昼は武道館で女祭り!夜は横アリで男祭り!UVERworld、前代未聞の“TAKUYA∞生誕祭”完遂

■「疲れだったりそういうものを忘れさせてくれるのが女の子です。いつも助けられてるよ」「ドームで男祭りをやりたいとずっと言い続けてきた。必ずやるから!」(TAKUYA∞)

UVERworldが、ボーカル・TAKUYA∞の誕生日でもある12月21日、昼に東京・日本武道館で「女祭り」、夜に神奈川・横浜アリーナで「男祭り」と、同日に2公演を別会場で開催する前代未聞の生誕祭を行った。

これまでも2017年2月には埼玉・さいたまスーパーアリーナに2万3,000人の男性ファンを集めた「日本最大の男祭り」、同年12月には横浜アリーナの客席を半分に割る形で行った「男祭りVS女祭り」など数々のユニークなライブを成功させてきた彼らだが、今回はまさに“あらたな一手”といえる歴史的ライブとなった。

昼13時。武道館のステージに現れた彼らは、1万人の女子CREW(UVERworldファンの総称)を前に「CHANCE!」「SHAMROCK」「シャカビーチ」といった最近のライブでは披露していない楽曲を連発。

TAKUYA∞は「武道館で2度とやらないと思っていた曲たちをこうやってまたみんなに聴かせることができてうれしい。この曲たちは男祭りではやらないから、男たちには聴かせねえ!」と、この日の女祭りのために特別なセットリストを用意してきたことを伝え、女子CREWを喜ばせた。

ライブ中盤では、選ばれたCREWをステージに上げ、「君の好きなうた」「SHOUT LOVE」をしっかりと歌い上げ、ライブ後半で「IMPACT」や「在るべき形」といった鉄板ナンバーが披露されると、会場の熱気はピークに。

TAKUYA∞も「この後夜ライブあること完全に忘れてた! 疲れだったりそういうものを忘れさせてくれるのが女の子です。どうもありがとう、いつも助けられてるよ」とこの日のライブが最高だったことと感謝を語り、昼の武道館公演は幕を閉じた。

この後メンバー、スタッフは横浜へ移動。

横浜アリーナは、17時30分の開場時刻を迎えると同時に、男子CREWの怒号のような声援が会場を埋め尽くし、この後始まる“男と男の勝負”に向け、熱気を高めていた。

夜19時ちょうど、「Q.E.D.」で口火を切った男祭りのライブは序盤からフルスロットル。客席の中で「Don’t think.Feel」などを歌い上げ、男子CREWと拳を突き合わせるなど、昼とは打って変わって超戦闘モードでのライブを展開。

ライブ中盤、「想像をはるかに超えてる。こんなにうれしいと思ってなかった。滋賀で音楽を初めて、何者でもない自分が悲しくて、悔しくて、とにかく何かになりたかった、誰かに認められたかった。滋賀にいる頃の、あの頃の何もなかった時代のすべてが今、形になっていると思うと感謝しかない」と口にしたTAKUYA∞。感極まって涙する場面もあり、この日のライブにかけた想いを感じさせた。

最後は、男祭りはこの曲なしては終われないと「男祭り名物」ともいえる「MONDO PIECE」を披露。男子CREW全員が肩を組み、涙しながら大合唱し、素晴らしいクライマックスを迎えた。

最後にTAKUYA∞は「いつかはドームで男祭りをやりたいとずっと言い続けてきた。必ずやるから!」と男子CREWと固い約束をしステージを去った。

なお、この日の女祭りの模様は2019年3月、男祭りの映像は4月にWOWOWで放送される。

12月25日には11年連続となるクリスマス公演で再び日本武道館に戻る彼ら。その後、12月30日・31日の福岡公演まで駆け抜ける。

PHOTO BY 鳥居洋介


リリース情報

2018.11.07 ON SALE
SINGLE「GOOD and EVIL / EDENへ」

2019.01.16 ON SALE
DVD&Blu-ray『UVERworld TYCOON TOUR at Yokohama Arena 2017.12.21』


ライブ情報

UVERworld ARENA TOUR 2018
12/25(火)東京・日本武道館 ※Premium LIVE on Xmas
12/27(木)兵庫・神戸ワールド記念ホール
12/28(金)兵庫・神戸ワールド記念ホール
12/30(日)福岡・マリンメッセ福岡
12/31(月)福岡・マリンメッセ福岡


『約束のネバーランド』番組サイト
http://neverland-anime.com

『UVERworld ARENA TOUR 2018』特設サイト
http://www.uverworld.jp/feature/2018_livetour

UVERworld OFFICIAL WEBSITE
http://www.uverworld.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人