レディー・ガガ、日本のファンに向けたクリスマスコメント公開!“ガガ史上最も泣けるバラード”の映像も解禁

■レディー・ガガ初主演映画『アリー/ スター誕生』は現在、大ヒット公開中!作品のラストを飾る、ガガ史上最も泣けるバラード「アイル・ネヴァー・ラヴ・アゲイン」を熱唱するシーンは必見

12月21日に映画『アリー/ スター誕生』がついに日本公開。本作で主役のアリーを演じたレディー・ガガから日本のファンに向けたクリスマスコメント動画が到着。映像内で、映画公開直後から“ガガ史上最も泣けるバラード”と話題沸騰のラストソング「アイル・ネヴァー・ラヴ・アゲイン」のミュージックビデオの一部も公開された。

『アリー/ スター誕生』は、歌手の夢をあきらめていたアリーが、ウェイトレスからスターへと駆け上がっていくシンデレラストーリーを描いた感動のミュージカルドラマ。アリーの人生を大きく変えるミュージシャン、ジャクソンを監督も務めたブラッドリー・クーパーが演じた。

本作は全米をはじめ、公開された国々で軒並みヒットを飛ばし、全世界の興行収入は400億円を突破。ゴールデン・グローブ賞では5部門にノミネートされ、アカデミー賞でも最有力と目されている。

さらに、本作は音楽も話題。「アイル・ネヴァー・ラヴ・アゲイン」を収録した『アリー/ スター誕生 サウンドラック』は、全米アルバムチャート3週連続1位という記録を打ち立て、『ラ・ラ・ランド』『グレイテスト・ショーマン』『ボヘミアン・ラプソディ』のサウンドトラックを越える快挙を達成(参照:米・ビルボード・チャート)。全世界88ヵ国のiTunesでもナンバーワンを獲得するなど、全世界で驚異的セールスを記録。

主題歌「シャロウ~『アリー/ スター誕生』愛のうた」は、グラミー賞で主要2部門を含む4部門でノミネートされるなど、社会現象となっている。

クリスマスイブの本日12月24日に公開された特別映像でレディー・ガガは「日本の皆さん、メリークリスマス! 皆さんが素晴らしい日を過ごせますように!!」と大の親日家らしいコメントを日本のファンに寄せ、続いて本作のラストを飾るにふさわしいアリーの圧巻の歌声が胸に迫る「アイル・ネヴァー・ラヴ・アゲイン」の一部を収めた映像が映し出される。

レディー・ガガが書き下ろした「アイル・ネヴァー・ラヴ・アゲイン」は、アリーがジャクソンを愛するあまり、傷ついた気持ちや深い悲しみを表現。「もう二度と誰も愛さない」「同じように誰かを愛することは二度とない」と歌われるバラード。

4万人規模で行われた大規模な試写会で本作を鑑賞した一般の方々からは、すでに“ガガ泣き”と感涙クチコミが広がっている。

この楽曲に関してガガは「私は部屋に入り、皆に「それじゃ、映画『ボディガード』の『オールウェイズ・ラヴ・ユー』(ホイットニー・ヒューストン)を上回る曲を書かないとね」って言ったわけ。実際にはなかなか難しことだけど、でもこの作品を締め括る重要な場面の裏には、そういった構想があったの。この曲に関してすごく興味深いと思うのは、この曲のタイトルである『アイル・ネヴァー・ラヴ・アゲイン』、つまり“もう二度と愛さない”というのが、ある意味ネガティブな曲名だってところなのよ。とは言っても、もちろんいずれ愛することはあるでしょう。人は皆、誰しもね。けれど悲しみがあまりに強烈すぎて、あまりに深く傷ついた場合、同じように誰かを愛することは二度とないうことね。私はこの曲が大好きでたまらないのよ」と語り、自信にとっても特別な楽曲であることを明かしている。

なお、ブルーのドレスに身を包んだアリーが「アイル・ネヴァー・ラヴ・アゲイン」を表現力豊かに歌い上げ、最後に涙を見せる感動のミュージックビデオのフル尺版は、YouTubeで視聴することができる。要チェックだ。


映画情報

『アリー/ スター誕生』
12月21日(金)全国ロードショー
監督&製作:ブラッドリー・クーパー
出演:レディー・ガガ、ブラッドリー・クーパー
全米公開:2018年10月5日
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC


映画『アリー/ スター誕生』作品サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/starisborn/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人