八代亜紀 with みやぞん、平成から新時代へと繋げる応援歌「だいじょうぶ」をリリース

■「(八代亜紀は)大御所の方なので、お話をいただいたときは緊張しました。会ってみたらものすごく腰の低い方で、なんて心の広い方なんだと思いました」(みやぞん)

八代亜紀。今年芸能生活48年を迎えたにも関わらず、圧巻の歌唱と、精力的な活動を続ける、日本を代表するディーヴァのひとり。2010年以降は、ジャズアルバムもリリースするなど、ジャンルにとらわれない歌声は、今なお多くのファンを魅了している。

みやぞん。2009年、保育園の幼なじみであるあらぽんと「ANZEN漫才」を結成。ギターを弾きながらの歌ネタやコントなどで注目される中、昨年『24時間テレビ』(日本テレビ系)でのトライアスロン完走は、多くの人々に感動を与えた。今や引っ張りだこのお笑いタレントのひとりだ。

そんなふたりの初のコラボレーションが今回実現。「だいじょうぶ」という応援歌をデュエットし、2月6日にシングル発売することが発表された。この曲は、八代が故郷・熊本の方々はもちろんのこと、少しでも多くの人たちに勇気を与えたいという思いから作られた曲。

楽曲について八代は、「昨今、世界中で起こる、つらい出来事や悲しい出来事を、歌で救えれば……。傷ついてしまった人たちの背中を、歌で支えることができれば……。そのような想いから、この曲の制作を始めました。その主旨にご賛同してくださった皆様と力を合わせ、素敵な曲が出来あがりました。みんなで『だいじょうぶ』の輪を広げましょう!」と思いを語った。

八代は、この思いを自分だけではなく、共に歌ってくれる仲間がいないだろうかと考えていた。そんなとき、いろいろな番組でいつも笑顔でいるみやぞんがとても印象に残り、一緒に歌ってもらえないかと強く要望。テレビで様々なことに果敢にチャレンジして成し遂げていく、そんな彼の姿に驚嘆し、そして「だいじょうぶ」という曲がピッタリだと思ったそうだ。

そんな八代からのオファーにみやぞんは「(八代亜紀は)子どもの頃から見たり曲を聴いたりしてきた方。大御所の方なので、今回のお話をいただいたときは緊張しました。会ってみたらものすごく腰の低い方で、なんて心の広い方なんだと思いました。存在が近しく、支えてもらっているようにも感じています」と率直に思いを語った。楽曲に対しては「もう無理かと思っても大丈夫、取り越し苦労をしない、そんなポジティブな魂を込めたメッセージのような歌」と話した。

みやぞんのレコーディングに立ち会った八代は「(みやぞんの歌に)純真な希望を感じた」そう。

なお、今回作曲を担当したのは、3人組ロックバンドTHE ALFEEの高見沢俊彦、作詞は伊藤薫というタッグで楽曲が完成した。

また、今回のシングルにはそれぞれのソロバージョンも収録(八代のソロバージョンに関してはすでに配信中)。八代亜紀ソロの「だいじょうぶ」は、昨年の「週間 USEN HIT 演歌/歌謡曲ランキング」で1位を獲得しており(12月26日付)、すでに注目を集めている。

今回のふたりの目標はズバリ、今年大晦日のNHK『紅白歌合戦』出場。みやぞんも「CDを手売りから頑張っていきたい」そうで、今年1年を通じて、歌を通して「だいじょうぶ」の輪を全国に広げていく。「だいじょうぶ」が平成から新時代へと繋がる応援歌となるか、今後の八代亜紀、みやぞんの活躍に注目だ。


リリース情報

2019.02.06 ON SALE
八代亜紀 with みやぞん
SINGLE「だいじょうぶ」


八代亜紀 OFFICIAL WEBSITE
http://columbia.jp/aki/

ANZEN漫才 OFFICIAL WEBSITE
http://asaikikaku.co.jp/talent/profile/anzenmanzai


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人