King & Prince、“白”の世界で圧倒的な透明感を体現! さらに、大人の色気を感じさせる“BLACK”バージョンも

■『with』2月号に、King & Prince、滝沢秀明、堀未央奈&大園桃子(乃木坂46)、AAA宇野実彩子、生駒里奈、岡田健史らが登場!

12月27日発売(※首都圏基準)の『with』2月号に、同誌初カバーとなる King&Princeが登場。ファンタジックな冬バージョンのスペシャルフォトと『with』恒例の超ロングインタビューに加えて、特製ピンナップも! ファンは要チェックだ。

■今年最後のKing & Prince、Winterバージョンで登場!
今回の撮影は「King & Prince, Black & White」というテーマで実施。Whiteバージョンでは、ウィンターホワイトランドのKing & Princeを演じた。

架空の国、ウィンターホワイトランドにあるすべてのものは真っ白。禁断の果実「リンゴ」も、異世界への扉をあけてくれる「ウサギ」も、青春を共にした「ボール」も、光り輝く「王冠」も、夢をつめこんだ「トランク」も……。そして、もちろん本人たちも。ありとあらゆるものすべてが白い世界。そんな世界に迷い込んだのがKing & Princeの6名という……。

メンバーが、くんずほぐれつ魅せてくれる表情は、どれも必見! 光が透けそうなくらい圧倒的な透明感のある6人の姿をお見逃しなく。

一方、BLACKバージョンは、どれも大人の色気を感じさせる写真に。ソロカットをメインに撮影し、 一人ひとりの男としての魅力を存分に感じられる仕様となっている。メンバーと一緒か、ソロか、どちらもお好み次第!

もちろん『with』恒例のロングインタビューも。今回も原稿用紙30枚越えのボリュームで、たっぷりとメンバーの発言が楽しめる。

そして、今号にはピンナップも! ソロカットを6人分並べたBLACKと、6人のグループショットのWHITE。どちらを飾るかは貴方次第!

■滝沢秀明による、滝沢秀明のページ。「最後の舞」ここに!
2018年、平成最後の年に発表された「表舞台からの引退」。その重みを知る『with』取材班も、今回の撮影はいつも以上に気合の入る撮影に。それはひとえに「もう二度と演者『滝沢秀明』を撮影できない…」ということ。

そこで今回、前半2Pはフォトグラファーによる撮影、後半2Pは本人によるシャッター。つまりセルフポートレートに挑戦!

「表舞台/プロデュース」という、今回の撮影コンセプト。表舞台から身を引き、プロデュースにまわる滝沢の大切な人生の節目に、偶然居合わすことができたこのタイミングだからこそできた企画となっている。結果、一同が「オーーーーッ」と思わずうなるほどの期待を上回る素晴らしいものに。

企画の後半にある写真は、紛れもなくすべて、演出「滝沢秀明」として、被写体である自分「滝沢秀明」を切り撮った顔!  フォトグラファーによる撮影時には出なかった柔らかい表情やおどけた顔、様々なポーズ。これらはもちろん滝沢が自ら考えてやったものだ。前半部分の純粋なる演者としての表情との違いを、ぜひ比べ見てみよう。

もちろんインタビューでも、最後の仕事となる『孤高のメス』をはじめ、「ジャニーズイズム」を強く感じさせる言葉を満載。そのひと言ひと言の重みをじっくりと味わおう。

■乃木坂46の堀未央奈と大園桃子が、先輩OL&後輩OLに!
好評の乃木坂OLプロジェクト。第5弾の今回は、堀未央奈と大園桃子が登場。“しっかり者のデキる先輩”(堀)と、“天然系愛されキャラの後輩”(大園)に扮し、年始の“あるある”シーンを演じた。

初詣シーンの撮影で訪れた神社では、実際にお参りをしたり、おみくじを引いたり。役柄そのままに、ほんわか面白発言を連発する大園と、それをフォローしツッコむ堀の絶妙な掛け合いに、スタッフ一同大盛り上がり! 「もしもOLになったら……」というインタビューでは、「居眠りして上司に怒られるのがいやだから、はじめから上司がいい!」(大園さん) という斬新な発想で、またひと笑い。ファンは要チェックだ。

■女子の憧れ! 宇野実彩子のキレイのヒミツ
連載「可愛い<キレイメイク」 が、毎月人気アンケートの上位にランクインする宇野実彩子。読者からのもっと知りたい、の声に応えて、今号では宇野のキレイの秘密にフィーチャーする拡大企画を用意。毎号、オトナ女子の美容の“あるある話”をぶっちゃけトークしてくれる宇野だが、今号でもセキララ話が満載だ。お酒を飲んだ次の日どうする? 話や、宇野の美容の秘密兵器など、とっておきのネタのオンパレード。お楽しみに! 撮影では、磨き抜かれたボディラインも披露。女子が憧れる新アイコン、宇野実彩子のキレイを360度大解剖。

■ラブコールがついに実現、生駒里奈初登場!
乃木坂46を卒業し、テレビや舞台などでの活躍が目覚ましい生駒里奈。編集部からの熱いラブコールを受け、『with』に初登場! 11月下旬の撮影当日は、極寒の曇り空。代官山周辺を散歩しながらの撮影となったが、寒さをものともせず生駒スマイル を披露した。大人びた表情や、憂いを帯びた眼差しなど、新しい生駒さんの魅力が満載。インタビュー後は編集部が用意したお弁当をモリモリ食べ、出演中の舞台の現場に颯爽と向かって行ったとのこと。真摯で魅力的。ファンは必見だ。

■2号連続、岡田健史、再び見参!
二号連続で登場の超大型新人、岡田健史。先ごろ最終回を迎えた『中学聖日記』での好演はもちろんのこと、それにあわせて開設されたインスタグラムアカウントの盛り上がりがニュースになるほど、話題になっている。今回もクールな表情から、優しい表情まで様々な顔を見せている。カメラマンの川島小鳥がおもわず「神」とつぶやいた、後光のさしたカットも見ることができる。プロモーション動画で話題になったミカンシーンもこちらの号で。


書籍情報

『with』2019年2月号 
12月27日(木)発売 ※首都圏基準
価格:
通常版680円(税込)
増刊780円(税込) ※ふくらはぎシェイパー付き
※通常版と増刊は、本誌の内容は同じになります。


『with』OFFICIAL Facebook
https://www.facebook.com/with.magazine

『with』OFFICIAL Twitter
https://twitter.com/with_magazine

『with』OFFICIAL Instagram
https://www.instagram.com/with_mag_official/

『with』OFFICIAL LINE
http://line.naver.jp/ti/p/%40with_magazine


 

[通常版]

[増刊]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人