倖田來未、映画『アリー/ スター誕生』“号泣体験”を語る。「バリバリ“倖田來未の顔”で行ったので、黒い涙が出た(笑)」

■倖田來未&IKKOが、映画『アリー/ スター誕生』号泣嗚咽上映で「ガガ泣き〜!」

歌手を夢見るものの、自分に自信がなく夢を諦めかけているアリー。 有名ミュージシャン=ジャクソンとの偶然の出会いが、彼女の人生を大きく変える――。

10月5日に全米で封切られた『アリー/ スター誕生』(12月21日 日本公開。2D/IMAX 上映)は、220 億円突破(※)、全世界興行収入は400億円超えの大ヒットを記録し、全米公開からすでに2ヵ月以上経った現在でも、米批評サイト Rotten Tomatoesでは90%フレッシュ!
※1月7日時点 Box office MOJO 調べ。1$=113円換算。

そして日本時間1月7日に発表となったゴールデン・グローブ賞では主要5部門にノミネートされ、「シャロウ〜『アリー/ スター誕生』愛のうた」が主題歌賞を受賞。さらに、審査員がアカデミー賞と重なることで重要視されている全米映画俳優組合賞では最多ノミネート。アカデミー賞へ向けて大きく前進した。

さらに劇中で披露される楽曲の数々を収めたサウンドトラックは、全米アルバム・チャート3週連続1位、世界89ヵ国のiTunesアルバムチャートで1位を獲得! ガガ史上最大のヒットであると共に『ボヘミアン・ラプソデ ィ』『グレイテスト・ショーマン』を抜く、驚異的セールスを樹立し、本年度のグラミー賞でも、メイン曲「シャロウ〜『アリー/ スター誕生』愛のうた」が年間最優秀楽曲・年間最優秀レコードなど主要部門にノミネートされている。

そんな『アリー/ スター誕生』の、周りを気にせずみんなで声を出して泣いてもOK! アリーが一歩踏み出す姿を応援するもOK! な「号泣嗚咽上映」が開催された。

ゲストには、自身も歌手であり、本作を大絶賛する倖田來未が、チューブトップのオールインワン姿で登壇。さらに、アリーの姿に感動しぜひこの感動を伝えたいと駆け付けた、美容家でタレントのIKKOが、本作のメイン曲「シャロウ〜『アリー/ スター誕生』愛のうた」をバックに、冒頭いちばん「ガガ泣き〜! どんだけ〜〜!!!」とハイテンションで登壇。予想外の登場の仕方に、会場は開始早々笑顔に包まれた。

すでに本作を観ており、まさに“号泣・嗚咽”だったという倖田は、「ガガちゃんが出る映画やくらいに思っていて、ハンカチも持たずに観たんですが、最初から最後まで泣けるポイントが多すぎました! たくさん映画を観てきましたが、人生でいちばん(泣けるポイントが)多かったんじゃないかなというくらい泣きました。バリバリ“倖田來未の顔”で行ったので、黒い涙が出たくらい(笑)。私自身こういうイベントが初めてなので、言葉が止まらないです! “私だったらこうしたな”とか語りたくなりますし、観終わったあとも余韻がすごいです!」と大絶賛。

続いてIKKOも、「涙が止まらなくて……初めて観る方には、とにかく楽しみにしていただきたいです。私の人生のバイブルの一本になりました。ガガ酔いしちゃいました! 特に、ラストシーンで涙が止まらない。スターのふたりが付き合ってどう変わっていくのかに注目していただきたいです」とコメント。

両名の言うとおり、とにかく“泣ける”映画である本作。本作の“泣けるポイント”として、倖田が「歌がとにかくすごかったです! 歌うシーンは全部生収録されて、とにかく生の音にこだわって作られたそう。こんなに音楽に包み込まれて、歌で感動させられる映画は初めてでした」と伝えると、「ジャクソン役のブラッドリー・クーパーは、歌が歌えなかったらしいんですが、ガガが演技するならと歌ったらしいですね」とIKKO。「ブラッドリーは1年くらいボイストレーニングして、作曲もしているんですよね。歌にも感情がこもっていて泣かされます!」と倖田が付け加えると、「すごくわかる!」と IKKO。司会そっちのけで、熱いトークを繰り広げた。

さらに倖田が、「ジャクソンがアリーを大舞台に上げるシーンは、ガガがコーチェラでライブをした際にその場所を借りて、実際のお客さんの前で撮影したそうなんです。リアルを追求した映画です」というと、「息遣いまでしっかり入っているから、本当にリアリティを追い求めた映画です」とIKKO。熱い思いが止まらないふたりであった。

倖田から、特にグッと来たシーンとして、「駐車場で、アリーがジャクソンにアカペラで歌を披露するシーン」が紹介された。「アリーのターニングポイントとなるシーンです。思い出しただけで泣けてくる!!」と目に涙を溜めながら力説。会場にも該当シーンが流されると、「続きが見たい……! 人生のターニングポイントって人それぞれあると思うんですが、ジャクソンがここで後押ししてくれたからアリーの人生が変わったんですよね」としみじみ語った。

IKKO も、「ジャクソンは“脱皮を繰り返して、本物になれよ。本物だから。歌が宝だから。”と伝えたかったんだと思うんですよね」と付け加え、本作への溢れんばかりの想いあらわにした。

さらに、本作で映画初主演となったレディー・ガガに対し、「レディー・ガガのリアルストーリーなのかなと思ったシーンもたくさんあって。過去にガガと対談したんですが、本当にピュアで気さくで音楽好きな女の子でした。下積みを経験していて、それこそアリーのようなことを言われてきたプロセスがある方ですが、私も、5〜6年はそれこそ2丁目でライブをしたり、同じように過ごしていました。今となっては下積みかもしれないけど、その時の1秒1秒を大事にしていましたし、あの頃があるから自分がある。アリーもそうだと思います! スターダムにのし上がっていくにつれて、“大切なものは何なのか”とか“これがやりたかったことだったのか”とか悩むところに共感しました」と、ガガやアリーと同じ歌手目線で熱い想いを伝えた。

IKKOも、歌に愛されスターダムへ駆け上がるアリーの生き方について、「アリーが自分の才能を磨いて、そして見出された、毛虫が蛾に変わったようなシーンがあるんですね。その蛾が、最後のシーンで本当の品格を手にして、ジャクソンが思う歌い手になったということが素晴らしいと思いました」と倖田に負けぬ勢いで語った。

話は打って変わり、年始ということで今年の抱負を聞いてみると、「しばらく恋愛はいいやと思っていたのですが、この映画を観てゲットしたいと思いました。なので、ウェルカム〜〜!! と2019年のキラーフレーズを誕生させ会場を盛り上げたIKKO。

対して倖田は、「歌が上手というより、気持ちを届けられる歌を作りたい。去年よりも今年というように、前作よりも良いものを作れるよう音楽活動を頑張っていきたいと、この映画を観て思いました!」と目を輝か せながら語った。

最後に、声を出して泣いてもOK! という本上映の楽しみ方の極意を「歌と恋愛を通じて、ふたりの考え方の違い、なんといってもガガちゃんの素晴らしい歌声! さらに、ブラッドリーの歌声も素晴らしいので、そういったところを楽しんでいただきたいです」とIKKO。

倖田も「音の良い映画館なので、音に寄り添ってほしい。隣の嗚咽に負けないくらいの嗚咽で、周りを気にせず、音楽に包まれながら泣いていただけたらと思います!」改めて伝えた。

そして、涙を拭うためのハンドタオルを持った観客と、ハンドタオルでは足りない!ということで巨大ハンカチを持ち、号泣準備バッチリな様子の倖田・IKKOで写真撮影。「ガガ泣き〜! 1涙が止まらないよね〜!!」とハイテンションのIKKOとともに、イべントは最後まで笑顔に包まれながら幕を閉じた。


映画情報

『アリー/ スター誕生』
12月21日(金)全国ロードショー
監督&製作:ブラッドリー・クーパー
出演:レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー
全米公開:2018年10月5日
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC


映画『アリー/ スター誕生』作品サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/starisborn/


a href=”https://www.m-on-music.jp/?attachment_id=319696″ rel=”attachment wp-att-319696″>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人