End of the World(SEKAI NO OWARI)がマーベルコミック化!「めちゃくちゃ自慢したいです!」(DJ LOVE)

■「End of the World(SEKAI NO OWARI)が創造する“ストーリーテリング”な世界観は、マーベルとぴったりだと思いました」(マーベル・コミックス編集長 C.B.セブルスキー)

12月1日、千葉・幕張メッセで開催中の『東京コミックコンベンション2018』(11月30日~12月2日)で行われたマーベル・コミックス編集長 C.B.セブルスキーのトークセッションにEnd of the World(SEKAI NO OWARI)のDJ LOVEがサプライズゲストとして登場した。

トークセッションでは、マーベル・コミックス編集長の仕事や役割に少しでも触れてもらえるよう「ある日のC.B.」と題して、一日のタイムスケジュールを紹介したり、普段は一般公開されていないNY本社内部の写真とともに“バーチャルオフィスツアー”を実施。

さらに、マーベルとEnd of the World(SEKAI NO OWARI)が、2年前よりゼロから作り上げたマーベルのカスタムコミック『End of the World』の実物や特別トレーラー映像が初公開された。

カスタムコミック『End of the World』は、End of the World(SEKAI NO OWARI)のバンドメンバー4人をベースにしたオリジナル作品で、セブルスキー編集長とメンバー4人がゼロから制作に関わり、数回にわたるブレスト会議などを重ね、約2年の制作期間を経て完成させた。

ロックバンドとのマーベルによるカスタムコミックは、KISS、THE FLAMING LIPSに続いて、本作品が3作目、アジアでは初めてとなる。さらに、この作品をもとにミュージックビデオが制作され、その過程を追ったドキュメンタリー番組『Re:IMAGINE』のトレーラー映像が初めて公開された。

トークセッション中盤に登場したDJ LOVEは、今回のスペシャルプロジェクトについて紹介。もともとマーベルのファンであったDJ LOVEは、今回のプロジェクトについて、終始感激した様子でトークを展開し、完成したカスタムコミックを初めて見たときの感想として、「こんなふうになるんだ! と、とても感動しました」と語った。

また、セブルスキー編集長は「End of the World(SEKAI NO OWARI)が創造する“ストーリーテリング”な世界観は、マーベルとぴったりだと思いました」と述べ、このスペシャルプロジェクトにかけた想いを語った。

制作中に、セブルスキー編集長からほかのマーベルヒーローとの共演も提案されたとのこと。DJ LOVEは「いや~勝てないでしょ(笑)と思ったけど、実際にコミックを見ると感動しました」と語り、会場を沸かせた。

最後にDJ LOVEは「本当に素晴らしい経験ができました。マーベル好きの友達にめちゃくちゃ自慢したいです!」とコメント。

セブルスキー編集長は「クリエイティビティ溢れる溢れるふたつの力が合わさって、特別なものを生み出しました。皆さんにはぜひこの作品を愛してほしいです」と語り、さらに「われわれをEnd of the World(SEKAI NO OWARI)の世界に入れていただいたことに感謝します。(DJ LOVEに向かって)そして、マーベルへようこそ!」と締めくくった。

(C) 2018 MARVEL


リリース情報

2018.10,11 ON SALE
SEKAI NO OWARI
DIGITAL SINGLE「イルミネーション」


『東京コミックコンベンション2018』
http://tokyocomiccon.jp/

マーベル OFFICIAL WEBSITE
https://marvel.disney.co.jp/

SEKAI NO OWARI OFFICIAL WEBSITE
https://sekainoowari.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人