スニーカー好きの松井玲奈と佐藤隆太が意気投合!「撮影中はスニーカーの話しかしてない」

■映画『輪違屋糸里 京女たちの幕末』完成披露試写会に溝端淳平、松井玲奈、佐藤隆太、塚本高史が登壇!「これまでみたことのない新選組がみられます」(溝端)

ベストセラー作家・浅田次郎の原作小説を実写化した映画『輪違屋糸里 京女たちの幕末』(12月15日全国公開)の完成披露試写会が11月30日、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で行われ、キャストの溝端淳平、松井玲奈、佐藤隆太、塚本高史、そして加島幹也監督が参加した。

新選組・土方歳三役の溝端は「土方はこれまでたくさんの名優の方が演じてこられた幕末のスター。台本を読むほかに、別作品や史実を調べて土方を埋め込む作業をしました。だから土方愛は強いままに演じました。女性目線で描いているので、これまでのイメージとは違う土方像になっている」と役作りを回想。

そんな溝端が演じた土方に対して新選組・芹澤鴨役の塚本が「ひと言だけ言わせてもらう、お前すげえ嫌な奴だったよ!」とツッコむと、平山五郎を慕う吉栄役の松井も「イヤな人だなぁと思ったシーンもある」と同調し、溝端を苦笑いさせていた。

一方、新選組・平山五郎役の佐藤は「平山には眼帯の剣豪というイメージがあるけれど、女性目線から新選組を描いているので、平山の持つ意外な一面を見てもらえるはず」とアピール。

また佐藤は松井から「すごく明るくて、今まで会った方のなかでもいちばん気さくで、ベスト・オブ・気さく。でもお芝居が始まると五郎さんとしてカッコいい。強くて頼りがいのある男性でした」と賞嘆されると「完成した作品を観ると、ふたりの気持ちの通わせ方が切なくて、玲奈ちゃんとご一緒できてよかったと思った」と返礼。

さらにお互いスニーカー好きゆえに「会うたびに『いいスニーカー履いているね』と盛り上がった」と佐藤が振り返ると、松井も「撮影中はスニーカーの話しかしてない」と思い出し笑いだった。

この日、登壇がかなわなかった糸里を演じた主演の藤野涼子について溝端は「ものすごく真面目な方。まだ10代の女性だけれど達観された女優さんのような顔をすることもあるし、少女みたいな顔をするときもある。女優として末恐ろしいと思うくらい才能がある方。すごく刺激的で勉強になった」と手放し絶賛。

松井も「糸ちゃんとのふたりのシーンは自分たちの女の子らしさを出して撮影していました」と2年前の撮影を懐かしそうに回想した。

そんななか、大の仲良しという塚本と佐藤は“幻のシーン”で大盛り上がり。塚本がお気に入りのシーンとして「平山五郎が眼帯を買いに行くシーン」と挙げると、すかさず佐藤は「そんなシーンないです! 買いに行くことは実際にあったことかもしれないけれど、本編では描いてないし、そんなのを入れたら尺の無駄!」とツッコミ。

そして佐藤の「芹澤鴨がお茶屋でホットにするからアイスにするかで悩むシーンがいい」とボケの逆襲に、塚本は「幕末にホットかアイスかは言わんだろう!」とツッコミ。このワチャワチャぶりに溝端は「このふたりは仲が良すぎて、ある意味“混ぜるな危険”です」と呆れていた。

その横で和気あいあいのキャストを微笑ましく見つめながら、時代劇ドラマのベテラン演出家の加島監督は「撮影はタイトなスケジュールで、佐藤隆太さんも『絶対撮り終わらない』と心配してくれたけれど、無事にクランクアップした際に『よく撮りきれましたね』と言われたのが印象的。そのくらいタイトでしたが、わずか2週間の撮影を乗り切れたのは、スタッフ・キャストのおかげ。日本映画の屋台骨を支えるプロの職人が参集してくれたおかげ」とシミジミ。

最後に溝端は「これまでみたことのない新選組がみられます。男に振り回されながらも耐えながら、懸命に美しく生きようという日本人女性の姿に勇気づけられるはず」と全国公開に向けて思いを込めた。


映画情報

『輪違屋糸里 京女たちの幕末』
12月15日(土)有楽町スバル座ほか全国順次公開
出演:
藤野涼子 溝端淳平
松井玲奈 佐藤隆太/新妻聖子/石濱朗(特別出演) 榎木孝明(特別出演)
田畑智子 塚本高史
原 作:浅田次郎『輪違屋糸里(上・下)』(文春文庫刊)
監督:加島幹也
脚本:金子成人、門間宜裕、加島幹也
配給:アークエンタテインメント
配給協力:エクセレントフィルムズ
(c)2018銀幕維新の会/「輪違屋糸里」製作委員会


『輪違屋糸里 京女たちの幕末』作品サイト
http://wachigaiya.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人