稲垣吾郎、主演舞台『No.9-不滅の旋律-』の終了を報告。「一応、自撮りもね〜」

■「いつかまた、ベートーヴェンとして皆さまに会える日がくることを信じて」(稲垣吾郎)

稲垣吾郎が、1月16日、アメーバオフィシャルブログを更新。主演を務める舞台『No.9-不滅の旋律-』全40公演終了を報告し、今の心境を綴った。

2015年に初演された舞台『No.9-不滅の旋律-』は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが「第九」の通称で知られる生涯最後の交響曲“交響曲第九番ニ短調作品125”を生み出すまでの苦難の日々を描いた作品。聴覚障がいを抱えながら音楽で新しい時代を切り拓くベートーヴェン役を初演に引き続き稲垣が演じ、ベートーヴェンを支える架空の人物マリア役には、今回あらたに出演する剛力彩芽が演じた。

初演時と同様に、演出は白井晃、脚本は中島かずき(劇団☆新感線)、音楽監督は三宅純が担当。共演者には、片桐仁(ラーメンズ)、村川絵梨、鈴木拡樹、岡田義徳、深水元基、橋本淳、広澤草、小川ゲン、野坂弘、奥貫薫、羽場裕一、長谷川初範が名を連ねた。

2018年11月11日よりTBS赤坂ACTシアターで幕を開け、12月7日からのオリックス劇場、12月22日からのKAAT神奈川芸術劇場<ホール>を経て、2019年1月11日~14日に久留米シティプラザ<ザ・グランドホール>にて久留米公演を実施。多くのファンを楽しませた。

「音楽は終わらない」と題して更新されたアメブロ。

「舞台『No.9-不滅の旋律-』一昨日の大千秋楽をもって、全40公演終了いたしました。
ご来場いただいたお客様、そしてこの作品を支えてくださった、すべての関係者の皆様に心から感謝申し上げます」

と感謝を述べ、続けて千秋楽を迎えた今の心境を、

「物語のエンディング。
苦悩の闇に降り注ぐ薄明光線。
絶望からやがて歓喜へ・・。
あの瞬間を皆さまと感じ合えたこと、視界に広がった美しく圧倒的な光景を僕らは一生忘れない」

「今はまだ、胸にぽっかり穴の空いたような虚無感が続いてますが… しばらくはこの寂しさを密かな愉しみにしたいと思っています。
心寂しさはとっても大切。
再会への願いが明日からの生きる糧となる」

と綴った。また、

「いつかまた、ベートーヴェンとして皆さまに会える日がくることを信じて」

と再再演への想いや、

「ベートーヴェンの生み出した『不滅の旋律』。
彼の本当の苦しみなんて、誰にもわからない」

としながら、

「現代を生きる私たちは、あくまでその偉大な音の遺産を浴び、自由に想像をめぐらす…それでいいんだ。
きっと彼が最後に望んだことだから。
世界中の人々に愛され続けた歓喜の歌。
これからはどうか、平和な世の中で流れ続けられますよう、祈りを込めて」

と自身が演じたベートーヴェンへの想いと彼が作った音楽に対して、稲垣らしい言葉で思いを巡らせた。

最後は、

「キャストの方々のSNSでお気づきのかたも多いと思います。
なんともかわいらしい、もうひとつの小さなルイス」

と、「一応、自撮りもね~」と2つの写真を添えてブログを締めくくった。

この投稿にファンは、

「『No.9-不滅の旋律-』の大成功おめでとうございます」
「素敵でした!」
「あの感動が今も心に染みています!」
「初演同様、いや、それ以上の感動で震えました」
「吾郎さんの熱演に感動して涙が溢れました」
「鳥肌が立ち、興奮してしまいました」

と感動の声や、

「キューピールイスかわいい」
「自撮りも素敵!」
「自撮りのお写真が素敵過ぎて…」
「小さなルイスかわいい」
「カッコよすぎます!」

などの声が多く寄せられている。


『No.9 ―不滅の旋律―』公式サイト
http://www.no9-stage.com/

稲垣吾郎オフィシャルブログ Powered by Ameba:記事タイトル「音楽は終わらない」
https://ameblo.jp/inagakigoro-official/entry-12433154103.html


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人