クイーンサウンドを支えた名ベーシスト、ジョン・ディーコンとは!?

■今こそ、 クイーン入門!『ベース・マガジン』表紙にクイーン登場!

映画『ボヘミアン・ラプソディ』が大ヒット中のクイーン(ジョン・ディーコン)が表紙の『ベース・マガジン2019年2月号』が、1月19日に発売される。

フレディ・マーキュリーの死から四半世紀以上が経った現在、映画『ボヘミアン・ラプソディ』をきっかけに、世界はクイーンの素晴らしさを再認識。彼らのブリリアントなサウンドは決して色あせることなく、これからも世代/時代を超えて歌い継がれていくことだろう。

そしてそのクイーンサウンドの幹となっているのが、ジョン・ディーコンのベース。素朴なのに熱気に溢れ、飾り気がないのに色気いっぱいのベース。彼のクイーンでの足跡をたどる。

記事は、「クイーンのバイオグラフィ」「セレクト・アルバム紹介」「ジョン・ディーコンの足跡」「豊富かつ貴重なジョン・ディーコンのグラフ(機材紹介)」「ジョン・ディーコン作の名曲ベース・ライン分析」などで構成。 さらに「キラー・クイーン」「バイシクル・レース」「ドント・ストップ・ミー・ナウ」のベースフルスコアが掲載される。

そのほか、 本号では「プロの指グセには意味がある! 本人直伝“私の常套フレーズ”18連発」と題したSPECIAL PROGRAM、またベースの演奏面に特化した特集として「ベーシストのためのコード・アレンジ講座」などを掲載。スティーヴ・ハリスと岡峰光舟の対談、ジュリア・カミング(サンフラワー・ビーン)や石渡マキコ(the peggies)のインタビューなども。さらにアユニ・D(BiSH/PEDRO)の連載もスタートする。


書籍情報

『ベース・マガジン 2019年2月号』
発売:1月19日
定価:926円(本体857円+税)
出版社:リットーミュージック

<CONTENTS>
■FEATURED BASSIST
今こそ、 クイーン入門! ジョン・ディーコン

■SPECIAL PROGRAM
プロの指グセには意味がある! 本人直伝”私の常套フレーズ”18連発
■奏法特集
単音フレーズを曲にする! ベーシストのためのコード・アレンジ講座
■インタビュー
スティーヴ・ハリス × 岡峰光舟
イアン・ヒル ジューダス・プリースト
ジュリア・カミング サンフラワー・ビーン
新井和輝 King Gnu
石渡マキコ the peggies
RBenny × Hiro Wabi_Sabi
溝渕哲也 スタイリスティックス
■BM SELECTED SCORES
クイーン特集「キラー・クイーン」「バイシクル・レース」「ドント・ストップ・ミー・ナウ」
ほか多数


『ベース・マガジン2019年2月号』詳細はこちら
https://www.rittor-music.co.jp/magazine/detail/3118118010/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人