映画『あの日のオルガン』、主演の戸田恵梨香&大原櫻子を平松恵美子監督が絶賛

■戸田恵梨香&大原櫻子出演、映画『あの日のオルガン』本ポスタービジュアル公開!

太平洋戦争末期、日本で初めて保育園を疎開させることに挑んだ保母たちの実話を描く、映画『あの日のオルガン』が、2019年、2月22日に公開となる。本作は、親元から遠く離れた荒れ寺へ、53人の園児たちと疎開生活をスタートさせ、幾多の困難を乗り越え、託されたいのちを守りぬこうとするヒロインたちの奮闘を描いた真実の物語だ。

主役の保母たちのリーダーで責任感の強い板倉楓役には、戸田恵梨香。そしてもうひとりの主役であり、天真爛漫で音楽好きの保母、野々宮光枝役には、大原櫻子。ダブル主演の戸田と大原は本作が初共演となる。

戸田、大原に加え、保母役を演じるのは、佐久間由衣、三浦透子、堀田真由、福地桃子、白石糸、奥村佳恵といった、全員がこれからの活躍が期待される女優たち。また、林家正蔵、夏川結衣、田中直樹、橋爪功ら日本を代表する俳優たちが脇を固める。

メガホンをとるのは『ひまわりと子犬の7日間』の監督であり、長年、山田洋次監督との共同脚本、助監督を務めてきた平松恵美子。さらに、日本アカデミー賞での受賞経験を多数持つ日本映画界を代表する豪華スタッフが本作を支える。

そしてこのたび、本作の本ポスタービジュアルが完成した。

青空が広がる中、園児たちと共に保母や村の人らが、オルガンを運びながら楽しそうに皆で仲良く野道を歩く。そんな戦争とは程遠い平和な一場面が切り取られている本ビジュアル。「53人の子どもの笑顔を守る。それが、わたしたちの使命だった。」というキャッチコピーから、多くの困難が待ち受けていようとも、必ずや使命を果たそうと奮闘した保母たちの力強い意志が時代を経ても感じられると共に、そんな保母たちの行く先に訪れるであろう未来を描いているかのような、希望が感じられる仕上がりとなっている。

また、遠くを見つめる眼差しに、戦時下で先の見えない未来への不安を滲ませながらも、その瞳の奥には一本の太い芯を持ち合わせているかのような意志の強さを感じさせる表情の楓と、戦時下であることを感じさせない晴れやかな笑顔をみせる光枝の姿が印象的。30歳を迎え、女優としての評価がさらに高まり続けている戸田と、歌手としてだけでなく、本作において女優として改めて開花したといっても過言ではない大原の演技にも期待が高まる。

平松監督は戸田について「役への掘り下げ方が深くて驚きました。私は普段そんなに自己アピールしないのですが、お会いして話すうちにぜひ一緒に仕事をしたいと思い、作品を含めてものすごく自己アピールをしてしまいました」、大原については「彼女の真っ直ぐな魅力を、戦争中の物語でどれだけ膨らませられるのか未知数でしたが、笑顔も泣き顔も含めてこんなにハマるとは思っていないくらいのハマリようで素晴らしかったです」と振り返っている。

誰もが自分のことで精いっぱいだった時代、彼女たちを突き動かしたものとは一体何だったのか? 知られざるヒロインたちの感動の実話に注目だ。


映画情報

『あの日のオルガン』
2019年2月22日(金)新宿ピカデリーほか全国公開
出演:戸田恵梨香、大原櫻子、佐久間由衣、三浦透子、堀田真由、福地桃子、白石糸、奥村佳恵、林家正蔵、夏川結衣、田中直樹、橋爪功
監督・脚本:平松恵美子
原作:久保つぎこ『あの日のオルガン 疎開保育園物語』(朝日新聞出版)
主題歌:アン・サリー「満月の夕(2018ver.)」
配給:マンシーズエンターテインメント
文部科学省特別選定作品(一般劇映画)
(C)2018「あの日のオルガン」製作委員会


映画『あの日のオルガン』作品サイト
http://www.anohi-organ.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人