に関わるキャラクターに吉高洋平役の池松壮亮、吉高葵役の戸田恵梨香、日野役の佐藤浩市。町田くんの両親に町田あゆた役の北村有起哉、町田百香役の松嶋菜々子ら、若手からベテランまでの全員主役級の実力派超豪華キャストが集結した。

石井監督は今回のキャスティングに関して、新人ふたりがどうすれば輝きを放つことができるのか考えた結果、実力派俳優陣を起用することだったとのこと。

真夏の2018年7月1日にクランクイン。撮影は約1ヵ月半に渡って行われ、最高のキャストたちによる化学反応に石井監督は「最高のキャストたちそれぞれの相乗効果で、その熱が撮影現場にもどんどん伝わっていく様子を感じた。ほかの現場ではなかなか見られないくらいの面白さがありました」と語っている。

平成の時代が終わり、あらたな時代に公開となる本作では、石井監督は様々なあらたな試みに挑戦。監督自身も初となる少女漫画原作に挑み、撮影ではデジタル全盛の時代に逆行する35mmフィルムで全編を撮影、キャスティングにおいても、超豪華キャストが出演している中で、超新人の2人を主演に迎えるなど、常識にとらわれない手法を取り入れている。石井裕也監督のキャリア集大成となる本作で、新時代にふさわしく、今までの邦画の概念をぶっ壊す!

■細田佳央太(町田一)コメント
(出演が決まったときは)いちばん最初にうれしいっていう気持ちがあって、でもその中でもすぐ「やっていけるのかな」っていう心配や不安だったり、緊張もありました。本当にいろんな感情が混ざった状態で、でもその中でもやっぱりうれしさとか、撮影これから楽しみだなっていうのが自分の中で強かったです。本当にあっという間の1ヵ月間でしたけど、自分の中で楽しいことの連続で、体力的にきつくても、お芝居がこんなにも楽しいなんて、という気持ちでした。そして、監督、スタッフの皆さんにご指導を頂いて、僕は何とか町田くんになれたのかなと思っています。この映画に出演させていただき、この作品のチームの一員になれて、すごく幸せでした。この作品がたくさんの人に届いてほしいなと思います。

■関水渚(猪原奈々)コメント
出演が決まった実感が湧かなかったんですけど、その後からだんだんこんなに自分が大きい役をやらせていただくんだと考えると、ずっと緊張していて。もちろんすごくうれしかったんですけど、同じくらい大丈夫かなっていう不安がすごく大きかったですね。この役をやらせていただけたことに本当に感謝しています。今まで生きてきた中でいいちばん悩み、いちばん苦しみました。でも、そういうことがあったからこそ、今まででいちばん充実していて楽しくて幸せでした。

■岩田剛典(氷室雄)コメント
前回、短編映画『ファンキー』でご一緒させていただきまして、次はがっつり長編でやろうっていう風にお話をしてくださっていたので、監督から直接のオファーでしたのですごくうれしい気持ちでした。まあでも作品のプロットを読ませていただいたときに、え、石井さんが少女漫画原作やるの? みたいな驚きがいちばん最初に来て、いやどうなるんだろうというか、石井さんテイストのその作風っていうものがあんまりこう漫画の世界感とマッチする印象がなかったので、第一印象、どうなるんだろうっていうところで衣装合わせとか撮影に入っていきました。現場に入っても、現場が終わっても、どういう仕上がりになるのかさっぱり想像がつかなかったです。

■高畑充希(高嶋さくら)コメント
脚本を頂いて読んで、なんだこの面白い脚本は! と思い、何回も読みました。久々に石井組に参加できてすごく楽しかったです。26歳にもなって(※撮影当時)、制服を着て高校生活ができたのもうれしかったし、主演の2人といろんな話をしながら、彼らのピュアな美しさを近くでずっと見てられることに、とてもドキドキしました。

■前田敦子(栄りら)コメント
石井監督の演出はおもしろかったですし、楽しかった。なんか、いきなり土足で入ってきてくれる感がみんな多分クセになるんだろうなって思いますね。すごく普通の青春なんですけど、でも今って、すぐにくっついちゃったりとかするじゃないですか。それがなかなかくっつかない、それが普通でかわいいなって思いました。

■太賀(西野亮太)コメント
映画での石井組の参加は念願でした。これまでもご縁はありましたが、ようやく映画に出れるんだっていうことが、すごくうれしかったです。脚本はあまりにも面白くて、読み終えたら興奮して熱くなっていました。現場での監督の演出も痺れることの連続でした。改めて「青春」を体現すること、それは痛いし辛いし全然甘くない。でも監督を信じて、とにかく食らいついていく気持ちで臨みました。ほんの数日間の撮影でしたが、終わってみたら忘れられない夏になっていました。この作品の純真さは、必ず見る人の胸を打つと思います。

■池松壮亮(吉高洋平)コメント
(脚本を読んで)とにかく素晴らしかったです。今まで石井さんは何本も映画を作られてきましたけども、いろいろなテーマがありつつ、さらに研ぎ澄まされたものを感じました。

■戸田恵梨香(吉高葵)コメント
(撮影を終えて)とにかく石井さんが楽しそうだったので、すごくうれしかったですし、石井さんの柔らかさが現場の空気になっていて、とても居心地が良かったです。

■佐藤浩市(日野)コメント
石井監督の作品は久しぶりでしたが、楽しく、久々にフィルムで撮っている感じがうれしかった。演じている側にはそんなに関係ないことかもしれないけども、我々は昔から体感してきたので、やっぱりフィルムがまわっているのはうれしかったですね。

■北村有起哉(町田あゆた)コメント
(脚本を読んで)先ず面白かったですね。読んだことのない世界観で、それを石井監督がメガホンを取る、何より主役の2人が新人で、オーディションで選ばれたということで、相当フレッシュですごいまっすぐなエネルギーな映画になるだろうなと思いましたし、普通に僕も観てみたい映画になりました。

■松嶋菜々子(町田百香)コメント
初めて脚本を読んだとき、それぞれに愛がありました。ちょっとひねくれていそうだけれど、根底に持っている愛、優しさ、素直さ、そういうものが最後みんなに感じ取れる優しくふわぁっとした作品なので、石井監督の世界観の期待に応えられるよう向き合いました。

■石井裕也(監督・脚本)コメント
人を好きになる気持ち、愛とかそういうものは、普通であれば恥ずかしくて口に出すのもはばかられますが、やはりどう考えても人間にとって必要なこと。それが今、本当にやるべき題材だと感じ、それをまったくてらいもなく、恥ずかしげもなくやってる“少女漫画原作の力”に僕も乗っかりたいと思いました。この作品では、本当に例外的なことをやりまくっています。まさか自分が少女漫画原作をやるとは思っていなかったので、逆に振り切れたというか、冒険的になれたし、映画的な自由を得られたんだと思います。

■北島直明(プロデューサー)コメント
石井監督が作る少女漫画原作の映画を僕自身が観たかった。例えば、その材料を誰が調理するかで全然違う料理になるように、監督と話していると、【町田くんの世界】を映画として再構築したらどんなものが仕上がるのか、それが楽しみで仕方がありませんでした。
恋愛映画や、恋愛漫画って、『好き』とか『嫌い』とか、登場人物たちが皆“恋愛を知っている”という前提で物語が進行していきます。ほとんどの作品が、【モテない子が急にモテるようになる】あるいは【三角関係になる】といったいくつかの基本フォーマットで物語が進んでいくのですが、どのキャラクターも『人を好きになる』という根本を深く考えていないことが多いんですよね。大人だって『好き』という感情を明確に説明できる人は少ないはずなのに、なぜか皆、『恋愛』は知っているんです。家族への好き、友達への好き、片思いの人への好き、恋人への好き、夫・妻への好き、子供への好き…違いを説明できますか?
【町田くんの世界】は『人を愛すること』は知っているのに、『好き』っていうことがわからない主人公・町田くんが、『好き』を学ぶ物語です。その過程で、恋愛を知っている“はず”の登場人物たちが、改めて、『好き』を学ぶ物語でもあります。兎にも角にも、絶対に予想できないラストシーンを用意しましたので、エンディングを観て、皆さんの『好き』が見つかってくれたらうれしいです。石井監督の才能が爆発しています!

■安藤ゆき(原作)コメント
ひとりの人間から生まれた小さな作品が、たくさんの人が構築する大きな企画になっていくことは、わくわくする一方で不思議な気持ちでいっぱいです。この映画の関係者のひとりになれたことを幸福に思います。


映画情報

『町田くんの世界』
6月7日(金)全国公開
監督・脚本:石井裕也
脚本:片岡翔
原作:安藤ゆき『町田くんの世界』(集英社マーガレットコミックス刊)
(C)安藤ゆき/集英社 (C)2019 映画「町田くんの世界」製作委員会


書籍情報

安藤ゆき・著
『町田くんの世界  1 』(マーガレットコミックス)


映画『町田くんの世界』作品サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/machidakun-movie/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人