BEGINが歌う、映画『ぼくいこ』主題歌に安田顕&松下奈緒が参加! “パラデル漫画”で構成したMVも解禁

■「このレコーディングを終えて、これで映画の撮影が終わったという気がしました」(安田顕)「みんなで合奏したような感じでとても楽しかったです」(松下奈緒)

12月12日に3年ぶりとなるニューアルバム『Potluck Songs』をリリースするBEGIN。

アルバムに収録されている、映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』主題歌「君の歌はワルツ」のレコーディングに、同作キャストの安田顕、松下奈緒、メガホンを取った大森立嗣監督が参加、さらにその現場を収録した映像を使用したミュージックビデオが本日公開となった。

レコーディングでは、安田顕がコーラスとトライアングルで、松下奈緒はコーラスとピアノで参加。大森立嗣監督はパーカッションとコーラスを担当した。

ミュージックビデオは、各メディアで取り上げられ話題となっている、お笑い芸人の本多修(魂の巾着)が手がけた、パラパラ漫画の絵や写真が飛び出す、2次元と3次元が交錯する“パラデル漫画”を採用。パラデル漫画とレコーディング風景を融合させた映像となっている。

なお、BEGINは、2019年1月14日より、兵庫・神戸国際会館こくさいホールを皮切りに全国でコンサートツアーがスタートする。

■比嘉栄昇(BEGIN)コメント
今回のレコーディングで、おふたりと監督やスタッフの方々と一緒に録音できたことで、みんなの想いが集まったいちばん良いところが形になったと思います。映画を観てもらった方も一緒に歌ってもらえたらうれしいですね。

■安田顕 コメント
今回のこのレコーディングを終えて、これで映画の撮影が終わったという気がしましたね。締まったという感じでした。

■松下奈緒 コメント
映画で頑張ってきた皆さんと一緒にレコーディングすることはなかなかないんですけど、ライブ感があって、みんなで合奏したような感じでとても楽しかったです。


リリース情報

2018.12.12 ON SALE
ALBUM『Potluck Songs』


映画情報

『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』
2019年2月22日(金)全国順次ロードショー
出演:安田 顕 松下奈緒 村上 淳 石橋蓮司 倍賞美津子
監督・脚本:大森立嗣
原作:宮川サトシ「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」 (新潮社刊)
音楽:大友良英
主題歌:BEGIN「君の歌はワルツ」(テイチクエンタテインメント/インペリアルレコード)
配給:アスミック・エース
(C)宮川サトシ/新潮社 (C)2019「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」製作委員会


「君の歌はワルツ」MV
https://youtu.be/7CBoY-3uZIs

『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』作品サイト
http://bokuiko-movie.asmik-ace.co.jp/

BEGIN OFFICIAL WEBSITE
https://www.begin1990.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人