“兄貴分”ナオト・インティライミとのコラボも! ボイメン、悲願のナゴヤドーム公演が大盛況で幕

■「周囲から無謀だと言われていたナゴヤドームのライブができたのは、みんなのおかげ。本当にありがとうございます」(小林豊)

東海地方出身・在住の男性メンバーで構成されたエンターテイメント集団“ボイメン”こと、BOYS AND MENが、1月14日に、愛知・ナゴヤドームにて『ボイメン夢まつり~ツッパリ町おこしお兄さん最強烈伝~』を大成功で終わらせた。

内容は、ほとんどぶっ通しで歌い続けての約3時間半。ドームクラスでライブを遂行するのは初めてだったが、円陣を組んだメンバー10人の姿は大きく意気揚々としていた。セットはアリーナに華やかな花道を設け、オーディエンスとは柵を隔ててかなりの至近距離だ。

ライブのスタートは、ステージ両サイドの大きなモニターに映し出された彼らのかけ声から。1曲目は「炎・天下奪取」。だが、その曲の序盤で、なぜか裸体となって桶ダンスを披露する彼ら。ツッコミが上がっていそうな会場から爆笑をさらうが、すぐに曲がカットアウトされて、モニターには和田アキ子が。

「お前ら、ちゃんとやれ!」。ボイメンとはゆかりのある和田アキ子の激を飛ばすひとこと映像で、ここからはクール路線で突っ走るボイメン。辻本達規と弟分である祭nine.による和太鼓の合奏から、ナゴヤドームを盛り上げるために作られたアルバム楽曲「男気 夢 音頭」。ドドンと打ち上がった祭モードに、会場はぐっと熱くなった。「ついにここまでオイラも来ちまったな~」の歌詞がこのシチュエーションとリアルにリンクして、一気にヒートアップしていく。

アリーナの花道を赤い旗を掲げて思いっきり走りまわるボイメン。そのボイメンを見つめる会場中が、メジャーデビュー後のヒット曲から、2013年に結成されたあたりの懐かしの楽曲までを感極まって聴き入っている。

さらに当初、名古屋っぽい演出をしたいと水野勝は言っていたように、要所要所に「名古屋メドレー」や「なごやめしのうた」を盛り込んで、ボイメンならではの優しさと愉しさが詰め込まれた構成だった。

やはりドームゆえに見応えたっぷり。MCでのトークは少なく、歌い上げる彼らでほぼ後半まで持っていった感が素晴らしかった。吉原雅斗は、今日がめちゃくちゃ楽しみで昨日はまったく眠れなかった」というように、水野も「眠れないほどの格別感を味わっている」と目を潤ませた。

「名古屋のグループがナゴヤドームに立つということはやはり格別にうれしいです」(水野勝)
「周囲から無謀だと言われていたナゴヤドームのライブができたのは、みんなのおかげ。本当にありがとうございます」(小林豊)

という言葉どおり、夢をかなえたボイメン。後半、まだこのメンバーでボイメンとして始動する前の舞台のタイトルである楽曲「ストレートドライブ」を歌うと、モニターに結成当時の映像が流れて……。一瞬、時が止まった。誰も見向きもしてくれない路上で歌っていた彼らの姿(映像)と、その前ではナゴヤドームを埋めている彼らがいる。

そして、ラスト2曲前。彼らの兄貴分であり、楽曲を提供してくれているナオト・インティライミがゲストで登場。「あなたに出逢えたこと」を初コラボでパフォーマンスし、そのままエンディングへ。

そしてビックサプライズが待っていた。なんと2020年に、結成10周年記念としてのアリーナツアーが決定していると発表されたのだ。

「たしかにナゴヤドームが終わりではありません。僕らは名古屋の町おこしお兄さんとして、名古屋から全国へ、名古屋から世界へエンターテイメントを発信していきたい。そのあらたなるスタートはナゴヤドームであり、これからも僕らは続いていくんです」(水野)

2020年、ドームで得たものを生かして大きく飛躍し、再びアリーナツアーであらたな一面を魅せてくれるに違いない。

PHOTO  BY 田中聖太郎写真事務所


リリース情報

2018.12.19 ON SALE
BOYS AND MEN
ALBUM『ボイメン・ザ・ベスト』


ナオト・インティライミ OFFICIAL WEBSITE
https://www.nananaoto.com/

BOYS AND MEN OFFCIAL WEBSITE
https://boysandmen.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人