クアイフ、地元名古屋での満員ワンマンにて2019年の東名阪ツアー開催発表

■クアイフ、Jリーグクラブ・名古屋グランパスの2019シーズンオフィシャルサポートソングもあらたに書き下ろし決定

“絶対的、鍵盤系ドラマチックポップバンド”クアイフが、12月29日に地元名古屋のAPOLLO BASEにて、ワンマンライブ『for the future 2018』を開催、満員の観客を熱狂させた。

チケット一般発売後即ソールドアウトとなった本公演。詰めかけたクアイフィー(クアイフファンの総称)たちの期待感高まるなか、「シーソー」のアカペラで厳かに号砲を鳴らしたクアイフ。

「この日を最高にしたい。それは私たちにもかかってるし、来てくれたみんなにもかかってる」とクアイフィーを煽ると、初雪が舞ったこの日にぴったりの冬のバラード「snow traveler」、12月24日に配信リリースされたデビュー曲のリアレンジバージョン「愛を教えてくれた君へ (white night edition)」、インディーズ時代から人気のライブチューン「虹を探していた」「Don’t Stop The Music」など新旧織り交ぜたラインアップに加え、自身のレギュラー番組ZIP-FM『3TOP TUNE!!!』に寄せられたテーマをもとに制作した地元愛知への想いを綴った新曲「アイノウ」の初披露など、全19曲を圧倒的なパフォーマンスで披露した。

さらにステージ上で、来年4月からの東名阪ツアー開催を発表。

2019年がクアイフ結成“8”年目、地元名古屋(名古屋市の市章が“丸に「八」”、名古屋市が制定した記念日が“8”月“8”日)、そして名古屋グランパス“エイト”と、「来年は私たちにとって8がとても大切な数字」という想いで“eight”と銘打たれたツアーは、4月14日の梅田Zeelaを皮切りに、20日渋谷Star lounge、28日名古屋APOLLO BASEを回る。

また、地元名古屋のJリーグクラブ・名古屋グランパスの2019シーズンオフィシャルサポートソングを新たに書き下ろすことも発表。2016~2017シーズン「Don’t Stop The Music」、2018シーズン「未来emotion」に続き4年連続のオフィシャルサポートソング担当となる。

新サポートソングは来年1月14日の名古屋グランパス新体制発表会でお披露目される予定。

 ■クアイフ one-man live 『for the future 2018』
2018年12月29日(日) 愛知・APOLLO BASE
<セットリスト>
01. シーソー
02. snow traveler
03. さよならライアー
04. EverBlue
05. escapism
06. じゃあ、またね。
07. Re:Answer
08. 愛を教えてくれた君へ(white night edition)
09. こだまして
10. 虹を探していた
11. ピラミッドを崩せ
12. ニューワールド
13. アイノウ
14. 未来emotion
15. organism
16. クロスハッチング
17. Life
En1. Don’t Stop The Music
En2. meaning of me

PHOTO BY タカギ ユウスケ


リリース情報

2018.12.24 ON SALE
DIGITAL SINGLE「愛を教えてくれた君へ (white night edition)」


ライブ情報

『クアイフ Live Tour eight”』

04/14(日)大阪・梅田Zeela
04/20(土)東京・渋谷Star lounge
04/28(日)愛知・APOLLO BASE


クアイフ OFFICIAL WEBSITE
http://www.qaijff.com


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人