GENERATIONS・片寄涼太×川栄李奈、アニメ映画『きみと、波にのれたら』でW主演!ふたりが歌うシーンも

■「声優初挑戦なので、体当たりの気持ちで、雛罌粟港という男を作り上げていけたらなと思いました」(片寄涼太)、「声のお仕事をいただくのは本当にありがたいことだなと思っています」(川栄李奈)

『映画 クレヨンしんちゃん』シリーズではキャラクターデザインなどを務め、長編アニメ初監督作『マインド・ゲーム』(04年)やテレビアニメ『四畳半神話大系』で文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞を受賞した湯浅政明監督。

昨年は劇場アニメ『夜は短し歩けよ乙女』で第41回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を、『夜明け告げるルーのうた』では仏『アヌシー国際アニメーション映画祭 2017』の長編コンペティション部門で見事グランプリにあたるクリスタル賞を受賞し、怒濤の勢いでその名をとどろかせた。

そんな湯浅監督の待望の最新作、アニメーション映画『きみと、波にのれたら』が6月21日に全国公開となる。

本作は、海辺の街を舞台に描かれる感動の青春ラブストーリー。恋人同士となった雛罌粟 港(ひなげし みなと)と向水ひな子(むかいみず ひなこ)。しかし、港はある事故で命を落としてしまう。憔悴するひな子がある日、ふたりの思い出の歌を口ずさむと港が水の中から現れて……。

そしてこのたび、正義感が強い消防士の青年・港、彼と恋に落ちるサーファーの女の子・ひな子の声優を務めるW主演キャストが発表された。

港を演じるのは片寄涼太。絶大な人気を誇るダンスボーカルグループ・GENERATIONS from EXILE TRIBEではボーカルを務め、映画『兄に愛されすぎて困ってます』などで俳優としても活躍する片寄だが、本作が声優初挑戦となり、初挑戦にして、命を落としてなお、恋人の前に現れ彼女を支えようという、ユニークで複雑な役どころに挑む。

そして、ひな子を務めるのは、ドラマや映画、CMで幅広く活躍中の女優・川栄李奈。2018 年には映画『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』にも起用され、劇場アニメで声優を務めるのは4作目となるが、アニメーション映画としては本作で初主演。たしかな演技力には、今回も大きな期待が寄せられる。

港が再び現れるきっかけが“歌”ということもあり、本作では“歌”が重要なキーとなっており、劇中ではふたりで歌うシーンも登場するという。

自信を持てずにいるすべての人へ鬼才湯浅政明が贈る感動の青春ラブストーリー『きみと、波にのれたら』に注目だ。

■片寄涼太 コメント
声優初挑戦なので、体当たりの気持ちで、皆さんから一つひとつ学びながら、周りの皆さんと一緒になって雛罌粟港という男を作り上げていけたらなと思いました。ラブストーリーではありますが、一人ひとりが成長していく部分もとても大事で、観てくださった方が勇気をもらって、背中を押されるような作品になればいいなと思います。

■川栄李奈 コメント
声のお仕事をいただくのは本当にありがたいことだなと思っています。アフレコは毎回すごく難しいなと思うので、今回も分量がすごい多いと言われていたのでちょっとドキドキしていました。本作はラブストーリーだけではなく、落ち込んでいる方だったり、元気がない方が「あ、なんか頑張ろう!」という気持ちになれる作品だと思うので、本当にいろんな方に観てほしいなと思います。

■湯浅政明監督 コメント
片寄さん演じるミナトを聴きながら画面を観てると、率直に「港が色男になった!」と感じ、川栄さん演じるヒナコを聴いていると「ひな子が等身大で魅力的な女性になった!」と思いました。ふたりが戯れに歌を口ずさむシーンでは「ひとりで映画館に来ると辛いのではないか」と思うほどのアツアツぶりが録れたので、ぜひ、このバカップルと呼べるほどの愛らしいふたりの恋を劇場に観に来てほしいですね。


映画情報

『きみと、波にのれたら』
2019年6月21日(金)全国ロードショー!
監督:湯浅政明
アニメーション制作:サイエンス SARU
脚本:吉田玲子
音楽:大島ミチル
出演:片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、 川栄李奈
配給:東宝
(C)2019「きみと、波にのれたら」製作委員会


『きみと、波にのれたら』作品サイト
https://kimi-nami.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人