三代目JSB・登坂広臣&中条あやみ出演、映画『雪の華』オリジナルビジュアルを『ベルばら』の池田理代子が描き下ろし

■「手を繋いで見返りながら、向こうに去っていくふたりの姿に、私なりの回答を添えました」(池田理代子)

世代や国を超えて愛され続ける、冬ラブソングの名曲、中島美嘉の「雪の華」が、5年ぶりの恋愛映画となる登坂広臣、そして今最も注目される女優・中条あやみを迎え、大人のラブストーリーとして映画化。2月1日より全国ロードショーとなる。

本作のメガホンを取るのは、『orange-オレンジ-』(2015年)や『羊と鋼の森』(2018年)で知られる新鋭・橋本光二郎監督。脚本は『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(2017年)、『ひよっこ』(2017年/NHK)など数々の名作映画・ドラマを生み出してきた岡田惠和(よしかず)。一流のキャスト・スタッフが勢揃いし、東京―フィンランドを舞台に、余命1年、最後の恋に涙する、この冬、最高のラブストーリーが誕生する。

そしてこのたび、マンガ家の池田理代子が描き下ろしたオリジナルビジュアルが公開された。

45年を経てなお、燦然と輝き続け、世界中の人々を魅了して止まない不朽の名作『ベルサイユのばら』。フランス革命の時代、激動な運命に翻弄される中で、男装の騎士オスカルと、かなわない恋だと知りつつも、運命の人オスカルを愛し見守り続けたアンドレの、永遠の愛と革命のドラマを描いている。そんな『ベルばら』の作者・池田理代子が、同じく世界中で愛される冬のラブソングの名曲を映画化し、余命一年、限られた時間の中で、偶然出会った運命の相手との一生に一度の最後の恋を描いた『雪の華』からインスパイアされた、オリジナルビジュアルを描き下ろした。

北欧フィンランドの煌びやかなオーロラと、美しい雪景色の中で、切ない涙を流す美雪に寄り添う、憂いを帯びた表情の悠輔と、ひっそりと肩を寄せ合い手を繋ぎ、後ろを振り向くふたりの姿。期間限定の消えゆく恋の切なさが感じられる印象的なビジュアルとなっている。

映画を観た池田は、王道のラブストーリーを真っすぐに描いた作品の世界観と、俳優としての登坂広臣に魅せられ、「恋の始まる美しい瞬間が、現代における清涼剤のようです。王道の恋物語、それに、登坂さん、中条さんがぴったりとはまりました。ヒロインの命はいつまで続くのか、手を繋いで見返りながら、向こうに去っていくふたりの姿に、私なりの回答を添えました」とコメント。身分違いの愛に悩み苦しみ、愛する者を想いながら死を遂げる物語を描いた池田理代子にしか描けない、悠輔と美雪の最後の恋の一瞬の輝きが収められている。

(C)池田理代子プロダクション


映画情報

『雪の華』
2019年2月1日(金)全国ロードショー
監督:橋本光二郎
脚本:岡田惠和
出演:登坂広臣 中条あやみ
高岡早紀 浜野謙太 / 田辺誠一
主題歌:中島美嘉「雪の華」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2019 映画「雪の華」製作委員会


『雪の華』公式Twitter
@yukinohanamovie

映画『雪の華』作品サイト
http://yukinohana-movie.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人