『オリコン年間ランキング 2018』発表!アーティスト別セールス大賞は安室奈美恵が受賞

■安室奈美恵が自身2度目の「年間アーティスト別セールス部門大賞」を受賞!シングルランキング1位はAKB48、新人賞はKing & Prince!

『第51回 オリコン年間ランキング 2018』が発表された。

同ランキングは、2018年年間(集計期間:2017年12月25日付~2018年12月17日付)の音楽ソフト・映像ソフトの売り上げをオリコンがまとめたもの。「年間アーティスト別セールス部門 大賞」には、9月に引退した安室奈美恵が輝いた。

安室は、本年度の年間集計期間内の音楽ソフト(シングル、アルバム、音楽DVD&Blu-ray)の総売上金額が190.0億円を記録。1996年以来、自身通算2度目の「年間アーティスト別セールス部門 大賞」受賞となった。なお、女性ソロアーティストの同部門1位は、2007年の倖田來未以来、11年ぶり。

各ランキングの1位は以下のとおり。また、「Teacher Teacher」で「年間シングルランキング」1位を獲得したAKB48、新人賞を受賞したKing & Princeのコメントも到着した。

■アーティスト別セールス部門
大賞:安室奈美恵
シングル:AKB48
アルバム:安室奈美恵
ミュージックDVD・Blu-ray Disc:安室奈美恵
新人賞:King & Prince

■作品別売上数部門
シングル:AKB48「Teacher Teacher」
アルバム:安室奈美恵『Finally』
ミュージックDVD・Blu-ray Disc:安室奈美恵『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~』
新人シングル:King & Prince「シンデレラガール」
新人アルバム:けやき坂46『走り出す瞬間』
演歌・歌謡シングル:氷川きよし『勝負の花道』
洋楽アルバム:BTS (防弾少年団)『LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’』
インディーズ シングル:ジェジュン『Defiance』

【映像】
■作品別売上数部門
DVD:安室奈美恵『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~』
Blu-ray Disc:安室奈美恵『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~』
ミュージックDVD・Blu-ray Disc:安室奈美恵『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~』
ミュージックDVD:安室奈美恵『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~』
ミュージックBlu-ray Disc:安室奈美恵『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~』
洋画DVD:ヒュー・ジャックマン『グレイテスト・ショーマン』
洋画Blu-ray Disc:マーク・ハミル『スター・ウォーズ/最後のジェダイ MovieNEX(初回版)』
邦画DVD:AKIRA、青柳翔『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』
邦画Blu-ray Disc:大野智『「忍びの国」Blu-ray』
アニメ・特撮DVD:アニメーション『ミニオンズ 9ミニ・ムービー・コレクション』
アニメ・特撮Blu-ray Disc:アニメーション『ラブライブ! サンシャイン!! 2nd Season 1【特装限定版】』
劇場公開アニメDVD:アニメーション『SING/シング』
劇場公開アニメBlu-ray Disc:アニメーション『リメンバー・ミー MovieNEX』
テレビドラマDVD:田中圭『おっさんずラブ DVD-BOX』
テレビドラマBlu-ray Disc:田中圭『おっさんずラブ Blu-ray BOX』
バラエティ・お笑いDVD:鈴井貴之、大泉洋『水曜どうでしょうDVD第28弾「ヨーロッパ20ヵ国完全制覇 完結編」』
バラエティ・お笑いBlu-ray Disc :『A3! FIRST Blooming FESTIVAL【Blu-ray】』
アイドル・イメージDVD:浅川梨奈『浅川梨奈 お待たせしました!』
アイドル・イメージBlu-ray Disc:浅川梨奈『浅川梨奈 お待たせしました!』

■シリーズ別
◇映像作品別売上数部門
映画DVD・Blu-ray Disc:スター・ウォーズ/最後のジェダイ
ドラマDVD・Blu-ray Disc:おっさんずラブ
アニメDVD・Blu-ray Disc:ラブライブ!サンシャイン!! 第2期

◇総合シリーズ別セールス部門
シングル・アルバム・DVD・Blu-ray Disc・BOOK:アイドルマスター シリーズ

※売上⾦額・タイトル数・新作数は各週間ランキング[SINGLE Top 200/ALBUM Top 300/DVD Top 300/Blu-ray Top 300]でのランクイン期間内のみの集計とする。
※売上金額は小売価格(税込)で算出。
※売上金額は100万、売上枚数は100単位を四捨五⼊。
※新作数は、タイトル数のうち調査期間内に発売したタイトルの数とする。

■今年も歴代記録を更新!シングル9年連続1位2位独占!
AKB48 メンバーからの喜びと感謝のコメント

Q1. 「オリコン年間ランキング2018」の「シングルランキング」で、「Teacher Teacher」が、2010年の「Beginner」以来9年連続の年間シングルランキング1位となり、ご自身が歴代1位記録を持つ「年間シングル1位連続獲得年数」を更新。また2位には「センチメンタルトレイン」がランクインし2010年から9年連続の1位、2位独占。「ミリオンセールス連続達成年数」も歴代単独1位となるなど、今回も多数の歴代記録を更新されました。今のお気持ちをお聞かせください。
小栗有以:9年連続の年間シングルランキング1位ということで、本当に先輩方がずっとつないでくださったからこそ、今の私たちがこのような記録を達成できています。先輩方に感謝ですし、もちろんファンの皆さまのおかげだと思います。受け継いだバトンを今の私たちが、また2019年につないでいけるように、AKB48にしかできないパフォーマンスをこれからもできるように頑張ります。

Q2. 今年リリースした楽曲すべてがTOP10内にランクインするなど、今年も大活躍でした。この1年を振り返ってみていかがでしたか。例えば印象深いパフォーマンスなどお教えください。
柏木由紀:印象深い楽曲は「NO WAY MAN」です。AKB48史上最高難度を更新したといわれる振り付けなのですが、本当に難しくて。みんなで何度も何度も練習して、この曲であらためて一致団結できたと思います。

Q3. 2018年、応援してくれたファンの皆さまとの交流で思い出深いエピソードなどありましたらお教えください。またファンの皆さまへのメッセージもお願いいたします。
岡⽥奈々:2018年は「ジャーバージャ」というシングルで初めて単独センターを任せていただいたときに、すごく不安でなかなか自信が持てなかったんですが、ファンの皆さんに「自信持っていいんだよ、私たちが支えるから」と、すごく⼒強いお言葉をいただいて、自信を持つことができ、臆することなくセンターに⽴つことができました。ファンの皆さまあってのAKB48グループだと思っています。たくさんの偉大な先輩の卒業もありますが、私たちの世代でまた素晴らしい時代を築きあげていきたいと思いますので、これからも応援の程よろしくお願いします。いつもありがとうございます。

Q4. 来年もさらなるご活躍が期待されます。2019年の抱負をお聞かせください。
向井地美音:個人的には先日、横山由依さんから次期総監督に指名していただきました。またAKB48を引っ張ってきてくださった先輩である山本 彩さんの卒業や指原莉乃さんの卒業発表とグループにとっても変化の多い2018年でした。来年は私たち新しい世代がもっともっと頑張って先輩方が築き上げてくださった歴史を未来に繋げていけるように精一杯頑張っていきたいと思います。来年もよろしくお願いします。

■新人アーティストシングルの年間売上50万枚超えは2010年代初!
King & Prince メンバーからの喜びと感謝のコメント

Q1. 「オリコン年間ランキング2018<アーティスト別セールス部門>」で新人賞受賞、「作品別売上数部門:シングルランキング 新人」でも、デビューシングル「シンデレラガール」と、2ndシングル「Memorial」が、1位、2位を独占されました。おめでとうございます!今の率直なお気持ちをお聞かせください。また、新人賞は一生に一度のことです。このお気持ちをどなたに伝えたいですか?
永瀬廉:ファンの方たちです。やはりファンの方たちが作ってくれた記録だと思っているので感謝の気持ちでいっぱいです。
岸優太:この名誉ある賞をいただけたことをまずファンの方たちに伝えたいです!そしてこれまでお世話になったすべての方に感謝の気持ちを伝えたいです。
神宮寺勇太:僕たちはとても幸せ者だなと思いました。ファンの方たちや曲を好きになってくれた方たちがこんなにもたくさんいるという現実にとても幸せを感じています。そして新人賞は一生に一度のことなのでまずはファンの方たちにこの喜びを伝えたいです。いつも僕たちにパワーを与えてくれているのでファンの方たちと獲った賞だと思います。
髙橋海人: 新人賞を受賞できたことでアーティストとしてのスタートダッシュが切れました!今まで支えてくれたファンの方達や両親、スタッフの皆さんに恩返しできたかなとうれしい気持ちでいっぱいです。

Q2. デビューから2作連続でヒットとなり、TVや映画、CM出演など多方面で大活躍の1年でした。今年を振り返ってみて、思い出に残った出来事やエピソードがあればお聞かせください。また、CDデビュー後と前のメンバー内の変化もありましたら教えてください。
岸優太:やはり何よりもデビューできたことです!6人で一生支え合って生きていくと腹をくくった年でした!
神宮寺勇太:たくさんのお仕事をさせていただいて、すべてが思い出です。ひとつ挙げるとしたらコンサートをできたことです。ファンの方たちとコミュニケーションが取れる場所だと思うのでこれからも大事にしていきたいです。メンバーとはたくさんの仕事を一緒にしていくなかで絆が深まりました。
永瀬廉:初めてコンサートツアーをさせてもらったことやほかにもグループや個人のお仕事をたくさんやらせていただきましたが、何より紅白に出させていただけることです。
平野紫耀:2018年は本当に目まぐるしくいろいろなお仕事をさせていただいて新しい経験をすることが多くてとても勉強になりました。メンバー内の変化はJr.時代に比べて皆何に対してもどん欲に積極的になってる気がします。
髙橋海人:コンサートツアーです。King & Princeとして地方のファンの方たちに会えてすごく幸せでした。またいろいろな地方にファンの方たちがいてくれたことに安心しました。これからももっとたくさんのファンの方たちに会う機会を増やしたいです。

Q3. 2018年、応援してくださったファンの皆さまに、メッセージをお願いいたします。
神宮寺勇太:皆さんいつも応援していただきありがとうございます!この賞は僕たちとファンの方たち、そしていつも支えてくれているスタッフの皆さんで獲った賞だと思います。これからも皆さんにいろいろな景色を見せていくよう頑張るので応援してください。
永瀬廉:たくさんの素晴らしい記録を作っていただき本当にありがとうございます!そしてたくさん皆さんに会えてうれしかったです。とても充実した1年でした。ありがとうございます!
平野紫耀:本当に今の僕たちがあるのはファンの皆様のおかげだと思いますし、皆さんがいなければこんなに素敵な賞をいただくことはできてないのでとても感謝しています。これからもずっと付いてきてくださるとうれしいです。
髙橋海人:一緒に頑張ってくれてありがとうございます! 皆さんのおかげでたくさん成長できた1年でした。ファンの方たちの支えで幸せなスタートを切れたのでこれから先の⻑い道のり、僕達6人と一緒にいてくれたらうれしいです。

Q4. 来年もさらなるご活躍が期待されます。2019年の抱負をお聞かせください。
岸優太:2019年は2018年にたくさん経験できたことを活かし、成長した姿を見せていきたいです。
神宮寺勇太:2019年は2018年に経験できなかった新しいことにどんどん積極的に挑戦していきたいです!
平野紫耀:感謝を忘れずに何事にも精一杯頑張ります。

※オリコン調べ
(C)2018, oricon Inc. All


オリコンランキングはこちら
https://www.oricon.co.jp/rank/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人