YOSHIKIプロデュースワイン「Y by Yoshiki」、“最高傑作”がついに完成!12月26日から発売開始

■「ワインは私にとって音楽と同じです。ひと口、口に含むたびにイマジネーションが広がり、心が解き放たれます」(YOSHIKI)

X JAPANのYOSHIKIがプロデュースしたワイン「Y by Yoshiki」の最新作が12月26日から発売される。

米国カリフォルニアの銘醸地と言われるナパ・ヴァレー。その地で「アイコンワイン」「カルトワイン」と呼ばれる赤ワインを多く産出するのがナパ・ヴァレーの中心に位置する「Oakville(オークヴィル)」。

2008年、YOSHIKIとナパ・ヴァレーのワイン造り手一族の4代目であり醸造家でもあるロブ・モンダヴィJr.が、「Y by Yoshiki」プロジェクトをスタートして10年。ついにオークヴィルのブドウだけから造られた10周年記念特別限定品「Y by Yoshiki Cabern et Sauvignon Oakville Napa Valley 2016(ワイ・バイ・ヨシキ カベルネ・ソーヴィニョン オークヴィル ナパ・ヴァレー)」が完成した。

多品種をブレンドすることで複雑味を表現するボルドー系赤ワインのスタイル。そのなかであえてカベルネ・ソーヴィニョン100パーセントで造られたこのワインには、オークヴィルで栽培されたブドウへの自信とクオリティの高さが感じられる。フレンチオーク樽の中でゆっくりと熟成を重ねたワインがこの冬、門出を迎える。

芳醇な香りと、力強さの中にある複雑味とふくよかさを感じるこのワインは、YOSHIKIの追求する一流の芸術性を表現。10年の時を経てようやく生まれた最高傑作といえる。

<商品情報>
商品名:Y by Yoshiki Cabern et Sauvignon Oakville Napa Valley 2016
ワイ・バイ・ヨシキ カベルネ・ソーヴィニョン オークヴィル ナパ・ヴァレー
参考小売価格:28 , 000円 (税別)
輸入代理店発売開始日: 2018年12月26日
品種: 100パーセント カベルネ・ソーヴィニョン
アぺレーション: オークヴィル、ナパ・ヴァレー
熟成: フレンチオーク樽(85パーセント新樽、15パーセント1年使用済)で21ヵ月
アルコール度: 15.2パーセント
pH: 3.64
総酸度: 6.5g/L
残糖: 0.25g/L
生産量: 限定4,320本
醸造 責任者 :
ロブ・モンダヴィJr.

【ティスティングコメント】
ナパ・ヴァレーの中でも最も畏敬の念をもって称賛されるブドウ栽培地区「オークヴィル」。その土地から選び抜かれたこのブドウは、オークヴィルの土壌だけが持つ象徴的な個性である、完熟したフレーバー、奥深い重厚さ、滑らかな舌触りをワインに与えます。このカベルネ・ソーヴィニョンは、切りたてのチェリー、フレンチプラム、乾燥ハーブ、トーストしたオーク樽、なめし皮等のアロマが美しいハーモニーを奏でています。口に含むと、リッチなマホガニーや赤いチェリー、カシスが堂々とした主旋律のように響き、挽きたてのココアのフレーバーが、スムーズで複雑な舌触りと圧倒的で印象深い後味に導きます。

■ロブ・モンダヴィ Jr. コメント
この「Y by Yoshikiオークヴィル・カベルネ・ソーヴィニョン2016」の生み出す果実味と舌触り、そして多くのアロマが奏でるハーモニーに感動しました。口に含んだ直後・その後・終わりとそれぞれの部分で、ユニークさや、スムーズなボディと豪華さがうまく溶け合っている味わいが感じられます。この味わいが調和して溶け合っていることと滑らかさは、YOSHIKIにとってこの上なく重要なことです。ミュージシャンとして、ハーモニーを造りバランスを取ることは、それが音楽であろうとワインであろうと、彼にとってはとても重要なのでしょう。私自身、YOSHIKIとワインをティスティングすることを楽しんでいます。彼は真の熱狂的ワイン愛好家であり、ワインのそれぞれの側面に対する彼の見方を私は高く評価しています。それはまるで魅力的な交響曲を造り上げる音符のようです。

■『神の雫』原造者、亜樹直こと樹林ゆう子、樹林伸 コメント
「これはオークヴィルの香りですね……。良い畑のブドウの香り。タンニンが滑らかなところがすごい」

「第3弾がスマートカジュアルなら、オークヴィルはブラックタイ」

「Y by Yoshikiに共通していることはやさしさ。向こうから近づいてくる。これはこのオークヴィルにも言える。YOSHIKIさんの生き方とか哲学が反映されているのかも……。歴史に残るワインかもしれない……」
※Y by Yoshiki 第3弾発表会でのプレリリース・ティスティングにて

■Y by Yoshikiとは

“ W h en I compose a song, I write the score on a piece of paper, rarely do I use a musical instrument. I can hear everything in my head. It ’ s almost always complete. Wine to me is a song. My imagination flows with every sip and my mind is set free.
Together with Rob Mondavi, Jr., Y was created out of my passion for wine and music. ” YOSHIKI

訳:
作曲をするとき、私は五線紙に音符を書いていきます。楽器は滅多に使いません。頭の中ですべてのメロディが聴こえるからです。そしてこの工程でほとんどが完成します。ワインは私にとって音楽と同じです。ひと口、口に含むたびにイマジネーションが広がり、心が解き放たれます。
“Y”は、ロブ・モンダヴィ Jr.と共に、私のワインと音楽への情熱から創造されました。YOSHIKI

X JAPANのリーダーでドラマー、ピアニスト。そして造詞・造曲を手がける音楽家として、世界的に活躍するYOSHIKIがプロデュースする「Y by Yoshiki」(ワイ・バイ・ヨシキ)。

2009年に誕生した「Y by Yoshiki」は、YOSHIKIとナパ・ヴァレーのワイン造り手一族の4代目であり醸造家でもあるロブ・モンダヴィ Jr.とのコラボレーションにより造られたワイン。

カリフォルニアに居を構え、ワインに親しんできたYOSHIKIは、つねにモンダヴィ・ファミリーを称賛し、彼らの造るナパ・ヴァレーのワインを購入しコレクションし続けてきた。そして彼がコラボレーションの相手として選んだのが、カリフォルニアワイン業界で最も尊敬されるファミリーのひとつであるマイケル・モンダヴィ・ファミリーだった。

2009年2月、ナパ・ヴァレーを訪れたYOSHIKIは、マイケル・モンダヴィとロブの親子と会い、彼らの自宅で夕食を共にし、マイケル・モンダヴィ・ファミリー・エステートではロブと共にワインのティスティングを行い、シャルドネとカベルネ・ソーヴィニョンのブレンドを行った。そのときにブレンドした最初のヴィンテージである2008年カベルネ・ソーヴィニョンとシャルドネは、2009年の秋に日本でリリース。このワインは、YOSHIKIの好きな味わいやフレーバーを、彼自身がティスティングから選び、造られた。

その後、2016年秋に新しくリリースされた2011年カベルネ・ソーヴィニョンと2012年シャルドネは、カリフォルニアの銘醸地であるナパ・ヴァレーのブドウだけから造られたプレミアムワインだった。2017年末、テレビ番組で紹介されたことをきっかけにそのワインは大注目され即完売。「Y by Yoshiki」は日本の市場から姿を消してしまった。

そこでYOSHIKIは、より多くの人々にカジュアルに飲んでもらえるワインを造りたいと考え、再びロブと試飲を重ねあらたな「Y by Yoshiki」を発表。前造同様それぞれの品種の個性を十分に表現し、かつカリフォルニアらしさも楽しめる「スマートカジュアル」なワインを2018年7月にリリースした。ところが発売されたのも束の間、半年も経たないうちにまたしても完売する事態となり、いまだ大きな反響は続いている。

話題を呼び続け、入手困難な状況が続くほど多くの人々に愛されるワインとなった「Y by Yoshiki」。ついに2018年12月、待望のオークヴィル ナパ・ヴァレーがリリースされる。


Y by YOSHIKI 公式サイト
http://www.ybyyoshiki.com/

YOSHIKI OFFICIAL Instagram
https://www.instagram.com/yoshikiofficial/

YOSHIKI OFFICIAL WEBSITE
http://www.yoshiki.net/

X JAPAN OFFICIAL WEBSITE
http://xjapan.com/


PHOTO BY Jason Tinacci

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人