『田中圭24時間テレビ』第二弾キャストに、実力派バイプレイヤーが集結!「個性強っ!」(田中圭)

2018.12.11

■「好きにやってください!!」(田中圭)

俳優の田中圭が24時間生出演するAbemaTVの特別番組『田中圭24時間テレビ』の第二弾キャストが決定した。

『田中圭24時間テレビ』は、「AbemaTV」史上初となる田中圭が本人役として出演し、24時間の生放送の間に様々なゲストを迎えて、1本のドラマをつくりあげていく「24時間耐久ドラマ製作」プログラム。

ドラマのタイトルは『くちびるWANTED』。「田中圭とキスした女性には1億円」という情報がネットでまたたく間に拡散され、俳優・田中圭の唇は様々な女性からいろいろな形で狙われることになる。果たして、田中は無事に唇を守り通すことができるのか?

このたび出演が発表されたのは、実力派名バイプレイヤーな飯尾和樹(ずん)、池田鉄洋、伊藤修子、尾上寛之、小手伸也、篠原篤、野間口徹、橋本マナミ、六角精児の9名。先日12月5日に第一弾キャストとして発表された、今田耕司、川栄李奈、山田裕貴、吉田鋼太郎、吉田羊の5人のキャストを含めると合計14名が明らかにされたが、明日12月12日にも、さらなる追加キャストの公開が予定されているという。

田中圭と共に24時間でドラマを作り上げるキャストは総勢何名なのか? またそれぞれのキャストたちが「何役」で「どのシーン」に登場するのかは、田中圭本人は当日そのシーンで出会うまで知らされない。どんな役どころになるのか、第一弾発表キャストと合わせて想像しながら番組を楽しもう。

今回の番組の企画・演出を手掛けるのは、『芸人交換日記』『僕だってヒーローになりたかった』など、過去に田中圭主演の舞台を一緒に作り上げてきた、バラエティの構成だけでなく映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ。また、『踊る大捜査線』シリーズや映画『亜人』で知られる本広克行、さらに映画『カメラを止めるな!』で監督を務めた上田慎一郎も共に監督を務める。

さらにドラマ部分では、鈴木おさむと漫画家の東村アキコが共同脚本を担当。もしかすると、今後二度とこの布陣での番組は観ることができないかもしれない、というレベルの豪華メンバーだ。

普段はみることができない田中圭の姿、テレビ界初の冒険企画に注目だ!

田中圭 コメント
個性強っ! というか、キャラクターの宝石箱や! と思わずにはいられない皆様で胸踊っております。
飯尾さんは、何を言っているのか聞き取れないので若干の不安はありますが、めちゃくちゃ面白いし良い人で大好きです。
池鉄さん! ご結婚されてからお芝居をするのが初めてですし、安心というか、あの池鉄ワールドに久々どっぷり浸かれそうで楽しみです。
修子さん! ありがとうございます。笑い方が独特すぎて強烈な印象があると思いますが、修子さんはシャイで真面目な方。そこを皆さんに知ってもらえればいいなと。
尾上っち! めちゃくちゃ久しぶりです! 昔はよく共演させていただいていたので、久々にワクワクしています。
小手さん。『コンフィデンスマンJP』でのキャラがおかしすぎて大好きでした。ご一緒できることがうれしいです。ありがとうございます。
篠原さんも始めましてなので、どんな方なのかドキドキします。お手柔らかにお願いしたい所存であります。
野間口さんも、以前、一度少しご一緒しただけですし、ただ僕の中では職人さんのイメージ。光栄です。
橋本さんも始めましてですが、僕の友達が大ファンで、勝手に始めましてではない気でいるので、失礼のないように努めます。
六角さん、きたかー。お久しぶりです。六角さんも独特の感性の方でとっても好きです。お芝居するのが楽しみです。
今回発表の皆様は、なんかやっぱり強いですよね。改めて。自分とはもちろんですが、皆様がどんな化学反応を起こすのか、最前列で観れることが楽しみです。
本当に、お手柔らかにお願いしますが、好きにやってください!!
ご参加、心からありがとうございます!! 当日お待ちしております!!


番組情報

『田中圭24時間テレビ』
企画・演出:鈴木おさむ
監督:本広克行、上田慎一郎
共同脚本(ドラマ部分):鈴木おさむ、東村アキコ
製作著作:AbemaTV
キャスト:田中圭
第一弾発表キャスト:今田耕司・川栄李奈・山田裕貴・吉田鋼太郎・吉田羊
第二弾発表キャスト:飯尾和樹(ずん)・池田鉄洋・伊藤修子・尾上寛之・小手伸也・ 篠原篤・野間口徹・橋本マナミ・六角精児(50音順)


番組URL
https://abema.tv/channels/special-plus/slots/CxN6mk1EjYjVTm


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人