V6、清水翔太作詞作曲による大人の恋愛ソング「Right Now」MV公開

■V6×『ONE PIECE』コラボイラストジャケットも話題沸騰!

V6が来年1月16日に発売する、50枚目のダブルAサイドシングル「Super Powers / Right Now」から、「Right Now」のミュージックビデオが公開された。

「Right Now」は、清水翔太が作詞作曲、さらに編曲までを手がけた「大人のラブソング」。トラップ的なビートが効いた、清水翔太の創るダークでセクシーな“新しいサウンド”のV6が感じられる仕上がりになっている。

“ラブソング”という枠の中で、「俺」という一人称を使用。男性目線のストレートな歌詞で、恋愛の駆け引きを描いている。

ミュージックビデオは、大人のV6にしか表現できないダンスシーンと、ひとつの同じシーンを6つの異なったシチュエーションで撮影し、編集効果を使い空間を立体的にとらえたギミックの利いた映像。音数は多くないのに、動きは非常に難しい振りで、スキルを要するダンスシーンが完成した。

また、ダブルAサイドとして収録されている、アニメ『ONE PIECE』の主題歌となっている「Super Powers」。ひと足先に公開されたミュージックビデオと同様に話題となっているのが、CD通常盤の初回仕様のスリーブジャケットだ。こちらは【ONE PIECE オリジナル描き起こしイラスト スリーブ】となっており、麦わらの一味とV6のメンバーが、この作品のために描き起こされたスペシャル仕様となっている。

一味とV6が同じポーズをとり、同じ方向を見つめるイラストは、まさにアニメ主題歌である「Super Powers」の、仲間の持っている力を出して合わせれば、より大きなひとつのパワーになるといったメッセージが感じられる世界観となっていて、貴重な一枚が描かれている。

また、通常盤にのみ収録されるカップリング曲はメンバー坂本昌行・長野博・井ノ原快彦の3人による20th Centuryと、森田剛・三宅健・岡田准一の3人によるComing Centuryのそれぞれの楽曲が収録される。

トニセンの楽曲は女性シンガー土岐麻子が作詞を担当。カミセンの楽曲は今注目のバンド、DENIMSからの楽曲提供曲となっている。こちらも本日より、オフィシャルサイトにて試聴がスタートした。

■清水翔太 コメント
このたび、V6さんに楽曲を書かせていただくことになりました。
コンペではなく、直々に僕に直接依頼というのがメンバーの皆さんの希望と聞いて、とても光栄でした。
子どもの頃からいつもテレビで観ていたスターたちが、自分の作ったトラックで踊り、自分の書いたメロディーや詩を歌っていると思うととても幸せですし、子どもの頃の自分に自慢したいです。
僕なりに彼らをより格好良く魅せる作品を考えて作りました。
ぜひとも、たくさんの方の元に届けば幸いです。

■土岐麻子 コメント
「女性の立場への理解と尊重がある方たちだ、トニセンの3人はとにかく優しい!」というお話をスタッフさんとの打ち合わせのときに聞いて、そこからイメージして出来た歌詞です。
トオミさんのダンサブルなサウンドを楽しみながら、言葉を当てていきました。
素敵な作品に携われて光栄です。

■カマチュー(DENIMS)コメント
僕たちにとって、初めての楽曲提供でしたが、カミセンの3人に歌っていただくことを想像して作っていると、軽快なダンスチューンが出来ました。
生活感がありつつ、誰かの背中を押せるような歌詞になったと思います。
ミックス作業していると、それぞれ3人のキャラクターのある声に愛おしさを感じました。
作った歌をカミセンの3人に歌っていただけたことが感激です。ありがとうございます。


リリース情報

2019.01.16 ON SALE
SINGLE「Super Powers/Right Now」


V6 OFFICIAL WEBSITE
http://avex.jp/v6/


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人