乃木坂46、企画展『だいたいぜんぶ展』が明日より開幕!「私たちも知らないような情報も」(齋藤飛鳥)

■乃木坂46の約9万点の資料・写真・衣装が六本木の特設倉庫に集結!

ソニーミュージック六本木ミュージアムが明日1月11日、「スヌーピーミュージアム」跡地にオープン。開催第1弾となる企画展『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』が1月11日から5月12日まで開催される。

そして、開幕を明日に控え、乃木坂46メンバーを代表して、齋藤飛鳥、堀未央奈、与田祐希からお祝いコメントが到着した。

■齋藤飛鳥 コメント
会場をまわって観ましたが、細かいこだわりが感じられて、まったく時間が足りなかったです。何を観ても“すごい”しか出てこなかったです。誰が観ても満足できる展覧会になっていると思います。衣装の展示コーナーにある解説パネルには「ライブの早替え用に」など、着ている私たちも知らないような情報が載っています。ぜひ、細かい部分にも注目してもらいたいです。この展覧会では乃木坂46の歴史が観られますが、これからも記録に、記憶に残せるような活動をいっていきたいです。

■堀未央奈 コメント
私は2期生で、加入前の乃木坂46のミュージックビデオや衣装、ジャケ写が、どういうふうにつくられていたか、実際に見たことがなかったのでこれまでの歴史が知れました。私たち2期生も先輩がつくり上げてきたものを感じ取って“今後の活動に活かしていきたい”と思う展示です。4期生も加入するので、“乃木坂46がこういうふうにつくられてきたんだな”と思ってもらえるように、私も歴史に名を刻めるように頑張りたいです。

■与田祐希 コメント
2016年の加入前の知らない写真とか映像が観られて楽しかったです。まだ加入して歴史は浅いですが、何年後かに展示会があったとき、私も先輩方みたいに歴史に名を刻めるようになっていたらうれしいです。展示会場では衣装が一同に並んでいるコーナーがあります。2015 年にTVで「今、話したい誰かがいる」の歌唱したときの衣装も展示されています。加入前にTVで観ていた衣装だったので、今ここにいるのがすごく不思議な気持ちになりました。

※メイン写真:1月10日に会場を訪れた乃木坂46メンバー(左から、堀未央奈・齋藤飛鳥・与田祐希)
(C)乃木坂46LLC

■『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』について
乃木坂46は 2012 年のデビュー以来、活動を重ねる中で、数々の音楽作品をリリースしてきた。それらの活動を視覚的に彩っているのが、CDジャケット、ミュージックビデオ、衣装など膨大な数のアートワーク。

本展は乃木坂46のジャケット写真やそれらのアザーカット、ミュージックビデオのプロップス、実際に着用した衣装やアイデアスケッチなど、未公開のアートワークを含め、制作過程を徹底的にリサーチ。その結果、発掘された9万点超のアートワークや資料を集結し、可能な限り展示する。名づけて「だいたいぜんぶ展」。

膨大な「だいたいぜんぶ」を展示するため、会場内に倉庫を新設。来場者が倉庫内を歩きながら、初公開となる未使用のロゴやメンバーの無数の写真、映像の数々を巡る、独創的な体験型の企画展となる。

会場では、ソニー独自開発による超高精細映像システム「Crystal LED ディスプレイ」を用いた臨場感溢れるライブ映像も上映される。

また、本展のために制作されたオリジナルグッズの販売や、楽曲やメンバーにちなんだフード、デザート、ドリンクが楽しめるカフェ「坂CAFE」も併設される。
※坂CAFEの「E」はアキュートアクセント付きが正式表記

■『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』見どころ
1. 会場は膨大なアートワークが眠る「秘密の倉庫」
乃木坂46のアートワークを制作するための貴重なラフスケッチ、写真、美術、衣装などが格納された「秘密の倉庫」。倉庫内には整理、収納された段ボールや衣装ラックから、のぞき見るような実験的な展示方法を味わうことができる。

2. 制作過程を通して知る「アイドルの視覚表現論」
CD ジャケットの制作資料、ミュージックビデオなど映像作品の美術、衣装を徹底的にリサーチし、未公開品を含め多数展示。制作の裏側を伝える資料により「アイドルをどう見せていくべきか」という製作者サイドのビジョンが伝わってくる。

3. 少女の刹那を捉えた膨大な未公開写真
乃木坂46のCDジャケットを飾る写真は、つねにコンセプチュアルな試みがされている。水の中を泳ぐメンバーを幻想的に撮影したり、学校の日常の風景を美しく切り取ったり。本展では、膨大な未公開のアザーカットを特別に展示される。

4. あの映像作品の小道具も
乃木坂46の存在を広く印象づけ、創意工夫が凝らされたミュージックビデオ。ダンスシーンをスタイリッシュに見せ、ときには映画のようなストーリー仕立てで構成したりと。本展では、ビデオの絵コンテから台本、さらには小道具なども展示される。

5. レアな衣装から歌衣装まで勢ぞろい
乃木坂46の品あるパブリックイメージは、メンバー自身の佇まいや洗練された楽曲に、彼女たちが身にまとっている優美な衣装が相まって成立してる。本展では巨大なディスプレイラックを設置し、約250点の衣装を一挙に展示する。

<企画展『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』についてのコメント>
■企画者代表:本信光理(株式会社エムディエヌコーポレーション『MdN』編集長)
乃木坂46はいま最も人気のあるアイドルグループ、つまり最も多くの人に愛されているアイドルグループであることは間違いないと思います。と同時に、これほどクリエイターたちに愛されているグループもない。それは、彼女たちのミュージックビデオが、CDジャケットが、歌唱時やTV出演時の衣装が驚くほど素晴らしいことが、何よりも雄弁に物語っています。本展覧会では、そんな愛に満ちた乃木坂46のクリエイティブの素晴らしさを伝える展覧会です。


イベント情報

『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』
会期:2019年1月11日(金)~5月12日(日)
時間:10:00~20:00(入場は19:30 まで)
会場:ソニーミュージック六本木ミュージアム


リリース情報

2018.11.14 ON SALE
SINGLE「帰り道は遠回りしたくなる」


ソニーミュージック六本木ミュージアム OFFICIAL WEBSITE ※『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』詳細はこちら
https://smrm.jp/

乃木坂46 OFFICIAL WEBSITE
http://www.nogizaka46.com/


(C)乃木坂46LLC

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人