宇多田ヒカル、PS VRコンテンツ開発スタッフの公開トークイベント開催決定

■全国のソニーストア直営店舗でもPS VRコンテンツ公開記念イベント開催!

昨年、約12年ぶりの国内ツアー『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』を終え、デビュー満20周年を迎えたばかりの宇多田ヒカル。

1月18日にPlayStation(R)4(PS4(R))用コンテンツ(PlayStation(R)VR(PS VR)必須)『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 -“光” & “誓い”- VR』が、一般向けにいよいよ全世界無料公開される。

その公開日に、今回のVRコンテンツ開発メンバーらによるトークイベントが、渋谷モディ1Fのソニーの情報発信拠点であるソニースクエア渋谷プロジェクトにて開催。

登壇するのは、今まで数々の宇多田ヒカルのミュージックビデオおよび今回のVR作品を含むライブ映像作品を多数手がけてきた映像ディレクターの竹石 渉氏、本作品のプロデュースを務めた株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント多田浩二氏、そして技術面をサポートしてきたソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社より林 亮輔氏、レーベルサイドからは宇多田ヒカルのマーケティング担当の株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ梶 望氏の4名。本VRコンテンツの制作過程における苦労話など、ここでしか聞けない話が楽しめる。

そして、本イベントの参加者の募集が1月7日よりスタート。下記サイトにて応募を受け付ける。

◆募集サイトはこちら
https://peatix.com/event/586146

なお、当日は『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 -“光” & “誓い”- VR』の体験ブースも設置。ぜひこの機会にVRでの宇多田ヒカルライブを体験してみよう。

そして、1月18日・19日・20日の3日間限定で上記の宇多田ヒカルVR作品の公開およびシングル「Face My Fears」の発売を記念して、全国5ヵ所のソニーストアでもVR体験およびハイレゾ試聴ができる体験コーナーを設置。

1月19日ソニーストア名古屋、1月20日ソニーストア大阪では、今回のVR作品をディレクションした竹石監督とソニーミュージックの宇多田ヒカル担当・梶望氏による楽曲や映像制作についてのトークイベントが開催される。

また、PlayStation(R)4ソフト「KINGDOM HEARTS III」のオープニングテーマ曲「Face My Fears(Japanese version)」、エンディングテーマ曲「誓い」の2曲がハイレゾ音源でプリインストールされたウォークマン(R)と、ヘッドホンの『KINGDOM HEARTS III』ソニーストアオリジナルコラボレーションモデルの販売も決定。販売開始に先立ち、全国5ヵ所のソニーストアでハイレゾ音源を試聴できるほか、商品サンプルも観られる。販売情報はソニーストアのWEBにて随時発表される。


イベント情報

ソニースクエア渋谷プロジェクト
宇多田ヒカルPS VRコンテンツ リリース記念 開発トークイベント
参加方法:ソニースクエア渋谷プロジェクト公式Twitter(@SonySquareSP)をフォローかつ、PEATIXにて参加応募をされた方
日時:01/18(金)
18:10 受付・入場開始
18:30−21:00 本番
場所:ソニースクエア渋谷プロジェクト
https://www.sony.co.jp/square-shibuyapj/


リリース情報

2019.01.18 ON SALE
SINGLE「Face My Fears」

2019.03.06 ON SALE
ANALOG「Face My Fears」


ソニーストア 店舗のアクセス情報はこちら ※詳細は各店舗のページにてイベント情報をご確認ください。
https://www.sony.jp/store/retail/access/

コラボレーションモデルについてはこちら
https://www.sony.jp/walkman/store/special/a-kingdomhearts3/

『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 -“光” & “誓い”- VR』の詳細はこちら
https://www.jp.playstation.com/games/hikaru-utada-laughter-in-the-dark-tour-2018-ps4/

宇多田ヒカル OFFICIAL WEBSITE
http://www.utadahikaru.jp


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人