シシド・カフカ、斎藤工主演×松田聖子共演の話題の映画『家族のレシピ』日本版主題歌を担当

■「彼女の声は正直でとても心に響きます」(音楽担当:ケビン・マシュー氏)

斎藤工主演、松田聖子共演、アジアの巨匠、エリック・クー監督最新作となる、シンガポール・日本・フランスの合作映画『家族のレシピ』日本公開版の主題歌を、ドラムボーカリストで女優としても活躍する、シシド・カフカが担当することが決定した。

主題歌「Hold my Hand」は、エリック・クー監督作をこれまでにも多く手がけている本作の音楽担当、ケビン・マシューによるテーマ曲に、シシド・カフカが日本語の歌詞をつけ、自ら歌唱したもの。

このテーマ曲は、数年前、エリック・クー監督の誕生日にケビンがプレゼントした監督お気に入りの楽曲で、今回の「家族のレシピ」にぴったりの曲だと主題曲として起用。監督、作曲家ともに思い入れの深い楽曲に、シシド・カフカがあらたな息吹を吹き込み、本作のエンディングを飾る。

シシドは、昨年2018年のディズニー・ピクサー映画『リメンバー・ミー』のエンドソングを担当して話題となり、7月にはアルバムをリリース。今年2019年は、3月15日~5月6日にアジア唯一の開催となる『EXHIBITIONISM ザ・ローリング・ストーンズ展』のアンバサダーに就任するなど、精力的に活動を続けている。

■シシド・カフカ コメント
たくさんの方が心を尽くして創った作品に、歌声で参加できたこと、とてもうれしく感じます。ケビン・マシューの曲はとても優しく、またあらたな挑戦を与えてくださいました。心から感謝します。

■音楽担当:ケビン・マシュー コメント
シシド・カフカさんが歌う「Hold My Hand」をとても気に入っています。もともと憂いのバラードだったものを、見事に、希望に満ちた曲に仕上げてくれました。このアレンジはとても素晴らしいし、彼女の声は正直でとても心に響きます。


映画情報

『家族のレシピ』
3月9日(土)、シネマート新宿 ほか全国ロードショー
出演:斎藤工、マーク・リー、ジネット・アウ、伊原剛志、別所哲也、ビートリス・チャン、松田聖子
監督:エリック・クー
料理監修:竹田敬介
スチール:レスリー・キー
主題歌:シシド・カフカ「Hold my Hand」
(C)Wild Orange Artists/Zhao Wei Films/Comme des Cinemas/Version Originale


リリース情報

2018.07.25 ON SALE
ALBUM『DOUBLE TONE』


映画『家族のレシピ』作品サイト
www.ramenteh.com

シシド・カフカ OFFICIAL WEBSITE
http://www.shishido-kavka.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人