さくらしめじ、リリイベ最終日に全力パフォーマンス!「僕たちは、ずっと先のステージに走っていきます」

■さくらしめじが、たったひとりのファンのためにマイクもギターアンプも通さず弾き語る『あなたのために歌います』企画も!

田中雅功と高田彪我とによる高校生フォークデュオ、さくらしめじが、11月28日に発売した1st EP『うたはつづくよどこまでも』のリリース記念イベントを、12月2日、東京・タワーレコード渋谷店屋上 スカイガーデンで開催した。
※「高田彪我」の「高」は、はしごだかが正式表記。

本イベントは、リリースイベント期間の最終日。会場いっぱいに、きのこりあん(さくらしめじのファン)が詰めかけ、楽しくあたたかい空間が作り上げられた。

大勢のきのこりあんが待つ屋上の会場に、ギターを手にした田中と高田が登場すると、大きな拍手が沸き起こる。ふたりは、野外の寒さを吹き飛ばすように「My Sunshine」からライブをスタート。前向きなメッセージの詰まった歌詞を、突き抜けるようなメロディで力強いボーカルで歌っていく。続けて、コレサワが楽曲提供した「届けそこねたラブソング」を披露。観客のハンドクラップに合わせて、田中と高田は爽やかなポップチューンを笑顔たっぷりに観客に届けた。

MCコーナーでは、ファンに生の歌をプレゼントする『あなたのために歌います』というスペシャル企画を実施。当選したひとりの観客が、用意された5曲の中から「おもいでくれよん」をリクエスト。ステージ上でそのファンに向けて、ふたりはマイクもギターアンプも通さず弾き語り。さくらしめじらしい、あたたかい歌のプレゼントが贈られた。

ライブに戻ると、AAAのカバー「恋音と雨空」を披露。切なくもあたたかいメロディを、ふたりは伸びやかなハーモニーで会場に響かせる。さらに会場のテンションをあげるように、さくらしめじ流ダンスチューン「てぃーけーじー」をドロップ。ギターを置いてハンドマイクになった高田は、ダンスを織り交ぜノリノリでパフォーマンス。ふたりは観客とともに、てぃーけーじーポーズを作り楽しさ全開。そして、田中の「最後、みんなで盛りあがっていきましょう!」の声から勢いたっぷりに「スタートダッシュ」を歌唱。ふたりは目を見つめあってギターをかき鳴らし、抜群の歌のコンビネーションを聴かせる。ファンはハンドクラップで盛りあがり、熱い一体感が作り上げられた。

すべての曲を歌い終えたあと、ふたりはイベントの感想をコメント。高田は、「今日は、こんなにたくさんの方とライブできるんだと思ってすごくワクワクして、曲が始まってハイテンションになっちゃいました。さくらしめじにとって、思い出に残る1日だったと思います。この楽しさを12月15日に行う中野サンプラザ公演、その先の先の夢の舞台に持っていけるように頑張っていきます!」と興奮気味に語った。

田中は、「今日は、ほんとにすごく楽しめました。それも皆さんのおかげです。素敵な笑顔で迎えてくれて盛りあがってくれて、それが相乗効果になるライブができたと思います。今日でリリースイベントは終了ですが、僕たちは、ずっと先のステージに走っていきます。中野サンプラザだけじゃなく、来年もツアーが決まっています。僕たちは歌い続けていくので、もっと多くの人と楽しい気持ちを共有していきたいと思います!」と、熱い気持ちをコメント。

そして、ふたりで生声で「ありがとうございました!!」と声をあげてイベントは終了となった。

12月15日に中野サンプラザで行われるワンマンライブ『さくらしめじのHappy X’mash LIVE 2018 in 中野サンプラザ』に向けてますますパワーたっぷり。勢いを増すさくらしめじを体感できるステージとなった。

TEXT BY 土屋恵介
PHOTO BY 大庭 元

<セットリスト>
M-1  My Sunshine
M-2  届けそこねたラブソング
M-3  恋音と雨空
M-4  てぃーけーじー
M-5  スタートダッシュ


リリース情報

2018.11.28 ON SALE
EP「うたはつづくよどこまでも」


ライブ情報

さくらしめじのHappy X’mash LIVE 2018 in 中野サンプラザ
12/15(土)東京・中野サンプラザ

リリース記念ライブツアー『うたはつづくよどこまでも』
12/23(日)福岡・DRUM LOGOS
2019年
01/06(日)大阪・バナナホール
01/20(日)広島・広島クラブクアトロ


リリース記念ツアー『うたはつづくよどこまでも』詳細はこちら
http://sakurashimeji.com/utahatsudukuyotour2018/

さくらしめじ OFFICIAL WEBSITE
http://sakurashimeji.com


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人