けやき坂46・佐々木美玲、大ファンのAimerの新曲「花びらたちのマーチ」MVに出演!「うれしくて涙が出ました」

■「撮影でいちばん印象に残っているのは、花火のシーンです。撮影なのに普通に楽しくて、青春ってこんな感じなんだろうなと感じました」(けやき坂46・佐々木美玲)

一度聴いたら忘れられない、深みのあるハスキーボイスが話題の女性シンガーAimer(エメ)。昨年10月31日より全国19ヵ所21公演のホールツアー『Aimer Hall Tour 18/19 “soleil et pluie”』を開催するなか、来週1月9日には通算16枚目となるニューシングル「I beg you / 花びらたちのマーチ / Sailing」をリリースする。

劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』II.lost butterfly主題歌「I beg you」、フジテレビ開局60周年特別企画『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』主題歌「Sailing」を収録する今作。トリプルA面として掲げられていたもう1つの表題曲「花びらたちのマーチ」のミュージックビデオが本日解禁となった。

Aimerのミュージックビデオには、これまで倉科カナ、土屋太鳳、芳根京子、浜辺美波などの女優が出演を果たしてきたが、「花びらたちのマーチ」では、けやき坂46・佐々木美玲が主演を務めた。佐々木はAimerの大ファンを公言しており、今回の出演にあたっては「うれしくて涙が出ました。」と語っている。

春の旅立ちをうたった「花びらたちのマーチ」のミュージックビデオは、卒業式当日を思わせる春のひと幕と、四季折々の青春の一場面を切り取った、切なくもハートウォーミングな内容となっている。本日よりAimer Official YouTube Channelにて公開されているので、要チェックだ。

なお、ニューシングルには表題3曲のほか、ファンの間で根強い人気を誇る「Mine」のセルフカバー、haruka nakamuraによる「ポラリス」のREMIXの全5曲を収録。haruka nakamuraは、2013年リリースの「After Dark」以来のREMIX参加となる。シングルとは思えない充実の収録内容に、期待が高まるばかりだ。

■佐々木美玲プロフィール
秋元康総合プロデュース。2015年、欅坂46に遅れて参加した長濱ねるがきっかけで誕生したけやき坂46の1期生。2017年欅坂46よりも先に全国ツアーを開催、2018年武道館3DAYSを即完で大成功させた。現在、欅坂46に肩を並べそうな勢いで急成長中。2018年6月20日にリリースしたデビューアルバム『走り出す瞬間』は7月2日付オリコン週間アルバムランキングで初登場1位を獲得、リード曲「期待していない自分」ではセンターを務めた。

けやき坂46・佐々木美玲 コメント
けやき坂46の佐々木美玲です。
このたび、Aimerさんの新曲「花びらたちのマーチ」のミュージックビデオに出演させていただきました。
Aimerさんのミュージックビデオに出演させていただけるなんて夢にも思ってなかったことだったのでびっくりしました。
普段からAimerさんにはいつも元気をもらっているので、こうして関わらせていただけるということがうれしくて涙が出ました。

撮影は冬なので、夏のシーンの撮影がすごく寒かったですが、真冬の外で食べたアイスは相変わらずの美味しさでした!!
撮影でいちばん印象に残っているのは、夜にやった花火のシーンです。撮影なのに普通に楽しくて、青春ってこんな感じなんだろうなと感じることができました。

完成したミュージックビデオを観たときは、本当に大好きなAimerさんの作品に出演できているんだなとうれしく思い、1日に何十回も動画を観てしまいました。

そして、先日Aimerさんのライブに行かせていただいて、心から感動しました。
楽曲だけじゃなく、Aimerさんの人柄の良さ、ライブにかけている想いがたくさん伝わってきて、さらに好きになりました。これからも一生応援していきたいと思います!

今回は素敵な機会をいただけて本当にうれしかったです。ありがとうございました!


リリース情報

2019.01.09 ON SALE
SINGLE「I beg you / 花びらたちのマーチ / Sailing」


Aimer Official YouTube Channel
https://youtu.be/YMxsicN1R0M

Aimer OFFICIAL WEBSITE
http://www.aimer-web.jp/


[初回限定盤/CD+DVD] [通常盤/CD]

[期間生産限定盤/CD]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人