テレビに映って大丈夫?Mステ今年No.1とも言えるこのパフォーマンスが素晴らしすぎた!

知らない人はいないであろう音楽番組『ミュージックステーション』を、音楽ブロガー・レジーが定点観測する連載コラム「月刊 レジーのMステ定点観測」。

11月のMステは2日、9日、23日、30日の全4回の放送。コラボでのパフォーマンスにフォーカスした9日、複数のアーティストが自身の曲と合わせてカバーを披露した30日など、放送が1回しかなかった10月とは打って変わって盛りだくさんでした。

前後編でお届けする今回、まずは今年ナンバーワンかもしれない強烈なパフォーマンスを披露したこの方々の話題からどうぞ。

 

椎名林檎と宮本浩次:才能がぶつかり合ったステージ、これこそがMステの果たすべき役割

11月のMステで大活躍だったのがエレファントカシマシの宮本浩次。30日には東京スカパラダイスオーケストラの面々とお揃いのスーツで登場してコラボ曲「明日以外すべて燃やせ」を披露しましたが、それより何よりインパクトがあったのが11月9日における椎名林檎とのコラボ。“椎名林檎と宮本浩次”名義で発表された「獣ゆく細道」を歌ったのですが……これが本当にすごかった!

歌唱前には椎名林檎の「(宮本の歌は)楽器としてすごいので、残さないといけないと思った」などというコラボに関する裏話がありつつ、例によって宮本のとんちんかんな受け答えによって和やかな笑いに包まれていたスタジオでしたが、ふたりのパフォーマンスが始まるとその空気は一変。

歌い出し一発で曲の緊張感を表現した宮本は、歌だけでなくカメラを威嚇するような鋭い目線や大きな動きで見ている人たちを圧倒。一方の椎名林檎は極力持ち場を動かず、自身のパートを淡々と、それでいて色っぽく歌い上げました。

派手なアクションにもかかわらず高音がぶれない宮本のボーカルもさすがで、(めちゃくちゃに歌っているように思えるのに)ふたりのハモりもばっちりです。

作詞作曲は椎名林檎によるものですが、ビッグバンド調のアレンジに歌謡性の高い物憂げなメロディを乗せるという彼女の十八番ともいうべき手法はどんどん洗練されていっているように思います。

ロックバンドのボーカルとして名を馳せている宮本も、この曲を歌っているさまはまさに“歌い手”という感じ。メロディを歌心豊かに解釈する宮本の魅力が、楽曲によって存分に引き出されているように思います。

さらにすごかったのは曲の最後。転調後のサビを歌い上げてテンションの上がった宮本は、この日共演していたELEVENPLAYの4人とともに謎のダンスを披露。“ダンス”というよりはもっと野性的な、文字通り“獣が野に解き放たれた”という感じの動きは間違いなく彼にしかできないであろうもので、「これ、テレビに映しちゃっていいのかな?」と思ってしまうような妖しい魅力に満ち溢れていました。

曲を通してクールな表情を崩さなかった椎名林檎も最後には思わず笑ってしまっていましたが、「人は理解不能なほどすごいものを見ると笑ってしまうんだな」ということを改めて感じました。

楽曲に寄り添った演出でその時代の最新曲をアーティストが生で披露し、そこから強烈な感動が生まれる。これこそ“国民的音楽番組”であるMステがやるべきことではないでしょうか。

ピアノを弾く笹路正徳などオールスター編成を従えてふたりの稀代のボーカリストがその魅力を存分に発揮したこの日のステージは、2018年の音楽番組のなかでのハイライトのひとつと言っても過言ではないでしょう。

ちなみに、この「獣ゆく細道」は紅白歌合戦での歌唱もすでに決まっています。先日さいたまスーパーアリーナで行われた椎名林檎のライブでも暴れまわる宮本とクールな椎名林檎のコントラストが印象的だったこのステージ、大みそかのNHKホールでどんな大爆発を巻き起こすのか今から楽しみです。

[後編]では、転機を迎えたアイドルグループの現在地についての話題からお届けします。12月14日(金)の配信をお待ちください!

TEXT BY レジー(音楽ブロガー/ライター)

 

【2018年11月2日放送分 出演アーティスト】
DA PUMP「U.S.A.」
Kis-My-Ft2「君、僕。」
平井 堅「half of me」
藍井エイル「アイリス」
GENERATIONS from EXILE TRIBE「少年」
DA PUMP「if… 」
平井 堅「楽園」
高嶋ちさ子「Live And Let Die(007 死ぬのは奴らだ)」
NMB48「僕だって泣いちゃうよ」「365日の紙飛行機」

【2018年11月9日放送分 出演アーティスト】
乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」
桐谷健太「お家をつくろう」
関ジャニ∞「ここに」
KICK THE CAN CREW feat. 岡村靖幸「住所」
あいみょん「今夜このまま」
椎名林檎と宮本浩次「獣ゆく細道」

【2018年11月23日放送分 出演アーティスト】
Hey! Say! JUMP「BANGER NIGHT」
西野カナ「Bedtime Story」
JUJU「My Favorite Things」
SEKAI NO OWARI「イルミネーション」
ゆず「マボロシ」
THE YELLOW MONKEY「天道虫」

【2018年11月30日放送分 出演アーティスト】
Sexy Zone「すっぴんKISS」「カラクリだらけのテンダネス」
AKB48「NO WAY MAN」
絢香「あいことば」
Official髭男dism「Stand By You」
コブクロ「晴々」
DAIGO「もっと強く抱きしめたなら」
絢香「糸」
コブクロ「サイレントマジョリティー」
東京スカパラダイスオーケストラ feat.宮本浩次「明日以外すべて燃やせ」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人