Cellchrome 2019年初ライブでバンド史上最大キャパとなるZepp Nagoyaワンマンを発表

2019.01.09

【オフィシャルライブレポート】
Cellchrome

Cellchrome「ONE-MAN SHOW 2019」
2019.01.04@NAGOYA CLUB QUATTRO

Cellchromeをライブハウスで観るのは、2017年9月15日の大須E.L.Lにて開催されたデビュー記念フリーライブ以来だった。

あれから1年弱、『名探偵コナン』をはじめとする、様々なアニメのテーマ曲を担当し、最新シングル「Aozolighter」はオリコンデイリーチャートで初登場4位、週間チャートでも8位を獲得するなど、着実にステップアップした彼らの2019年幕開けのワンマンライブ。

1月4日、最低気温0度の名古屋でいちばん熱を放っていたに違いない。

Cellchromeが登場し、まず1曲目に選んだのは2018年夏のシングル「アダムトイブ」。アッパーでノリがわかりやすいこの曲は彼らをずっと応援して来ている人にも、今日初めて彼らを観に来た人にも楽しんでもらえる選曲だ。メンバー全員本当に楽しそうなのが伝わってくる。

一気に会場のボルテージが高まり、続いて「Shake It On」で会場は揺れる。会場を巻き込む能力が格段に進化したと実感! さらに立て続けに新曲を披露。これでもかと言わんばかりにワクワクが込み上げてくる。新曲なのにセルクロフレンズ(ファンの通称)は曲を知っているかのように楽しんでいる。

MCでは、tatsuma(ds)が自らの誕生日をアピール。楽屋がプレゼントでいっぱいになってしまったエピソードを話した後、各メンバーから会場のセルクロフレンズへの感謝を伝えた。

tatsuma(ds)

ギターリフが気持ち良い「She’s So Nice」を筆頭にライブの盛り上がりはどんどん加速。「声出していきましょー!」とMizki(vo)の煽りで寒い名古屋の冬を一気に夏色に染め上げると、その熱を帯びたままニワケン(b)のベースソロへ突入。

ニワケン(b)

さらに、タオル回し曲の「120%〜BOOM BOOM SUMMER〜」へ。陽介(g)もラップあり、ギターソロありと見せ場たっぷり。そして、最新シングル「Aozolighter」では、それまで見せていた彼らの明るく照らす“陽”とは違った、もうひとつの表情である“哀愁”を漂わせ、Cellchromeの進化と変化を混ぜ合わせたこだわりの一曲に引き込まれた。

陽介(g)

続く、アコースティックコーナーでは「Hands Up」を披露。Mizkiのギタープレイというレアな場面もあり、セルクロフレンズも沸いた。

tatsumaのモノマネで会場が温まったところで名曲「世界中の誰よりきっと」をカバー。こんなスペシャルな楽曲が聴けるのもワンマンならではだろう。

さて、ライブもクライマックスへ。「まだまだ楽しむ元気残ってますか?」とMizkiの問いかけと同時に彼らの代表曲とも言える『名探偵コナン』のオープニング曲「Everything OK!!」のイントロが鳴ると、再び会場はヒートアップ。ピースフルかつセルクロフレンズとのシンクロタイムに突入。

間髪入れずに最新シングルのカップリング曲「Make My Day」で本日のハイライトを迎える。ここまでのセットリストが大正解だったと思わせてくれる会場の雰囲気は最高で最幸。アウトロのシンガロングは感動的な大合唱となり、この一年半で彼らがセルクロフレンズと作り上げた絆を感じることができた。

Mizki(vo)

ラストを締めくくるのは2017年の冬にリリースされた彼らの2ndシングル「Don’t Let Me Down」。まるでもう冬が終わってしまうような……いや、冬が終わってほしくないような気持ちにさせてくれる魔法のような曲。

アンコールの声に応え、再びステージに立った4人。MC中に誕生日をアピールしていたtatsumaに誕生日ケーキでお祝いするサプライズ演出も。さらに、Cellchromeからの重大発表として2019年8月21日にZepp Nagoyaでのワンマンライブを発表すると、会場は大きな拍手で包まれた。

メジャーデビューして一年弱。彼らはものすごいスピードでメジャーというシーンを駆け抜けてきた。この短い期間で可能性を大いに感じるバンドへと成長したことは言うまでもない。

バンド史上最大の挑戦、Zepp Nagoyaワンマンまで後8カ月。2019年もCellchromeから目が離せそうにない。

TEXT BY 田中だいすけ
PHOTO BY 佐藤 広理

SETLIST

01.アダムトイブ
02.Shake It On
03.新曲(タイトル未定)
04.She’s So Nice
05.120% 〜BOOM BOOM SUMMER〜
06.Aozolighter
07.Hands Up(Acoustic ver.)
08.世界中の誰よりきっと(Acoustic ver.)
09.Everything OK!!
10.Make My Day
11.Don’t Let Me Down
[ENCORE]
01.Be Together
02.Stand Up Now


ライブ情報

Cellchrome デビュー2nd Anniversaryライブ
08/21(水)愛知・Zepp Nagoya


リリース情報

2018.12.26 ON SALE
SINGLE「Aozolighter」
Being

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人