映画『春待つ僕ら』土屋太鳳×北村匠海×小関裕太が、“最強”女子バスケ部とフリースロー対決!

■バスケ経験者の土屋太鳳&北村匠海と、バスケ未経験ながらめきめきと実力をつけた小関裕太。3対3のフリースロー対決は、まさかの結果に!

土屋太鳳×北村匠海×小関裕太というフレッシュなキャストが集結し、青春映画の傑作『ROOKIES-卒業-』の監督と、日本中が泣いた『君の膵臓をたべたい』のプロデューサーが強力タッグを組んだ『春待つ僕ら』が12月14日に公開となる。

そして、12月10日、本作に出演する土屋太鳳、北村匠海、小関裕太が、東京都予選を勝ち抜きウィンターカップ出場を決めた八雲学園・女子バスケ部を激励訪問した。

3人が演じるのは、脱ぼっちを目指して高校に入学したものの、なかなかクラスに馴染めない主人公の春野美月(土屋太鳳)、校内人気のバスケ部で美月を気にかけている、無口で天然な浅倉永久(北村匠海)、アメリカ帰りで高校バスケ界の期待の選手に成長していた美月の小学校時代の幼なじみの神山亜哉(小関裕太)。

劇中でも、永久の所属する清凌高校バスケ部、亜哉の所属する鳳城高校バスケ部が出場を目指す、インターハイ、国体と並ぶ<高校バスケの三大タイトル>ウィンターカップ。そんな大切な大会を2週間後に控え、選手たちが練習しているなか、突然3人が現れると体育館は歓声に包まれた。

3人は、練習に励む選手たちに、

「本当におめでとうございます。映画では、まさにウインターカップを戦っています。皆さんも、絆を大事に頑張ってください」(土屋)
「僕もバスケ部だったので、練習風景を見させていただいて、前向きに頑張ってほしいと思いました」(北村)
「僕も、撮影前に必至に練習しました。バスケはやればやるほど楽しいけど、難しさも出てくると思いますが、楽しんでください」(小関)

と選手たちに熱いエールを送ると共に、作品にちなんだ桜色のバスケットボールを贈った。

この八雲学園・女子バスケ部には、今年の夏にジャカルタ(インドネシア)で行われたアジア大会の3人制バスケットボール日本代表として出場し、銀メダルを獲得した奥山理々嘉選手も所属。土屋から来春の進路を聞かれると「卒業したら、実業団に入ることが決まっています」と、さらなる活躍に期待が高まる発表が飛び出した。

そこで北村から「実は僕たちも映画出演にあたり、バスケットを猛特訓したんです! せっかく3人制バスケットで、銀メダルを獲得された奥山選手もいらっしゃいますし、3対3のフリースロー対決をお願いしたいのですが、どうでしょうか?」と衝撃の提案が! 選手たちから興奮の声があがるなか、顧問からもOKのサインが出て、いよいよフリースロー対決に!

先行の八雲学園・女子バスケ部の小村選手が見事に1本目を決めると体育館はヒートアップ。プレッシャーをかけられた『春待つ僕ら』チームは、バスケ未経験から天才バスケ選手を演じた小関。八雲学園の選手からは、敵チームにも関わらず、自然と裕太コールが巻き起こるなか、撮影から時間が空いてしまったせいか、なんと失敗……。続いて、吉田選手が華麗にシュートを決めると、順番は、この試合を提案した北村。「ちょっとビビってます」と練習を目の当たりにして、プレッシャーを感じ、まさかの失敗。

そして、最終対決は、奥山選手vs土屋。先行の奥山選手は、見事シュートを決め、2本外してしまった『春待つ僕ら』チームは、土屋が決めれば3ポイントというハンデをもらって、土屋がついにコートへ! 劇中でのバスケシーンはないが、中学3年間バスケ部に所属していたという土屋も「ボールに触るのは久しぶり」という言葉どおり、ブランクは大きくシュートを外してしまった。

負けてしまった『春待つ僕ら』チームから、映画のキーアイテムになっている白いリストバンドを全員に贈呈。お返しに選手たちからは、「本作のヒットを願って、エールとウインターカップ優勝をプレゼントしたいと思います」と力強いエールが送られた。

【フリースロー対決結果】
1本目:[八雲学園]小村選手⇒〇 [春待つ僕ら]小関⇒×
2本目:[八雲学園]吉田選手⇒〇 [春待つ僕ら]北村⇒×
3本目:[八雲学園]奥山選手⇒〇 [春待つ僕ら]土屋⇒×

<土屋太鳳&北村匠海&小関裕太と八雲学園・女子バスケ部の皆さんのやりとり>
Q:映画の感想は?
選手A:逃げたくなることもあるけど、大事なものを持てば、嫌なことも吹き飛ぶと思ったので、これからも頑張ろうと思いました。
選手B:バスケを通して仲間の大切さを再確認できる素敵な作品でした。
選手C:試合のシーンは、すごいカッコ良かったです。

Q:(北村匠海から選手へ質問)
北村:この作品は、大事なものを見つけるというのがテーマですが、大事にしているものはありますか?
選手D「怒られたり、キツくて、心が折れそうにもなるけど、チームメイトがいたので、今日まで頑張ってこられたので、チームメイトが大事です」

Q:(小関裕太から奥山選手へ質問)
小関:僕も天才バスケプレーヤーという役ですが、奥山選手もスター選手ですね。プレッシャーを感じることはありますか?
奥山選手:プレッシャーと感じずに、プレッシャーを力に変えるようにしています。

Q:エールを受けての感想
土屋:うれしいです。初日まで頑張ろうと思いました。
北村:中学校のときにやっていたエールだったので、懐かしかったです。
小関:土曜日の舞台挨拶に笑顔で立てる元気をもらいました。


映画情報

『春待つ僕ら』
12月14日(金)全国ロードショー
監督:平川雄一朗
脚本:おかざきさとこ
原作:あなしん
出演:土屋太鳳 北村匠海 小関裕太 磯村勇斗 杉野遥亮 稲葉友 泉里香 佐生雪 緒川たまき
制作プロダクション:オフィスクレッシェンド
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)あなしん/講談社 (C)2018 映画『春待つ僕ら』製作委員会


リリース情報

2018.11.16 ON SALE
TAOTAK
DIGITAL SINGLE「Anniversary」


映画『春待つ僕ら』作品サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/harumatsumovie/

TAOTAK OFFICIAL WEBSITE
http://www.sonymusic.co.jp/artist/TAOTAK/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人