劇団EXILE・町田啓太、『jam』撮影中に女性スタッフから非難轟々!?「イヤー!!キモーい!!」

■EXILE HIROからサプライズ発表も!“因果応報”エンターテイメントムービー『jam』初日舞台挨拶に青柳翔、町田啓太、鈴木伸之ら劇団EXILEメンバーが集合

劇団EXILEのメンバーが総出演する“因果応報”エンターテイメントムービー『jam』の初日舞台挨拶が本日12月1日、東京・新宿バルト9にて行われ、青柳翔、町田啓太、鈴木伸之ら劇団EXILEの9名全員とメガホンをとったSABU監督が登壇した。

場末の演歌歌手を演じた青柳は「監督が撮影中に『鈴木くん、よかったよ』『町田くんよかったんだよなぁ』とほかの現場のことをぼそっというんです。たきつけられてその気になる。そんなふうにテンション上げてもらいました」と撮影を回想。

一途すぎる男を演じた町田啓太は、そのさわやかな風貌から想像もつかないエピソードを披露。「拾ったブラジャーを振るシーンや(寝たきりの彼女に)ハンドクリームを塗るシーンも監督から『いやらしくおねがいします』と言われて。カットがかかったとたん現場の女性スタッフから『イヤー!!  キモーい!!』て言われて(笑)。ありがたかったですね」と告白し、会場を沸かせた。

ヤクザに復讐を仕掛ける男を演じた鈴木はセリフが一切なく、アクションに集中することになった。

「小野塚(勇人)、小澤(雄太)さん、秋山(真太郎)さんと一緒でしたね。……あ、(八木)将康さんもか」という鈴木の発言に、八木から「おい! いちばんからみが多かったのに!」とすさかずツッコミが入るなど、劇団EXILEメンバーの仲の良さをうかがわせるかけあいを見せていた。

どうやら鈴木がターゲットにしている劇団EXILEのいじられキャラは小澤のようで、「池に入って芝居をするところ、とても緊張してしまって4回もリテイクを出してしまった」という話から「衣装ベルサーチでしょう?」(鈴木)、「ペレペレだよ!」(小澤)、「今日髪型決まってますね」「●●●●(髪型にこだわりのある芸能人)風だよ!!」(小澤)、「テーマがあったみたいです(笑)」(鈴木)と生き生きといじりまくっていた。

また、突然MCからメッセージが届いたようです、と伝えられるとスクリーンに映し出されたのはエグゼクティブプロデューサーでもあるEXILE HIRO。場内からも驚きの声が上がる。

HIROからは劇団EXILEのあらたな表現の場として『jam2』の制作と「jamプロジェクト」の立ち上げが宣言された。

さっそく小澤は「監督!お歳暮は何がいいですか?」とごまをすり、「僕が『jam』で1シーンの登場だったのはこの伏線だったんですね!」と佐藤が続けると、SABU監督は「次も1シーンだったら面白いね」と切り返す。このやり取りを見た劇団EXILEメンバーは「やたらと売り込むのもあぶないぞ!」と戦々恐々としていた。

最後に青柳は「初日をメンバー全員と監督、そして観客の皆さんと迎えられて幸せです。HIROさんのサプライズもありましたが、jamプロジェクトをみんなで盛り上げていけるように、楽しみにしていてください」と呼びかけ、イベントを締めくくった。


映画情報

『jam』
2018年12月1日(土)より新宿バルト9ほか全国公開中
エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO
監督・脚本:SABU
出演:青柳翔、町田啓太、鈴木伸之、秋山真太郎、八木将康、小澤雄太、小野塚勇人、佐藤寛太、野替愁平、筒井真理子
配給:LDH PICTURES
宣伝:フリーストーン
(C)2018「jam」製作委員会


『jam』作品サイト
https://ldhpictures.co.jp/movie/jam/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人