EXILE SHOKICHI、初写真集『BYAKUYA』発売!「自分史上、最高のセクシーを表現できたと思う」

■「(自分でもっともセクシーだと思う写真は)CALVIN KLEINのパンイチ。写真集を作ることになったときから、このポーズはやろうと決めていた」(EXILE SHOKICHI)

EXILE SHOKICHI(EXILE / EXILE THE SECOND)の初となる写真集『BYAKUYA』(blueprint)の発売記念イベントが、本日12月15日に東京・中目黒のEXILE TRIBE STATION TOKYOにて開催された。

『BYAKUYA』は、EXILE SHOKICHIが“究極のセクシー”と“沈まない夜=白夜”をテーマに、“Music”“Life”“Sexy”という3つのシチュエーションで撮り下ろした写真集。SHOKICHIが普段レコーディングを行っているスタジオや、都内高級ホテルのロイヤルスイートルームなどで撮影された。

Calvin KleinをはじめとしたSHOKICHI愛用のラグジュアリーブランドを身につけた姿や、その鍛え上げれた肉体美を惜しげもなく披露したヌードも収録され、アーティスト・SHOKICHIが持つ成熟した色気が存分に表現された作品に仕上がっている。 初回限定版には、写真集の世界観とリンクした新曲「白夜」のミュージックカードも封入される。

集まった記者から初めて写真集をリリースした感想を問われると、SHOKICHIは「音楽以外で作品をリリースするのは想像もしていなかったので、自分でも驚いている。でも、ファンの方に喜んでいただけたので、うれしかった。やって良かった」と喜びを露わにし、その仕上がりについて「自分史上、最高のセクシーを表現できたと思う。体もバッチリ」と自信をのぞかせた。

写真集のテーマにちなみ、自分でもっともセクシーだと思う写真を聞かれると、「CALVIN KLEINのパンイチ。写真集を作ることになったときから、このポーズはやろうと決めていた」と回答。

見事な筋肉に記者たちが驚きの声をあげると、「肩を大きくできるように頑張った。写真集のお話をいただいてからすぐに身体作りを始めて、3ヵ月くらいかけて絞った」「筋肉量を増やして、体脂肪をめちゃくちゃ少なくした。初めて体脂肪率6パーセントまでいった」と、写真集に向けてトレーニングに力を注いだことも明かした。さらに「まだまだいけると思う。進化を諦めてはいけない。男性にも、筋トレのモチベーションアップのために見ていただけるとうれしい」と続けた。

今回写真集に向けてトレーニングをしたことで、さらに高い目標ができたというSHOKICHIは「最初で最後のつもりで撮影を行ったので、第2弾の写真集は想像ができないけれど、さらに進化した自分を見せていきたいと思う」と、力強く宣言した。

EXILEとして、年末の『第69回NHK紅白歌合戦』への出演が決まっていることについて聞かれると、「EXILEが復活してから第1弾の紅白なので、メンバーはみんなめちゃくちゃ気合いが入っている」と伝え、「今年はEXILE THE SECONDのツアーが終わって、EXILEとしてもソロとしてもリスタートすることができた。特別な1年を過ごさせていただいて、ファンの方々には改めて感謝したい」と、充実した日々を送った2018年を振り返った。

さらに、平成が終わることについて、「平成には人生のすべてが詰まっていた。中2で音楽に出会って、その後、上京してEXILEに入って、いろんな出会いがあって。濃い人生を送らせてもらっている」とコメントした。

記者会見の後は、抽選に選ばれたファンクラブ会員1,000人を対象に、写真集『BYAKUYA』のお渡し会を行ったSHOKICHI。ファン一人ひとりと握手を交わし、「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えた。2

2019年には、さらに大きなプロジェクトも控えているとのことで、ますます勢力的な活動が期待できそうだ。


書籍情報

EXILE SHOKICHI『BYAKUYA』
定価:本体 2,800円+税
発売:2018年12月15日
発行:株式会社blueprint
仕様:A4変形 / 112ページ / 新曲「白夜」ミュージック・カード付き


リリース情報

2018.10.03 ON SALE
EXILE SHOKICHI
SINGLE「Futen Boyz」


EXILE SHOKICHI OFFICIAL WEBSITE
https://exile-shokichi.jp/

EXILE THE SECOND OFFICIAL WEBSITE
https://t-second.jp/

EXILE OFFICIAL WEBSITE
https://exile.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人