“バブリーダンス”の伊原六花、大沢伸一プロデュースで歌手デビュー!「一生懸命練習しました」

■「この曲を聴いてくださった方が“なにかちょっと頑張ってみようかな” “なんか元気になったな”と思っていただけたらうれしいです」(伊原六花)

バブリーダンスでおなじみの大阪府立高校ダンス部元キャプテンで、2018年2月からセンチュリー21のイメージキャラクター“センチュリー21ガール”を務める女優の伊原六花が、歌手デビューすることが発表された。

楽曲名は「Wingbeats」。2019年1月21日から放送予定のセンチュリー21の新CM内で、主要配信サイトでのリリースに先立ってオンエアされる。なお、主要配信サイトでは1月30日から配信が予定されている。

芸能界デビュー後、 センチュリー21ガールとしてCMや各種プロモーションにて活躍、また、女優としてもドラマなどに出演し成長を続けてきた伊原が、今回あらたに歌手として活動を開始する。伊原の透明感のある歌声と、あらたな一面に注目だ。

楽曲は、MONDO GROSSOとして活動する一方で、多くのアーティストに楽曲提供を行い、多数のヒット作を手がける音楽家、DJ、プロデューサーの大沢伸一がプロデュース。透明感のある伊原の歌声とともに、期待感の溢れる楽曲となる予定だ。

今回の歌手デビューにあたり、伊原は「もともとダンスに加え、歌うことも好きでした。人前に出て歌うことが初めてだったので、ボイストレーニングにも通わせていただき、歌手デビューに向けて一生懸命練習しました。ぜひ、多くの人に聴いていただければと思います」とコメント。

また、大沢伸一は歌手デビューする伊原に「今回プロデュースの依頼を受けて作曲、アレンジを担当しました。CMソングでもあるのですが、彼女自身のイメージにも重なる部分もあり、良い仕上がりになったと思います」と、完成する楽曲への意気込みを語った。

本楽曲は、2019年1月21日より放送予定のセンチュリー21の新CMおよび、センチュリー21 YouTube公式アカウント限定で公開されるミュージックビデオで視聴できる。

伊原六花 コメント
センチュリー21ガールとしてデビューさせていただいてから、新しいことにたくさん挑戦させていただいています。CMもそうですし、今回の歌手デビューもサポートしていただきました。これらの経験を、自分の身になるようにひとつひとつ大事にして、これからも頑張っていきたいと思います。
大沢伸一さんの楽曲は、リズムも本当に素敵ですし、背中を押してくれるような楽曲でした。歌詞を咀嚼しながら精いっぱい歌ったので、この曲を聴いてくださった方が「なにかちょっと頑張ってみようかな」「なんか元気になったな」と思っていただけたらうれしいです。 このような形で歌手デビューすることができて、 本当に幸せです。


MONDO GROSSO OFFICIAL WEBSITE
http://www.mondogrosso.com/

センチュリー21公式サイト
https://www.century21.jp/

伊原六花 OFFICIAL Instagram
https://www.instagram.com/rikka.ihara.official/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人