『君の名は。』の外伝的ストーリーが、上白石萌音&大原さやかの朗読で待望のオーディオブック化

■「映画『君の名は。』で三葉を演じたときには気付かなかった彼女のあらたな一面を知ることができました」(上白石萌音)

『君の名は。』の外伝的ストーリー『君の名は。Another Side:Earthbound』が、映画オリジナルキャストの上白石萌音、大原さやかによる朗読で、オーディオブック化。12月6日より配信がスタートすることが発表された。

■オーディオブック版『君の名は。Another Side:Earthbound』について
『君の名は。』のサブキャラクターたちの視点で描くスニーカー文庫による外伝的ストーリーをオーディオブック化。全4話で構成された『君の名は。Another Side:Earthbound』は、映画では描かれなかったエピソードを紡ぎあげた、新海誠監督公認のオリジナルストーリー。

本書はそれぞれのキャラクターから見たヒロイン・宮水三葉を描いた物語でもあり 、オーディオブック化にあたっては、映画で三葉を演じた上白石萌音が第一話から第三話までの朗読を担当。また、 父親・トシキの過去を描いた第四話では、母親・宮水二葉役の大原さやかを起用し、より深く作品の世界観に入り込めるように制作された。

オーディオブック版『君の名は。Another Side:Earthbound』の配信開始を記念して、上白石萌音が、演じたキャラクターたちや、オーディオブックへの意気込みについて語った「独占インタビュー映像」をAmazon内の特設ページにて公開中。映像には収録風景や本作品を体感できる特別サンプル音声(約8分)も収録されている。

本作の配信開始により、『新海誠作品オーディオブック プロジェクト』全4作品が勢ぞろい。 全作品の配信を記念して、ニコニコ生放送にて本プロジェクトの特別番組の配信も決定、詳細はダ・ヴィンチニュースにて近日発表される。

■『新海誠作品オーディオブック プロジェクト』作品リスト
『小説 君の名は。』(8月28日より配信中)
『小説 秒速5センチメートル』(10月5日より配信中)
『小説 言の葉の庭』(11月6日より配信中)
『君の名は。Another Side:Earthbound』(12月6日配信開始)

(C)2016「君の名は。」製作委員会

上白石萌音 コメント
この小説には、遊び心がふんだんに詰め込まれていて、思わず「ふふっ」と笑ってしまう部分がたくさんあります。そのため、私もその遊び心を受け止め、自分なりに声に込めて、楽しく読ませていただきました。
今回、映画『君の名は。』で三葉を演じたときには気付かなかった、彼女のあらたな一面を知ることができました。それは三葉の弱い部分が見えたり、妹に怒られる姉としての一面があったり、今まで見えていなかった彼女の人間味に触れることが できたからです。
三葉に限らず、妹の四葉や同級生のテッシーなど各キャラクターが心の内側で考えている思いや言葉の一つひとつを知ることができ、それが胸にじんわりと響きました。
三葉を取り囲む人たちの愛情で溢れた心温まる物語を、心を込めて読みました。小説を音声で聴いてみたい方、小説を普段文字で読むことができない方など、いろんな方々にこの作品が届くといいなと思います。


Amazon内「新海誠作品オーディオブック プロジェクト」特設ページ
http://www.amazon.co.jp/kiminona

ダ・ヴィンチニュース
https://ddnavi.com


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人